スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

大きな石

中学校の卒業式に来賓で出席。
教育委員長の挨拶になり、壇上に立ったかの人は
やおら演台の下に仕込んであった(たぶん)入れ物を取り出した。

「先日、知り合いの外国人から
メールでこんなお話を伺いました。
その話をここで再現して
皆さんへのお祝いの言葉にしたいと思います」
入れ物のなかには大きな石が詰め込んであった。
そう、Big Rock in Life の話である。



【人生の大きな石 】

時間管理の専門家が、あるグループに講演をしました。彼は四リットル
も入る大きな壷をテーブルに置きました。そしてこぶし大の石を十数個
取り出し、一個ずつ丁寧に壷に入れていきました。

石が壷の入り口のところまで来て、これ以上入らなくなったところで、
彼は尋ねました。「この壷はもういっぱいでしょうか?」
全員が「いっぱいです」と答えました。

次に彼はテーブルの下から、小石をたくさん入れたバケツを取り出しま
した。そして小石を何個か壷に入れて、揺すりました。すると、隙間が
詰まって石が壷の中に入りました。

そこで彼は、もう一度尋ねました。
「この壷はもういっぱいでしょうか?」
今度は、ちょっと首をかしげる人もいました。すると彼は「それでは」
といって、テーブルの下から今度は砂の入ったバケツを取り出し、砂を
壷の中に注ぎいれました。そしてもう一度、同じ質問をしました。
「この壷はもういっぱいでしょうか?」
みんな黙っています。

次に、彼は水差しを取り出し、壷がいっぱいになるまで水を注ぎました。
そして一同を眺め渡し、尋ねました。
「この実験の意味は何だと思いますか?」

頭のいい若者が答えました。「どんなにスケジュールがいっぱいでも、
良く考えれば、もっと仕事を入れることができるということです」
「違います」と講師は笑顔で答えました。

「こう答える方が多いのですが、私が言いたいのはそういうことではあ
りません。この実験から学べることは、大きな石を最初に入れないと、
それは永遠に入れられなくなるということです」

さて、あなたの人生の「大きな石」は何でしょう。家族との時間、将来
の夢、健康、それとも志でしょうか。
最初にそれを入れないと、それは永遠に入れられなくなるのです。


(参考:ザ・ビジョン/ダイヤモンド社)



ザ・ビジョン 進むべき道は見えているかザ・ビジョン 進むべき道は見えているか
(2004/01/08)
ケン・ブランチャード、ジェシー・ストーナー 他

商品詳細を見る



教育委員長は、実際にその場で小石、砂を入れながら話した。
卒業式でのこういうパフォーマンスはあまり見られない。
やるなあ、教育委員長^^

大きな石とは、最優先事項
小石は、それほど大事ではないが緊急事項
砂は細かい詰め事項
水は心の機微
と、私は思っている。
で私の大きな石は何かというと
「自分の意思」になる。
悔いなく生きたいね^^
13:32 | 伝えたいな | comments (11) | trackbacks (0) | page top↑
ありがとうの一夜 | top | この季節だしね

コメント

#
こんばんは。
小道具を使った講演は、皆の興味を引きますよね。
それだけで8割がた成功。
内容もなかなか興味深いですね。
私の一番大きな石はなにかな~?
後悔しない選択(なんじゃそりゃ)
かな?

by: かえる母 | 2008/03/19 18:43 | URL [編集] | page top↑
# ようこそ^^
悔いなく、ですよね。
難しい大きな石ですが
それが入らない器では
生きるのがとても苦しいような気がします。
by: sofia_ss | 2008/03/19 21:26 | URL [編集] | page top↑
# 考えさせられますね
大・中・小の石を何に例えるかが難しいところですね。
砂や水は確かに入るけれど、全てを詰めてしまったら
身動きが取れなくなりそうです。

いや、その前に僕はそんな大きな壺は持っていません。
せいぜい1?がいいところ。
そうなると大きな石は最初から除外、中も数が限られる
ところでしょう。

いやぁ、そう思うと優先順位が迷うなぁ....
by: たけ | 2008/03/21 01:52 | URL [編集] | page top↑
# 難しいですね~
でも最初から
大きな石を除外はちょっと^^
ひとつだけでも入れておきたいところです。
by: sofia_ss | 2008/03/21 21:30 | URL [編集] | page top↑
# 大きな石、考えさせられるね
ホント、なかなかやるね、教育委員長。
「大きな石」、私はなんだろう。笑って過ごせる家族との時間は大きな石なんだけど、信頼関係も大きいかな。家族の間でもそうだし、仕事の相手、友達、学校の先生…など、その関係を崩さないために必要なことや相手への思いやりは優先したいかも。
うちの夫に言わせると、「それはただのお人よし」らしく、「だから無理して仕事しすぎて体調崩したりするんだよ」と言われます(笑)。でも、それは私の意志なんだよね。やっぱり意志って大事だね!
by: atsumin | 2008/03/31 23:25 | URL [編集] | page top↑
# うんうん
人とのつながりも大事ですよね
情けは人のためならず、って言うけど
本当に回りまわって自分にかえってくるなあって思います。
相手を大事にする気持ちのありがたみを分かってくれる人には
多少無理してもただのお人よしでも、良いじゃん!とか思ってしまいます^^
私の母はよく
「人生、意気に感ず、だね」と言いながら誰かのために骨折りしてましたです。
by: sofia_ss | 2008/04/01 22:20 | URL [編集] | page top↑
# 石 = 意志
再見! このお話に、そして そふぃさんに。

器(頭囲)はでかくても歪んでる(絶壁渓谷)って私は、困ってしまいます。
意志ってやつは固い(変化変形しない)もんですからねえ。。
もっとも、外から入れるものではなく、より柔らかな意思が頭ん中で育まれ結実したもの・・・それが意志だと思えばOK牧場でしょうか(ふるいぞ)。

このお話の縁者は教育長ですね。
教育(教え+育つ)って姿勢に好感しました。
「教える(ために)育てる」 とか 「育てる(ように)教える」 だとか、【教える】ことが目的(主体)になると、育つ側は窮屈になりますもん。

大きな石は後からでは容れられない ≠ 大きな器になら大きな石が入るはず

大きな容積に先にあれこれ詰め込みすぎてはいけないのだと思いました。
・・・ええ曲解ですとも(自嘲)
by: bucmacoto | 2008/04/06 02:32 | URL [編集] | page top↑
# 器
そそ。大きな容積の器とはいえ、限りはあるもので
限りある器だからこそ
入れる順番を考える必要があるってことじゃないでしょうかね^^

優先事項≠ 緊急事項
ってことみたい。
でも小さな石をついつい詰めてしまう日常です。


by: sofia_ss | 2008/04/07 21:42 | URL [編集] | page top↑
# ほぉ~
講演に小道具って効果的だと思うけれど、ずいぶん重たい小道具を用意したもんですよね。それだけで感心してしまいました。
卒業式という門出の日に、子供たちもそれぞれが自分の大切なものを考える機会を与えられてよかったのでは。そして私も改めて考えちゃいましたよ。私の大きな石ってなんだろうなぁ・・・って。
by: あきまる | 2008/04/26 21:08 | URL [編集] | page top↑
# 用意周到
演台の下にしのばせておいて
終わったあと、また演台の下に収納してました^^
この教育委員長さん、控え室で私の隣の席だったのですが
とても気さくで、私にも気軽に話しかけてくださいましたよ。
頭の柔らかな人はどこででも出力がスムーズなんだなあ、、って思いました。
by: sofia_ss | 2008/04/29 15:39 | URL [編集] | page top↑
# 感謝の力と成功哲学
Ken Blanchard氏が次のような推薦の言葉をお寄せになった「サンキューパワー」というアメリカのベストセラーがあります。
“My mother used to say that the world would be a much better place if people would say thank you more often. Drawing on uplifting stories from all walks of life, Deborah Norville shows that an attitude of gratitude not only makes for a nicer world but also makes you a happier person."
Deborah Norvilleというのは著者のことで、アメリカでは有名なジャーナリストです。ジャーナリストとしてさまざまな人に出会うなかで、本当に成功している人、幸せに生きている人に共通する1つの真実=「感謝の習慣を持っている」に気づき、それを深く調べ、一冊の本にまとめあげました。

アメリカではベストセラーになり、韓国語版は発売されてから3ヶ月で10万部を超えるなど多くの人に読まれていますが、日本語版が12月上旬に弊社バベルプレスより出版する運びとなり、もしご興味があれば、と思い、コメントをさせていだだきました。特典つきの予約注文(好評につき第2弾)は、12月15日までです。詳細はHPでご確認ください。
http://www.thankyoupower.jp/
by: senda | 2008/12/05 17:25 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/592-a452573e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。