M になろう

スクールカウンセラーの方を招いて、茶話会を開きました。


今回の話題は、<子ども同士の 『対立』 と、その 『解消』 >

周囲の第三者による 「調停」 についてのお話でした。


子どもにとって、友達は 自分の一番の味方であり

一番のストレスの原因にもなっている、のだそうです。

子どもたちがいざこざを起こしたとき、たいていの大人は

その対立を 「排除」 しようとします。


・「あなたが悪いから、謝りなさい」 ←裁判官タイプ

・「ケンカはどっちも悪いから、両方謝りなさい」 ←けんか両成敗タイプ


外部圧力によって、表面上は仲直りしても

お互いの気持ちのうえで、溝が深まってしまうこともあるのが

この 「排除」 の考え方です。

子どもが成長していくうえで、衝突や対立は自然なもの

それを無理に排除するのではなく、「解消」 していこう、という考えかたが

メディエーション (調停)です。


対立している両者のなかに、メディエーター(中立的な調停者)が入り、話し合いを行います。

「あなたが悪いから謝りなさい」 は、【勝/負】、「どっちも悪い」は、【負/負】の発想ですが

メディエーションでは、【勝/勝】の発想をしていきます。

そういえば、ホリエモンとフジテレビの対立も、結局はどちらも【勝/勝】を求めたために

泥沼になったような気がします。賢明な中立者をたてれば、もっと早く解決できたのかもしれません。


メディエーションになるには、資質と練習が必要です。

中立的な立場って、難しいんですよね。

兄弟同士のケンカでは、親が調停できますが

学校のクラスの友達同士となると、どうしても、親では感情的になりがちです。

そういうときは、やはり担任の先生が、メディエーションの技術を持って、

指導してくれたほうが良いな、と思います。


茶話会では、お話を聞くだけでなく、グループになってワークも行い

和気あいあいとした楽しい時間をすごしました。

奮発したシュークリームが、これまた美味しかったです♪

次は、何をしようかな^^






08:05 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
夢見るコアラ | top | 武道の道

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/589-e034ac8b