暑くてもおでかけ 3

  北の丸公園を出ると、靖国神社が見える。

  「小泉首相がよく言ってる靖国神社って、これなんだ」と、子どもたち。

  「寄って行こうか?」

  靖国神社は、まつりを終えて、後片付けをしていた。

  「すんげ~デカイ鳥居だなぁ」 と、息子。


              park6  


「戦争は勝っても負けても、国がボロボロになるんでしょ?」と、娘。

戦争は、勝たないと、始めた意味がない。

だから、どんどんエスカレートしていく。

最初から負ける可能性が大きかった戦争をした国は

いつまでも、負の遺産を残したまま。


When time shall have softned passion and prejudice,

when Reason shall have stripped the mask from misrepresentation,

then justice, holding evenly her scales, will require

much of past censure and praise to change places.

???????????????????????????????????????????????????????????????????????? Radha binod? Pal


ラダ・ビノード・パール博士は、「東京裁判」で、

日本人を全員無罪とする判決の意見書を出した人。

上の言葉は、その意見書の結語です。

戦争は憎むべき蛮行ですが、それを正しく裁ける者がいるのでしょうか。

パール博士の記念碑が、靖国神社にありました。


平和な世界は、ただ待ち望むだけで作られるわけではなくて

努力が必要だと思います。

これ以上、次の世代に負の遺産を残さないよう、

また平和への努力を惜しまない世代を作っていくよう

私たちの世代は踏ん張らないといけないのかもしれませんな。


※ 結語の訳 (靖国神社のパンフから)


時が熱狂と偏見とを やわらげた暁には

また理性が虚偽から その仮面を剥ぎ取った暁には

その時こそ正義の女神は

そのはかりを平衡に保ちながら

過去の賞罰の多くに そのところを変えることを

要求するであろう

                           ラダ・ビノード・パール


                             

                                       

09:02 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
懐かしい薬 | top | 暑くてもおでかけ 2

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/579-619af6a6