情けは人のためならず

先週の大きな地震のあと、友人から、メールがきた。

彼女は、仕事をしていて、

夏休みは、子どもたちの学童のお弁当とかその他もろもろで

いつもより忙しくすごしている。

その日は、たまたま旦那さんも仕事で

家には、お子さんしかいなかった。


大きな揺れがきて、「子どもしかいない!」

と青くなった彼女は、まだ揺れている中、自宅に電話した。

お子さんは無事だったが、恐怖で大泣きしていたそうだ。

地震で交通機関は止まり

彼女が帰宅できたのは、夜も遅くなってからだった。

その間、お隣の方が、お子さんの面倒をみてくれていた。

「遠くの親戚より、近くの他人ですね。本当にありがたかった」

そう彼女のメールは結ばれていた。


子どもたちだけで、長い時間、心細さを抱えてすごすのは大変なことだ。

余震がきたら、どうなっていたことだろう。

もしも、お隣の方に助けてもらえなかったら

彼女の心配は、相当なものだったに違いない。

親切な方が近くにいて、幸いだった。

と同時に、普段から隣近所の方とお付き合いしていた彼女の

心配りが、このときに活きたのだな、と思った。



だいぶ前、運動会が直前の雨で

開催されるのかどうか判断がつかず、情報が錯綜したときがあった。

普通なら、学校から連絡網が回されるのだが

そのときは、本当に直前だったので、連絡網は回されず

学校の近くに住んでいる人が、「運動会、やってるよ!」と

友人に連絡し、友人同士の連絡網とクチコミで

親たちはお弁当を持って運動会に集まってきた。

そこで、「○○さんがいない」、「連絡いってない」

と、その場に来ていない人にまで、連絡がまわり、運動会は何事もなく行われたいった。

連絡は、知り合いの輪で繋がり、行き渡っていたのだ。 ただ一人の親を除いて。

昼食時になり、その子だけが取り残された。

学校があわてて自宅に連絡すると、親は出かけていて、留守になっていた。


隣近所の方とのお付き合いは

良いことばかりではない。 ときには不快なこともある。

それでも、ひとりでは生きていけないし

自分の力だけでは、バランスのとれた子育てができない。

打算的につきあえ、ということではなく

お互い様という気持ちで普段から接することが

いざというときに

チカラになるのではないだろうか。


忙しいなかで、自治会の行事やPTAに参加して

人との繋がりを作っていた友よ

あなたはやっぱり、賢い人でした^^










04:31 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
やり直してぇ | top | さすがは収入源

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/568-7b825b6e