マイベストムービー

映画バトン


footprint ?のミナさんのところからtrackback


ミナさんと一番はじめにお話したのが、映画の話でしたね。

バトンの指名というより、勝手気ままに、trackbackします^^


映画は、劇場かレンタルでしか観ない私です。

そんなわけで、映画のDVD、ビデオは 一切、所有しておりません。

映画バトンの質問、前半部分は、パス♪


【最後に観た映画】


子どもと一緒に劇場で観たのは、アニメですが

「ハウルの動く城」

私と同じ名前のおばあちゃんが、がんばっておりましたねぇ^^

私ひとりで観にいった映画は、だいぶ前です。

「インソムニア」

眠れぬ男の話しですね。 白夜の風景が印象的でした。

アル・パチーノが良いんです。


【よく観る、又は、特別の思い入れのある映画】


パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
天国から来たチャンピオン

<天国から来たチャンピオン>

私は大作より、佳作が好きなのですが、この映画はまさにそれ。

淡々と流れて クスクスって笑える物語、そしてロマンチックなラストシーン。

何度生まれ変わっても、あなたを探し当てますわよ

だって、瞳を見ればわかるんだもの

って感じです。


アイ・ヴィー・シー
市民ケーン

<市民ケーン>

これは、オーソン・ウエルズに尽きる映画かもしれません。

あの強面なオジサマの、母親の愛情を求める抑えた演技にゃ

演劇部の私、唸ったものです。


ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
スプラッシュ 特別版

<スプラッシュ>

髪の毛が豊富だった頃のトム・ハンクスと、

いかにも人魚といった感じのダリル・ハンナ。

本当に恋するって、こういうもんだわよね、人間だろうが人魚だろうが

奇跡の出会いを大事にしなくちゃ・・・・

誰にでも、どこにでもあるというわけじゃないんだから。


松竹
12モンキーズ
<12モンキーズ>

ハッピーエンド好きな私にしては、切なく終わるこの映画をベスト5にするのは

ちょっと特別なことかもしれません。 でも、この映画、好きです。

この映画のブラッド・ピットが、私のベストでもあります。

未来を変えるために過去に送られる男の役割。

それは、時の流れを微妙に変え、時の法則に微妙に縛られ

その狭間で精一杯に生きて、その証をどこかに残して消えていく運命でもあって。

ブルース・ウイリスがこれまた良いのですよ。

「シックス・センス」の彼に相通じるものを感じます。


ワーナー・ホーム・ビデオ
心の旅路 特別版

<心の旅路>
これはですね。とーっても、古い映画だと思います。

小学生のときに、テレビで観て、感激しました。

大人になってから、名画座みたいなところであらためて観て

やっぱり好きだわ~~、と思いました。

記憶喪失の男の話しなのですが、記憶を失ったり、取り戻したりって

考えてみれば、生まれ変わりや、魂の入れ替わりと似たようなものですね。

子供の頃から、こういう傾向のお話が好きだったようです。


最近、映画館とはご無沙汰しておりますが

時間があったら、観たいとは思っているのですよ。

椅子に座って、別な世界への小旅行・・・

時間の使い方としては、映画を観るのが

私にとって、今一番贅沢なのかもしれません。


13:25 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
名文 | top | ゲームな夢

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/564-5ec1a8fa