スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

キューピー人形

函館の実家にいくつか置いてある人形には

母の手作りの服が着せられている。

不器用で面倒くさがりの私とは正反対に

母は、なんでも手作りしてしまう女性なのだ。


「ねえねえ、おばあちゃん、ここにある人形、もらってもいい?」

末っ子が甘えてみた。

「いいよ。だけど、これだけはダメね。」

母は、古くなって色黒になってしまったキューピー人形を指差した。


そのキューピー人形は

私が小学生の頃、母の誕生日に贈ったもの。

私が思った以上に母はとても喜んで、以来三十数年、

いろいろな服を着せて飾ってくれているのだった。

子供の頃は、母がそれほどに感激して喜んでくれるのに

ちょっと戸惑いを感じたものだった。

だって、そんなに高価な品物ではないし。


でも、今なら わかる。

「大きな人形があったら、この余り生地で服を作って着せられるのに」

そんな普段の何気ない呟きを聞きとめて、忘れないでいてくれたこと。

お小遣いをそのために使ってくれたこと。

そのころ、反抗期だった私の意外な行動だったこと。


何十年も大事にしてくれているということが

こんなにも嬉しい、ということを

教えてくれている母親に、感謝。



doll2



13:05 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
夏の途中 | top | 同情するなら

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/543-f5f6bfd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。