スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

「シンデレラマン」を観た

シンデレラマン



苦しくて辛いときこそ、その人の真価がハッキリとわかる。


久しぶりに、気持ちよく泣けました。

ボクサーの映画なんだけど

彼が闘うのは、リングの上の相手だけでなく

大恐慌が生み出した 貧困という怪物、なのです。

家族を守る、ってこういうことだよね

本当の強さって、こういうものだよね

主人公夫婦の姿が、とても素晴らしい。 とても、温かい。


自分たちは、腹をすかせても、寒さで震えてもかまわない

こどもたちには、同じような目にあわせたくない

辛い思いを子どもがしているのを見るのは

親にとっては、何よりも辛く苦しい。

「何のために闘うのですか?」

という問いに、答える主人公。

その答えは、シンプルでなんの飾りも無く

虚栄もプライドも、本当の闘いには必要ないのだと

語りかけているようです。


ラッセル・クロウが初めて素敵に見えた。

ホントにかっこいい男を見たいなら

この映画で、出会えます。



13:45 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
キスシーン | top | 惜しむ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/503-ce2ece33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。