スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

スケジュール



イサムは 若い。

20とちょっと、トシがはなれている彼は

いつも先に来ていて、お腹を空かせている。

私がやってくると、ニッコリと笑って手を上げる。

少年の風貌がまだ残ってる彼の笑顔が

たまらなく、かわいい。

「いつもごちそうさま」

「お腹いっぱいになった?」

「うん」

学校帰りの荷物を抱えて、店を出る。

他愛の無い会話をしながら

夜の公園を抜けて、最後に必ずイサムは言う。

「ねえ、生まれ変わったら」

「うん」

「同い年ぐらいに生まれたい」

「・・・うん」

かわいいんだけど、いつも同じこと言うのよね

心のなかでつぶやく私。

唇をはなすと、「今度はいつ会えるの?」って

また同じ質問をされるのがイヤで、さっと身体を引き離してしまう。

2、3歩先に行ってから、振り向いてイサムに手を振る。

「また、来週ね。 バイバイ」

それが、水曜日。


ケンは 最近、いやなとこが見えてきた男。

最初は面白かったおしゃべりだけど

だんだん、中身が薄くなってきて

何を話しても、つまんなくなってきた。

ぼんやりと、向かいに座ってるケンのクチが

パクパク動いてるのを見つめている。

テーブルの上に置いた携帯が、震えた。

「あ、もしもし」

よかった、つまんない話にこれ以上

作り笑顔でこたえているのは、さすがにキツイ。

電話が終わると、「だれ?」ケンがいぶかしそうに訊いた。

「会社の友達よ。日曜日に買い物に行く時間、変更だって」

スケジュール帳を取り出してメモする。

ケンがちらりと、覗き込んだ。

「やだ、汚いから見ないでよ」 勝手に覗くな、と言いたいところを

グっとこらえる。イヤなやつ!

「相変わらず、スケジュール詰まってるね」

「うん」

「チラっと見たら、イニシャル【 I 】って書いてあったけど、なに?」

こういうところは、目ざといんだ。

「アイ、はね、、、【いけばな】を習ってる日、毎週水曜日ね」

「あ、そうなんだー。いけばなの、頭文字で、アイなんだね」

「そうそう」

にっこりと、満面の笑みの私。


そして、あなたは、【会議】のKよ、ケン。

木曜日に書いてあるけど

そのうち、空欄にしとくわね^^





▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼【恋愛物語】▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

      創作で恋愛物語を書いて秋を満喫しましょう♪
      というトラバ(妄想)企画です。
      ルールは『創作であること』
            『恋愛ものであること』だけです。
      期限は10月31日まで

      トラバ先:http://zoobee.exblog.jp/tb/3551390

      ※どなたでも参加いただけるようにこのテンプレ
       を文末にコピペしてください。

       企画元:移動動物園 http://zoobee.exblog.jp
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△



トラバ企画 【恋愛物語】  から、trackback。

日替わりで恋人いたら、、、

忙しいだろうなぁ♪




08:42 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ちょっとだけよ | top | 言ってやりたい

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/493-7ee0fa11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。