スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

噂のキツネ


休憩が終わって店に戻ると

店長が珍しく興奮して言った。

「久々に大きいよ」

「?」

「俳優のNって知ってる?」

「ええ」

「今度結婚するんだって」

「はあ」

奥から先輩が出てきて言葉を継いだ。

「結婚式の引き出物、うちのお店を使いたいんだそうよ」

「え!それはすごい」

「でしょ?」

「さっき、式場のほうから電話があってね」

「持ち込みになるから、今度打ち合わせしたいって」

「ほぅほぅ」

芸能人の結婚式、規模も大きいし話題性もあるし

本当に久々に、大きな仕事だった。

「で、明日、奥様になる人がここに来るそうよ」

「え!」

「何がいいか、見に来るんだって」

「そうなんだ・・・」

「残念だったね」

そう、明日はお休みをとっていた。


「どんな感じ?」

前の日に、婚約者がきて

披露宴の引き出物の品定めをしているはずだった。

「ん~~~~・・・・・・。」

「?」

接客した先輩の表情が曇っている。

「イメージと違ったの?」

楚々とした大和撫子な感じだったけど、週刊誌では。

「あれはねぇ・・・・」

先輩は理解できない、と言う風に頭を振った。

「ホントにあの人と、結婚するの?って感じ」

「え?」

「なんというかね、・・品がない」

今ひとつ、具体的な感想じゃないんだけど

今までたくさんの人を接客してきた彼女が言うのだ。

あまり、感じの良くない人だったのは、確かなのだろう。

「ちょっとね、今回の結婚、あやしいかもよ」


先輩の予感は当たった。

結婚式の直前で、婚約が解消されたのだ。

「引き出物は、仮押さえだったから、まだ大丈夫だけどさ」

店長がまいったな、とつぶやく。「式場のほうは、キャンセル料とか、いろいろ大変だろうな」

なぜ、婚約解消になったのか、それは週刊誌を読んでも

今ひとつハッキリとはわからなかったのだが

先輩の話を聞いた感じでは

キツネの化けの皮がはがれた、というところなのかもしれない。

本人だけじゃなくて

夫になる予定の人と一緒に、ここに来てたら

私たちも、だまされてたことだろう。 たぶん、いや、きっと。



07:10 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
迷える達人 | top | 炎のナイスガイ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/487-ec1976cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。