スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

手変え品変え

開いた窓から、お母さんと小さな子供の会話が聞こえてきた。

お子さんがなにか無理を言ってるらしく

お母さんは、「順番っ!」と、諭している。

だが、お子さんはなかなか言うことをきかないようで

お母さんは、「順番!」 と繰り返す。

何回も、「順番!」 と言い続けて、終いには

ちょっとヒステリー気味に叫んでいた。


おいおい、ほかに言うことないのかしら・・・

と、二人の会話を聞きながら思った。

小さな子供に、「順番」 という言葉の意味が

大人のようにハッキリと理解できているとは思えない。

子供は、母親が何を言っているのか

きっと、わからなかったのではないだろうか。


「順番!」 と言っても子供が言うことをきかなかったとき

ほかの言い回しを考えてみる。

「これが終わってから、次にね」 とか

「ちょっと待って。この次」、「これは後」、「こっちが先」

相手がわかるような言葉を選んでみる。

自分がわかっているからといって、その言葉が相手に通じるとは限らない。

子供の視線で話す、というのは

そういう意味もあるのではないかな


切れそうになる前に

もっとゆっくり、考えてみようよ、お母さん。



13:17 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
大学生の私 | top | 課せられたモノ 2

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/476-ecd24277
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。