スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

お弁当徒然

  お絵かきお弁当   ←手直ししてみました。



あ~、こんな風にお弁当を作ることができたら

きっと、毎日のお弁当作りが楽しいに違いない。

子供も、大喜びで食べてくれただろう・・・


幼稚園のお弁当作りは、子供3人X2年=6年 続いたが

中身はワンパターンであった。

今は給食様のお世話になり、料理の腕は、下がりっぱなし。

たまに作るお弁当は、息子のはご飯が9割を占める質実剛健(?)な弁当。

娘たちは、デザートがあれば、喜んでいる。

みんな、私の力量に合わせて満足してくれて、ありがとうよ!


振り返って、私が食べていたお弁当は、どうだったっけ?

と思ったら、母は料理が得意だったにも関わらず

私はいつも、「鮭の焼いたのがあれば良い」 という手応えのない娘だった。

駅弁で一番好きだったのが、長万部の 「かにめし」 で

「インパクトのない味が好きなんだね」 とか言われていた。

飽きのこない、ロングセラーが好みなんだろうな。


東京に出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。

勤め先で先輩と話していて、料理の話になった。

「一人暮らしで、料理大変だよね」

「親御さんと一緒に暮らしてて、料理することあるんですか?」

「たまにするのよ」

「お弁当とか作ります?」

「うん。作るよー」

私の目がキラン☆と光った。

「お弁当、食べたいなぁー・・・」

「え」

「肉そぼろのお弁当、食べたいなぁー」

「え」

「(キラキラ☆)」

「・・・わかった、今度作ってくるよ」

「やったー!!」

先輩が作ってきてくれたお弁当は、とても美味しかった。

ご飯の恩ってのは、忘れないものなのだね。









07:24 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
ここにも秋 | top | その風景に

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/467-ffddf762
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。