スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

本いろいろ

 

Kurt  さんの  この本の装丁が素敵!  から trackback。




book  GUSTAV?? KLIMT (グスタフ・クリムト)


美術書の装丁が素敵なのは、当然といえば当然で

ちょっと反則かな?と思いつつ・・・・・

この本は、高校の同級生の友人が海外旅行したときに

お土産でいただいたものです。

クリムトの絵がたくさん載ってます。

たとえば・・・


book   こんなのとか  book   こんなの。


言葉の無い本は、ぼけーっと眺めているだけで心が満たされる感じがします。




そういう意味では、絵本も一緒かも。

もうひとつ、反則ついでに、おすすめの絵本。


  エルサ・ベスコフ, おのでら ゆりこ  ペレのあたらしいふく

ベスコフの絵が好きで、表紙を見ると ついつい買ってしまいます。

ほかにも綺麗な絵がありますので、こちらのHPを、どうぞ♪

福音館書店 エルサ・ベスコフ



☆★☆★☆★☆★トラバンケート(とらばアンケート)テンプレ☆★☆★☆★☆☆★☆

「この本の装丁が素敵!」を記事にしてトラバしてください。
締切日は11月21日。
また締め切り後にTBしていただいても構いません。
皆様の参加を心よりお待ちしております。

企画元/2+2=5 (http://diesuk.exblog.jp)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




もうひとつ、番外編(?)で。

素敵でもなんでもないのですが

この本を手にしたとき、「そうかー、これがあの本かっ」 と感激したのが

こちら。


              book   佐藤春夫論  中村光夫著


大学の卒論が佐藤春夫研究で、この本は避けて通れない一冊でした。

神田の古本屋で見つけたとき、はるばる北海道から来て良かったなぁ、と

しみじみ思ったものです。

読んで正直な感想は、中村光夫、負けてるなぁ・・・でした。

昭和37年発行、定価320圓

私と同じトシな本でございます^^




03:46 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
音楽の秋 | top | 地域の安全のために

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/461-c0aea440
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。