結婚ってさ

最近、結婚に関してちょっと考えることがある。

たぶん、石原都知事が、あの場でちょっとふさわしくない言葉

「結婚は、賭け」 だと言ってからだろう。

私も常々、結婚は賭けだと、思ってはいるんだけど。


大学生のとき、急いで提出しなくちゃいけない書類があって

贅沢とは思ったけれど、タクシーに乗った。

大学まで、と行き先を告げると、運転手は「学生さん?」ときく。

「はい」

「大学出るとさ、結婚相手を見つけるのが大変だよねぇ」

「?そうなんですか?」

「だと思うよ~」

「??それは、どうしてですか?」

「女の人のほうが、四年制大学出ているとさ、男のほうにもつりあいってのがあるじゃない」

「相手の学歴?」

「そうそう。まさか、奥さんより学歴が下なわけにはいかないでしょ」

ガーン!

これぞまさしく、カルチャーショック。

こういう価値観に、面と向かって出会ったのは、これが初めてだった。

結婚の条件に、学歴って考えなくちゃいけないものなんだ?

世間では、そういう考えが存在してるんだなぁ・・・

もう20年前になる話だけど。


結婚は賭け、という言葉のなかには

いろんな意味が含まれている。

だけど、そういえば、私は競馬で予想をたてるとき

下馬評は一切関知しない。競馬新聞も読まない。

パドックで実際に馬を見て 自分の目を信じる。

以前、JRAのCMで、「グッド・ラック!」ってコピーをやってたけど

まさにアレ。

どんな目が出るかは、誰にもわからないけど

負けても悔いなし、って賭け方をしたい。

いや、賭けるときには、誰もが皆、勝つことしか考えてはいないのだけれど。




09:43 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
こんな私でもいいんです | top | 職員室は薔薇色

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/454-b0c27a63