車庫で降りたい

こんな夢


昨日はポカポカと暖かく、春のようだった。

こうなると、なんだか気持ちが ほわわん、と緩んで

眠くなってきてしまう。


昼下がりに、買い物に出かけて帰り道、バスに乗った。

窓からお日様の光が差し込んでくる。

心なしか、バスの乗客も皆、ポワン、としているような穏やかな車内。


乗客は、私を含めて4、5人まだ残っていた。

終点の「○○車庫前」は次。

終点の停留所だから、当然降車ボタンを押す者はいない。

するとバスは、減速することなく、そのまんま、ブワ~~っと走っていくではないか。

「お、もしやこのまま??」

私の瞳がキラリ。 周りの乗客はポカンとしている。

「騒がないでくれ~。このまま、行かせてくれ~」

心のなかで祈る私。

バスは、終点の停留所を通りすぎた!


「あれ?」

運転手さんがつぶやいて、バスは止まってしまった。

停留所をずいぶん通り越して、もうあとちょっとで車庫だったのに・・・。

「いや、このまま車庫に行っても良かったんだけどね^^」

私はこう呟いて、バスを降りた。

あともう少しだったのになぁ。

春みたいな暖かさが成せる出来事、だったのかも。





13:00 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
2月2日は何の日? | top | また記者やるよ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/417-17f0be35