こころを解く


母の知り合いが経営しているお店に行ったとき。

そこで働いている若い娘さんと、母が話していた。

その娘さんの父親は、すでに亡くなっていて

彼女は、母親をひとりにはさせたくない、自分が一生、母親の面倒をみていきます、と

ちょっと悲壮な感じだった。

「そうなの。一生懸命だね。えらいね。」

私の母は言った。

その言葉は、彼女にとっては聞きなれていた言葉だったのだろう。

何事もないように母の言葉を聞いていた。

普段は、そこで会話が途切れているのかもしれない。

だが、母は言葉を続けた。


「ひとりで一生背負うのは大変なことだよ。あなたはまだまだ若い。

これから先、心の優しい男性をみつけて、ふたりでお母さんをみていけばいいんじゃない?」


すると、娘さんの目から涙があふれた。

泣きながら、彼女は言った。

「こんなに優しいことを言われたのは初めてです。」


気丈にしていても、どこかに無理をしていたのかもしれないね

帰り道、母はよかった、というようにつぶやいた。



16:52 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
バザー | top | 222でおめでとう!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/415-2061ecdd