バレンタイン日記 2


バレンタイン日記


バレンタイン当日。

クッキーを配った娘が、たくさんの包みを持ち帰ってきた。

友チョコだ!


choco  なかには、スタバのチョコもあって・・。やるなぁ、6年生。


さて、【チョコもらえない暦15年】 の息子。

「ただいま~」 と、帰ってきた。やっぱり、手ぶら。

「見て、こんなにたくさんもらってきたよ、真ん中ちゃん」

「ふぅーん」

「あんたは、やっぱりもらえなかったんでしょ?」

「いや」


「なにっ?もらえたの???」

「うん、一応ね」

「へーーーっ!」

「下駄箱に入ってた」

「下駄箱・・そりゃまたよくある手だ。で、、誰から?」

「さぁ?」

「誰からか、わからないの?」

「うん。名前とか書いてない」

「・・・・それ、大丈夫なの?」

「え・・・・」

「食べて、大丈夫なの?」


無記名で下駄箱。

なにやら怪しいぞ。

ゴソゴソと鞄から、息子がチョコを出してきた。

「名前はないけど、だいたい誰からかは、わかるよ」

「どうして?」

「委員会の後輩の女子に、下駄箱どこですか?ってきかれたもん」

「なんだ、それを早く言いなさい。」


息子がもらったチョコ。 choco  choco


なかなか、美味しそうです。

世の中には、優しい女の子もいるものですね。


義理チョコですよ。包みのクチは、ホチキスでとめてありました^^
12:48 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
笑いのツボ | top | つながった

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/405-ffe1624a