ざわざわと、一日

今朝は新聞を開くのに、一年で一番ドキドキする日かもしれなかった。

本体よりも、折り込みの特集を急いで取り出す。

そう、今日は教職員異動発表の日、である。


転出される先生、転入される先生を見出して

「おぉ!!」と驚いた。

末っ子の担任の先生が、なんと退職されることに。

昨年赴任してきたばかり。

定年まではまだまだ年数があるはずで、

お別れするなんて、まったく予想外であった。


末っ子が一時不登校になったときに

ずいぶんとお世話になった。

この先生の協力が無ければ、末っ子はどうなっていただろうか。


・・・考える間もなく、私は校長に確認の電話を入れる。

新聞発表以外に、臨時の教職員すべて含めての異動は、9名。

昨年は4名だったから、やや多い。

確認の後、学校全体の保護者に連絡網をまわす指示。

異動される先生にゆかりのある児童と保護者は

辞校式というお別れの式にできるだけ参加して、先生との名残を惜しむ。

その式での花束と記念品は、PTA会費で出される。

会計さんに、数を指示。


平日の昼間の連絡網はまわりにくい。

両親とも仕事で、留守番の子供たちばかり。

連絡網がすべてまわったのは、夜だった。


担任の先生の退職には驚いたが

もっと驚いたのは、教頭が校長になったことだった。

昨年赴任した我が校が、教頭最後の学校になったわけだ。

おめでとうございます!

春ですね。

入学式には、もう散ってしまうかもしれない桜も

辞校式には、きっと、満開です。


14:05 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
おしらせ | top | 和洋折衷

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/394-db670f33