ソラを駆け抜ける

「彼女が戻ってきたようだ」

寝込みをたたき起こされて不機嫌極まりない僕に

興奮した彼の声が受話器から痛いほど届く。

「彼女って?」

「SW3だよ」


小さな彼女を見失って約半世紀。

よろしく頼むと言った恩師はもうこの世にいない。

「今までどこに行ってたんだよ」

「もうひとつの宇宙かもナ」

「新しい彼氏と別れてきたか」

「姿を隠す魔法を使ったとか」

もう二度と逃がさない、僕らは言葉には出さなかったが

固く心に誓った。


「娘から大人の女へ?」

「また分裂している」

「するたびに輝く」

「アイドルから女優へ♪」

「まさしく彗星のごとく」

彼女を追って、人間である僕らは確実に年齢を重ねていく。

そして彼女も、冷たい仮面のままでなく

僕らとともに変わって行く。



なぞの彗星、SW3

見つけてみたくなった。



14:36 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
宇宙へ | top | 暑いですな

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/374-636d75d3