ルーツ

オランダ帰りの raphie さんの旅行記  に

「私の父の方の先祖はオランダ人という説があります」 とコメントしたら

どうやらありえない事ではないようなお話し。

祖父の祖父(ひいひいじいちゃん?)がオランダ人だということで

raphie さんのところには、6代目です、って書いちゃったんだけど

考えてみたら、5代目でした。

出島から長崎市内へ入りだしたオランダ人のなかに

私の祖先がいるのでしょうか・・。

実は父方の家系についてはハッキリとした家系図もなく、

いろいろな親戚の憶測やうわさ話からしか、その姿を想像するしかないのです(^^ゞ



ときは大正末期か昭和のはじめ頃。

岩手県のとある港町に、フラリと現れたイケメン。

彼は船乗りで、あちらこちらを流浪していた。

船乗りとしての腕もさることながら

オランダ人の血を受け継ぐ彼は日本人離れした顔立ちで

田舎町の女たちは皆、夢中になった。

そのなかで彼を射止めた女性の家の婿養子に、彼は落ち着いたのである。

婿養子になり、名前が変わった彼。

それ以前のことは、謎のままになってしまった。


婿養子になり、幸せな家庭を築いたはずの彼だったが

北海道に船で仕事に来たことが

彼の運命を変えた。

そこで出会った、気性の激しい女性。

彼女と恋におちた彼は、妻と子供を捨て

新天地へと渡ったのであった。


その、気性の激しい女性が、父の母親であり

父には、腹違いの兄弟がいたのです。

そのことは父にとって、ずっと心の重石になっていたらしく

後年、母が異母兄弟と連絡をとることに成功して

和解へと話をすすめてくれたことに

父はとても感謝していました。

余談ですが、私はこの気性の激しい祖母に似ているらしいです^^


オランダ人との間にできた子供は

どういう風に成長し、祖父をどのように育てたのでしょう。

たぶん長崎から物語りは始まり

流れ流れて、岩手県、そして北海道にたどり着いたのでしょう。


うーん。朝の連ドラ一本できそうだ。

07:59 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
末っ子とすごす休日 | top | カムバック

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/352-d09070df