夏休みの映画

日本沈没


最初にこの本が出たとき私はまだ11歳。

末っ子と同じくらい。

原作本は、いまだに読んでいない・・(^^ゞ

だけど、漫画は読んでいた。

一番印象に残っているのは

散り散りになった日本人の行く末。

あるものは南方へ、そしてあるものは北の果て、シベリアへ。

子供だったけど、「日本が国土をなくしたら、後は過酷な生活しかないんだなぁ」

と思ったものです。


函館も沈没するんですよね。

函館の地形は、女性のウエストのようにくびれたラインが特徴だけど

砂州なんです。

函館山は孤島で、北海道本土との間にできた砂州が、函館。

だからもろいし、深く地下を掘ることはできない。


33年の間に、大きな地震や災害が起きてます。

子供と一緒に、観にいこうかな。


14:21 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
草を刈る | top | 某CM

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/333-fe22bf50