スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

「バカ言うほうがバカ」と子どもには言ってるが

養老 孟司
バカなおとなにならない脳

子どもが図書館から借りてきた本。

理論社のHPの「人間科学なんでも質問箱」に寄せられた子どもの質問への

回答をまとめたもの。

子どもを対象にしているので、脳の話もわかりやすい。


子どもたちの質問も、素朴だけど鋭いものがあり、とても興味深い。

私が一番印象に残ったのは、高校生(もう子どもじゃないね)の質問で

「解剖って残酷じゃないですか?」というもの。

解剖の必要性について淡々と答えていた養老氏が

最後に

「きびしいことをいうと」

解剖を良く知らないということを正当化するために

残酷ではないかという考えをもつ・・・と書いていたこと。


その高校生は、身内で亡くなった方を解剖する、と言われ

ショックを受けたことが、質問するキッカケだったようなのだが


物事を考えるのに

ある一面だけ、特に感情だけにとらわれて

全体像を知ろうとしないのは、危険なことではないだろうか

・・と、私は養老氏の回答を読んで、ふと思った。

疑問を抱いたり、反発を感じたら

自分の感情で物事を決めつけず、それについて広く知ることが大事、

特にこれからますます勉強していくだろう若者に

そういう姿勢がほしい。と、感じた次第。


大人が読んでも、面白いですよ^^




13:58 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
交渉人 | top | 昼飯ブログになろうか

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/326-72cdb4d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。