スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

交渉人

マンションのエントランスホールの大きなガラス窓が割られた。

鋼線入りのガラスだったので、大きなヒビが入っただけで

破片が飛び散るような割れ方ではなく、けが人も出なかったのだが

これを、管理組合として放っておくわけにはいかない。


理事が集められ、防犯カメラの映像を検証する。

ちょうどカメラには写っていない箇所の出来事で

「犯人」はわからなかった。

ただ、その時間、その近くにいた人物を特定することはできた。

「どうしますか?」

管理会社の担当者が理事たちに尋ねる。


方法はふたつ。

・犯人を追及して弁償させる。

・犯人探しはせず、グレーな人物に実情を告げる。


実際にガラスを破損した現場が写っていない以上

犯人探しはできないのではないか、というのが大方の意見だった。

では、怪しい人物に、これからの注意も含めて話をするのか。

どうやって?角が立たないようにできるのか?


「限りなく怪しいからといって、その人がやったということは決められないのでしょう?だとしたら、防犯カメラに写っていた人たちに情報を伺いたい、という方向で話をするしかないのでは。たとえ実際の現場を見られていなくても、防犯カメラに写っていた、という事実が伝わるだけでも十分じゃないですか」

私の話に、皆はうなずくのだが、どう話を持っていくのか、自分にはできるのか

決めかねているように、黙っている。やることは決まってるのに話がすすまないので

「私が話しますよ」

アタタ、また言ってしまった。

「では、別なカメラに写ってた、付近で遊んでた子たちには、私が訊いてみます」

と、理事長。(ちなみに私は副理事長(^^ゞ)


話し難いのはなぜだろう。

「こちらはそのつもりでなくても、誤解されたらイヤだし」

決して、その人を責めるつもりで話すわけではないということを

伝えるのは難しいことなのだろうか。

「そのつもりはない」と言いつつも、言葉や態度の端々に

疑いが濃厚、ということが出てしまうから相手も反発してしまうのか。

事実を淡々と公平に話すことって、けっこう難しいのかもしれないな。


相手を責めるのではなく、相手のためを思って話す。

そういう話し方をしなくてはいけない機会、普段はそう無いのかもしれない。


13:03 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
夢であえたら | top | 「バカ言うほうがバカ」と子どもには言ってるが

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/325-cc80951a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。