スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

函館旅日記 その1 ~なぜか青森~


今回も、昨年同様、JRの 「ふたりの北東北、函館フリーきっぷ」  を使うことになった。

これは男女ペアで往復ふたり48,000円。子どもは4000円というお得なフリーきっぷなのだ。

フリーきっぷだから、フリーエリアでなら、乗り降り自由。新幹線も乗れる。

有効期間は4日間と短いけれど、かなりお得。

私と子どもだけなら、函館に直行直帰でなるべく疲れないように・・とか考えるんだけど

今回は、久々にダンナと一緒である。

「せっかく途中下車できるんだから、青森に寄っていこうよ」

旅好きなダンナが嬉々としてスケジュールを組み、きっぷの手配をした。

というわけで、函館に行く前に、なぜか青森。


iseki


三内丸山遺跡。

私たちが学生の頃は、縄文時代は狩猟や木の実採取などで、

生産的なことはしてなかったように教わった。

けど、実は 縄文時代に、社会的な仕組みをもち、共同生活をしていた集落があったのだ。

これは有名な6本柱の復元。


iseki   iseki  

正確な配置距離と巨大な木材。


縄文時代の人って、すごいね。 栗などの木の実を採取するために、樹木栽培もしていたらしい。

決して、行き当たりばったりの生活じゃなかったのだ。

ちなみに、この復元された6本柱は、日本国内にこの大きさの木がなく、ロシアから運んできたそうな。

「その当時は、この辺にも、このくらいの木があったのですか?」

ガイドの方に質問すると、「あったんでしょうね~」 との答え。

その当時も、ロシアの大陸から運んできていたとしたら・・・ますますスゴイね^^


iseki ?iseki

 遺跡には、他にも、竪穴式住居や高床式建物(正式には、掘っ立て柱建物と言うらしい)がいくつか復元されている。


遺跡をまわって歩く道は、縄文時代からできていた道で、本物は地上から1m下にすべて保存されているとか。2重構造になっている道とは・・・遺跡を保存するって大変なことなんですね。



iseki



敷地内には「縄文時遊館 」という立派な建物があり、その建物や遺跡の見学はすべて無料になっているのだ!(無料・・・なんてすばらしい響き・・・) さすがは国宝級の遺跡。

時遊館では、展示室のほか、体験工房もあって、有料で勾玉やミニ土偶、組みひも、琥珀のペンダント作りなどもできる。早速、子どもたちも挑戦。


     iseki??   iseki


iseki


勾玉は、滑石(かっせき)という柔らかい石を紙やすりで削って作る。ミニ土偶は、粘土で。

長男・長女は勾玉、末っ子はミニ土偶を無事に完成♪

iseki


 

「これで夏休みの宿題はオッケーだ」 と末っ子。

あまった粘土は持ち帰りできるので、これでミニ土器を作ればよし。すっかり、ルンルン にひひ 

 

ちなみに、三内丸山遺跡の近くに、青森県立美術館がオープンし、ただいま記念展示「シャガール 『アレコ』とアメリカ亡命時代」 を行ってます。

展示作品は、縦約9メートル、横約15メートルという大作で、

4点セットになっているのを、青森県立美術館がそのうちの3点を収蔵しているのだそうな。

残りの1点をフィラデルフィア美術館から借りて、今回展示しているとかで

4点セットの展示はめったに見られないらしい。(byタクシーの運転手さん)

シャガールファンは、ぜひ青森まで、足を運んでみてください。


遺跡を見終えて、ようやく函館行きの列車に乗り込んだ私たちでした。 (つづく)

17:01 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
函館旅日記 その2 ~そして大沼~ | top | 夏休み

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/320-4f5cf30b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。