スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

夏のおくりもの

やっと目をさました私を見て


子供が言った。


「見て!庭にゆりの花が咲いたよ!」


風にゆられて辺りを見回すと


花のない庭に


私がひとりだけ立っていた。


「どこからきたんだろう?」


母親らしい女性が微笑みながら


私を見つめた。


「鳥が運んできたのかな?上の階のベランダからこぼれたのかな?」


子供が首をかしげてきいている。



「わかった。これは夏の贈り物ね」


母親は私の顔を覗きこんだ。



風が吹くたび


私は何度も彼女にうなずいた。



lily








lily

夏の間、手入れをしなかった庭は雑草であふれ

ヒマにしている息子に草刈りを頼んだ。

雑草だと思ってた一本の茎に

スラリとしたつぼみをつけた百合を発見。

植えた覚えはぜんぜんない。

どこからか運ばれた百合の花。

どんな色の花が咲くのだろうとワクワクして待った。

庭の草刈りも、百合の花のまわりだけを丸く刈り込んで・・


息子はゆっくりと1週間ほどかけて草を刈り

その間に、ようやく百合の花が咲いた。

白い、清純な花でした。






13:37 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
☆UHA | top | 夏のおわり

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/296-323d2751
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。