スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

娘も年頃




若い頃、「そういう人とは付き合わないほうが良い」と
ハッキリと言ってくれたのは、母親だけだったような気がする。
自分の交友関係に干渉されたと、その頃は腹が立ったものだ。
今、この年齢になると、もう忠告してくれる人はいない。
自分でヒトを見極め、間合いを計り、バランスをとる。
子供にはできないワザだ。
大人になった今でも、ときおり騙されたり、裏切られたりする。
だが、傷ついても自分で何とか治していける
ゆっくりと、時間をかけながらも、傷が癒えるのを待つことができる。
子供のときとは、そこが違う。

自分の子供を見ながら思う。
彼らが確かに誤った選択をするのであれば
おそらく自分も、「そういう人とは付き合わないほうがいい」と言うだろう。
それが本人のためにならなくても
傷つく事が目に見えているのなら、そう忠告する。

人間関係で悩まなかったことなんて、一度も無い。
ひとりで生きていくことができない以上
避けることはできない大きな課題だ。
私は、遠く故郷にいる母親にいつも心の中で問う。
「このままでいい?お母さんなら、どう考える?」

「そういう人とは、距離をあけたほうがいい」
「つかず離れずいきなさい」
「心のある人には尽くしても喜びがある」
「無視してけっこう」
・・・・・そのときそのときの声を思い出しながら
自分もいつかは子供に同じ知恵を伝えたい、と思う
今日この頃なのである。







18:00 | いろいろと | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑
1月17日という日 | top | 天気荒れそうでも

コメント

# No title
子供の頃は親に言われるとうるさかったり煙たかったりしましたが、この年になってみるとそれが意外と残っていてありがたいですよね。
親のありがたさは年を経ないとわかりませんね。
親がきちんと言ってくれたことは自分の子どもにも伝えていくことができるのでしょうね。
私も心の中で、こんな時、親はなんて言うだろうか、どんな顔をするだろうかとよく考えます。
いくつになっても親の声は聞こえてくるものですね。
by: hannah5 | 2005/01/17 18:02 | URL [編集] | page top↑
# No title
ワタシは 親からそう言う忠告をされたことが無い、、ってことは
相談すらしたことないのですよね。
近所の人の口から 母親に何かが伝わっても 母は何も言わず
後から こんなだった、と言う程度でした。
ワタシは 何も言わずに見守ってくれていたことに感謝してました。
つか、ワタシは「あの人とは付き合うな」と言われた 「あの人」でしたし^^

人との付き合いは 今でも肌で感じながら進めるタイプです
どちらかと言うと 人間関係は 相談させる方ですねぇ。。
by: jally | 2005/01/17 18:06 | URL [編集] | page top↑
# No title
僕は友達に関してはあまり干渉されませんでした。
高校生の頃、父親に一度だけ「絶対に女を泣かすようなことはするな。それだけは許さない」と言われました。
うちは三人の男兄弟だけなので、女の子はわかりません。
自分が父親になったら…と思うと、ちょっと女の子は怖いです。
by: gon.fly.high | 2005/01/17 20:16 | URL [編集] | page top↑
# No title
中学生のころ『交際はグループでね』と言っていた母は、今・・・
『いい人はいないの』 『連れておいで』 『早く結婚しなさい』
『子育ては楽しいのよ』と言います。
世の中そんなに上手くはいきません。^^;
by: hotchai | 2005/01/17 23:21 | URL [編集] | page top↑
# No title
人生、一生勉強なのでしょうね。
だまされても踏ん張れる性格にならないとと思う今日この頃です。
by: panchan1121 | 2005/01/18 02:10 | URL [編集] | page top↑
# No title
あまり何も言わなかった母、今思うと、、、我慢してたんだろうなぁって、解ります^^。
by: buumi | 2005/01/18 09:23 | URL [編集] | page top↑
# No title
これって、難しいですね。
案外、経験を積めばわかることもあるかもしれない。
噂話より、自分の気持ちを重きに置きます。
by: konomi0206 | 2005/01/18 12:57 | URL [編集] | page top↑
# No title
はんなさん、反発したときもありますが
人生経験では、やはり親にはかないません^^

親と子の ふたつの顔をいれかえて 自分に説いて自らに問う
by: sofia_ss | 2005/01/18 16:25 | URL [編集] | page top↑
# No title
じぇり~さんは、しっかりしてたんですよ
私はきっと幼くて、母親が見たら危なっかしい子だったのでしょう
「おまえは隙だらけだね」、よく言われました。
今でもそうなのかもしれないです^^
by: sofia_ss | 2005/01/18 16:27 | URL [編集] | page top↑
# No title
ゴンさん、男の子はわかりやすいところがありますからね^^
「そういう人とは付き合わないほうがいい」というのは、親からすると
最後の手段のようなものだと思います。
子供といえども、親の思うようにはいきません。
言ったところで、どうなるかわからない。
それでも敢て忠告できるのは、損得勘定なしの親だから、
なのかもしれないです。
by: sofia_ss | 2005/01/18 16:33 | URL [編集] | page top↑
# No title
チャイさん、そうですねぇ^^
いまだ独身の弟には、結婚はいいから子供つくって。。。とか
無茶なこと言ってましたよ~~
by: sofia_ss | 2005/01/18 16:36 | URL [編集] | page top↑
# No title
パンチャンさん、そうですね、一生勉強です^^
私は親に相談したことはなかったですよ。親としては、相談してくれたほうが有難かったかもしれません。
今、心のなかで参考にしているのは、相談して答えてもらったことではなく、母親が普段どのように他人とつきあったいたか、、、ですね。
子供は親を見ています。それは、自分で実証済みです
by: sofia_ss | 2005/01/18 16:44 | URL [編集] | page top↑
# No title
ぶ~みさん、言わないのってエネルギー要りますね^^
致命傷にならない限り、手は出したくはないのですけれど・・・
by: sofia_ss | 2005/01/18 16:47 | URL [編集] | page top↑
# No title
コノミさん、私が母親の態度から学んだ事で一番ありがたいのは
うわさ話に耳を貸さないことかもしれないです。
異性関係では・・・ま、先輩の眼力が正しかったということなのかな^^
by: sofia_ss | 2005/01/18 16:52 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/1505-d1e9ee4f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。