スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

いじめ問題に思う




先日、緊急に総務会を開いた。
いじめの相談を受けたことで、
PTAとして何ができるのか話し合った。

いじめの問題は、始まりの小さなうちに素早く対処しないと
次第にエスカレートしていき、いじめられた子の心の傷が
大きく深くなってしまう。
自傷、不登校、引きこもり、・・・
それをどうすることもできずに見ている親の気持ち。
何ともやりきれない

いじめの問題が難しいのは
いじめたほう、いじめられたほう、双方の立場が曖昧で
いつでも逆転しかねない、、、ということだ。
どちらか一方を責めることはできない。
明らかに叱責できるのは、実際に行った行為そのものだけである。

いじめる背景は、始まりは些細なことであっても
やがて複雑で大きなものになってゆく。
そして、保護者まで巻き込んでいくと
大人の感情の絡みは、子供のそれとは比べ物にならないくらい醜く深く
エゴ、憎しみ、恨み、反感、・・・どろどろの様相になっていく。

いじめは、大人を巻き込むことなく、
学級のなかで解決するのがベストなのだ。
しかし、指導力不足の教師には、それができない
きちんとした学級経営ができない教師のクラスで
いじめが起きた時、必ず大きな問題になっていく。

PTAは中立の立場でなくてはならない。
いじめられた側からの要請だけで行動を起こすのはそれが守られない。
学級全体の意見がまとまって、その要請を受けてなら
学校側との交渉のパイプ役にはなれるだろう。

今回はどうなんだろう
学級のなかで、認識の違いが見られて
「子供にはありがちなこと」と考えてる親もいるとのこと
いじめられたと感じる方も大袈裟に反応しすぎるという感覚か

色々な意見があるだろうとは思うが
私の意見は、「いじめは学級のなかで解決すること」
それができない担任を、変えることができないのであれば
「指導力のある副担任を入れること」 。

子供のケンカに親は出るな
これは、問題を大きくしないためにも必要なことだと思う。
親は子供を悪くは思わない。できれば信じたい
子供は親には悪いことは、言わない。
いじめの真実の姿は、第三者の客観的な判断がないと
見えてこないもの、難しいものだ。

PTAの方針として
いじめ問題が起きた学級には
副担任をつけるよう、学校側に要望していく、ということになった。

民間の会社なら、結果が出せない、能力不足な社員はどうなるのだろうか
選べない教師の力量次第で、子供の毎日が天国と地獄にわかれる・・・
なんとかならんものかねぇ



19:22 | いろいろと | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑
10月 17日(日) | top | フルーツバスケット

コメント

# No title
子供の頃 いじめっこでした。すぐ相手の親がでてきました。
うちの親のよかったところは ことごとく 無視してくれたことです。
責めないかわりに かばいもしませんでした。
私は一人で 相手の親の待つ喫茶店に出向き 自分のしたことの後始末をしなくちゃなりませんでした。
大抵のいじめは(昔は?かな)すぐに立場が逆転したし、時期がたてば仲直りしたりしたものですが、親が出てきた相手とはもう関係を修復する気がおこらなくなって、大抵相手にすらしなくなりましたね。
by: absinth | 2004/10/18 20:54 | URL [編集] | page top↑
# No title
僕は小学校5年のとき、女の子を叩いて泣かせたときに先生に怒られて自分が泣いてしまった経験があります。そのことがとても恥ずかしかった。
たぶんそのとき、初めて自分を相対化して見たのだと思います。誰に対しても胸を張れるようになろうと思いました。

さまざまな原因、さまざまな形態をとるいじめは子供と大人が一緒に答えを探す共同作業をしていく過程で自ら解決策を見つけていかないと、と思います。もちろん、緊急を要することもあるでしょうが・・・。難しいです・・・。
by: gon.fly.high | 2004/10/18 21:21 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2004/10/18 21:23 | URL [編集] | page top↑
# No title
子どもの頃、いじめられっ子でした。
小2で登校拒否してました。スクールバスから飛び降りかけたり、ランドセル放り投げて逃げ帰ったり。
いじめの原因はつまらないことなので、年齢とともにいじめられなくなりますが、こころ(性格)の形成に大きく影響すると感じます。
特定の個人を恨むとかではありませんけれど。
by: Doss_net | 2004/10/18 21:32 | URL [編集] | page top↑
# No title
とても難しい問題だと思いますので、分かる部分だけ。
いち企業であれば担当業務の管理が出来ないようであれば、減給や降格は当然のことです。企業を維持するという名目の元、リストラという名の首切りだって止むを得ないとされています。全ての原因を教師のせいにするつもりはありませんが、管理する力量を持たない先生は教師としての資質にかけるとして担任を持たせるべきではないのでは?と思います。教育現場?は、どうもその辺の危機感にかけているような気がしてなりません。
by: e_vans | 2004/10/18 22:02 | URL [編集] | page top↑
# No title
あぶさん、賢明な親御さんだと思います^^
親同士ではその場限りでおしまいになるということは、まずありませんもん。
by: sofia_ss | 2004/10/18 22:30 | URL [編集] | page top↑
# No title
ゴンさん、自分の子供がいじめをしたということは、親であれば、誰しも認めたくはないことなのです。なぜいじめたのかを知ろうとすればするほど、どっちから先に仕掛けたのかという不毛の状態になってくるのです。
中学生であれば、その人間の素養によって、いじめをするしないが分かれるかと思いますが、小学校低学年の場合はまだそこまでいかないのですね。
学級のなかで問題を解決し、事実を率直に親に伝えることが担任教師には望まれるのです。
by: sofia_ss | 2004/10/18 22:37 | URL [編集] | page top↑
# No title
鍵さん、ありがとう~~^^ うれしいです♪
by: sofia_ss | 2004/10/18 22:39 | URL [編集] | page top↑
# No title
どっさん、いじめられっ子だったのですか?
私は小さい頃から鈍感だったので、いじめられても平然としていたようです^^
今振り返ると、あれはいじめだったんだな~~と思うぐらいで・・・
ちょっと変わった子だったんでしょうね、ワタクシ
by: sofia_ss | 2004/10/18 22:44 | URL [編集] | page top↑
# No title
エヴァンスさん、教師も人間で限界があるのですから、できないことは手助けしてもらえばいいと思うのですよ。ひとりではできない仕事もチームでならできるということがありますよね。もう、学級経営を一人の教師がこなせる時代ではないのかもしれません。親が個人重視の教育を受けてきた世代になっているのですから、その子供をまとめるのは次第に困難になってきています。適材適所がうまくできればいいのですけれどね、教育現場でも
by: sofia_ss | 2004/10/18 22:50 | URL [編集] | page top↑
# No title
>いじめる背景は、始まりは些細なことであっても
早めの処置が大切ですよね。
いじめられた子供の心に傷がのこらないうちに。

私は、かなり昔の子供ですが。
昔は、イジワルで我儘な子も、うそつきの子もいましたけど
なんとなく、納得しながら一緒に遊んでいたような気がします。
時代が、のんびりしていたのかな。
by: konomi0206 | 2004/10/18 23:12 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2004/10/18 23:13 | URL [編集] | page top↑
# No title
私は、両方経験ありますけど、親がでていくのも今は仕方がないのかな?って思いますよ。それくらい、子供のことを知らない親もいると思うのです。
教師を能力給にする動きが大阪市であるそうですが、私の知人の親(教員同士だった)は、いい先生でしたが、結果、家庭はめちゃくちゃでしたね。
そう、親だ、先生だというのでなく、現状に合わせて行かないと行けないように思います。
ちなみに、うちの親は、あんまり意に介さずでしたが、うるさい親の悪口は、よく言っていたなあ。
by: panchan1121 | 2004/10/18 23:53 | URL [編集] | page top↑
# No title
今は、我が子のことを考えていますが・・・。
自分は、どうだったか?と言われると・・・。いじめられたことありましたね。でも、学校に行かないということを小学校の時は思いつかなかった。
そのときは、小学校の5年生くらいだったけど、女の子のグループから、シカトされたり・・・。でも、わりと一人でもなんの問題もないじゃ~ん。となにか開き直っていたように思います。そうこうしているうちに、学期が変わったりして、流れが変わって、それも終わり、別の子がターゲットになっていた。でも、そのグループに参加することはなく、なんとなく離れたスタンスで生きていたように思います。
by: over-the-sea | 2004/10/18 23:58 | URL [編集] | page top↑
# No title
コノミさん、昔の親は生活することだけで精一杯だったように思います。
今みたいに子供に目を向ける余裕がなかったような・・。だから子供は子供で自分たちで何とかしてたんじゃないかな。
ガキ大将っていましたよね。ワルだったけど、カゲでコソコソはしてなかった^^
親が目を向けていない分、周りが子供を自然に支えていたように思います。
by: sofia_ss | 2004/10/19 11:58 | URL [編集] | page top↑
# No title
鍵さん、いやん♪
by: sofia_ss | 2004/10/19 11:59 | URL [編集] | page top↑
# No title
パンチャンさん、極端といいますか、関心のある人と無い人とが ハッキリしています。
「あなたにこそ、学校に来て子供の姿を見て欲しい」と思う人ほど、無関心だったりします。いろいろな親がいて、自分の育て方というものがあります。利害が一致しないかぎり、学級のなかで親の意見をまとめるのは難しいことだと思います。
だから切り離して対処したほうがいい、というのが私の考えなんですね。
もちろん、生命に関わるような事態に発展してる場合は別ですけれど・・
by: sofia_ss | 2004/10/19 12:07 | URL [編集] | page top↑
# No title
かおりさん、いつの時代にも、いじめっ子っているんですよね^^
女の子の場合は男の子と違って、発覚しにくいので余計難しいかと思います。トゲのある言葉の積み重ねなど、担任が気がつかない場合も多いですね
PTAでは、保健室の先生にお話していただく機会を設けようと画策中です。
学級を越え、子供が安心して心情を語れる場として、保健室の役割はとても大きいものだと考えています。
by: sofia_ss | 2004/10/19 12:15 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/1361-db29e9d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。