スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

7月 29日(木)




   久々の雨・・と思っていたら
   あっという間にあがる
   なんだ、晴れてるジャン・・・と眺めていたら
   いきなり、降り出す
   その繰り返しの一日
   もう、窓の外を見てもなにも感じない
   オオカミ少年天気

   メダカはメスが2匹いるんだけど
   ほぼ、毎日卵を抱えている
   対するオスは4匹
   お相手するのにちょうどいい数なんだろうか
   水槽のなかは
   もう、ラブラブな世界である

   閉じた空間の中で
   男女がいっしょに暮らすって
   そういう実験あったような
   アメリカかどっかだったね
   あれはどうなったんだろう
   
   最初は恋愛感情のない男女でも
   狭い空間に詰め込まれていたら
   いつしかなんらかの感情が湧くものなんだろうか

   ゴールデンタマリンとかいう猿は
   絶滅近いので保護されてるみたいで
   繁殖センターがあって
   そこで、オスとメスをペアにするんだけど
   誰でもいいわけじゃないんだよね
   最初に引き合わされたオスを邪険にするメス
   そりゃもう、激しく拒否、拒絶、そばにも寄らせない。
   2番目のオスにも、同じ態度かと思ったら
   これがびっくり、全然違う
   自らツツツツ・・・と近寄ってグルーミング
   ほぇ~~~~
   猿でも、いや猿だからなのか
   繁殖の相手はきっちり選んでいる

   どこがどう違うんだろう
   何処を見て感じて決めるのだろう
   なにが決め手なんだろう
   そのメスに訊いてみたい気持ちだった

   動物は一度相手を決めたら
   どちらかが死なない限り
   ずっと同じパートナーであり続けるんだろうか
   そうじゃないのもあるよね
   違う遺伝子を残していく必要あるもの

   動物にとっては
   異性の相手は繁殖のための存在なのかな
   ただその目的のためだけに
   相手を選ぶ
   単純明快
   相手を必要とする意味になんの疑問もない

   人間はどうなんだろう
   閉じられた空間のなかで
   繁殖だけのために相手を選ぶということに
   満足できる?
   イヤ、それよりも
   閉じられた空間に耐えられないかもしれない

   先の実験でどうなったのか
   始まる前よりも騒がれなかったのは
   ごく普通の結果しか出なかったからなのか
   あまりにもヒドイ結果が出たからなのか
   どっちなのかはわからないけれど
   永遠に檻の中の生活が続くのではないと
   はじめからわかっているのと、わからないのでは
   だいぶ、人の行動の選択が違ってくると思う

   いつかは必ず
   解放されるものなんだ
   どんなことからも
   それまで
   どう行動するか
   ただの野生動物じゃない限り
   考えて迷って悩んで生きていくんだろうなあ
 
   と、このままこの水槽で
   いつかは息絶えてしまうであろう
   メダカを見ながら
   ふと、思った。


   
   

   
   
09:16 | 日記 | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑
SFの世界だね | top | おこし太郎

コメント

# No title
今週の「SPA]という雑誌に鴻上さんという演出家の人のコラムに書いてありましが、ワークショップといって何人かの人が集って演劇的な体験をするらしいのですが、その一つに2人一組で、一人が後ろに倒れるのをもう一人が手で支えるというのがあるそうです。
支えられた方は、相手の手が心地よく感じたり、そうでなかったりするそうで、心地よく感じた手の人とはセックスの相性もいいんですよ。ということでした。
つまり、感覚的に適合、不適合が分かっているのですね。
ゴールデンタマリンも同じかも。
by: wataya.shinbe | 2004/07/30 09:28 | URL [編集] | page top↑
# No title
人は本能で生きている部分とそうでない部分があるし
人によってさまざまだから複雑になりますね
by: momoumesakura | 2004/07/30 11:00 | URL [編集] | page top↑
# No title
たしかに、職場結婚とかの場合、同じところにいる男女が仕事をしているうちに云々があるのでしょう。その場合はどうなのかは別にして、何かしら、本能的に感じるモノがあるのだと思います。
結構、それを忘れたりするんですよね。
私自身は、そんな職場でも不感症でした(爆)。
by: panchan1121 | 2004/07/30 12:35 | URL [編集] | page top↑
# No title
二者択一の世界なら私も選べるのかもしれない。
あぁ・・・あの猿に聞いてみたいわ~。
今・・しあわせなの?って。
by: over-the-sea | 2004/07/30 13:19 | URL [編集] | page top↑
# No title
シンベエさん、人間も、直感だけでシンプルに相手を選ぶことができたら、自分の判断に迷いが無かったら、面倒なことはないのかもしれないですね。そうもいかないところが難しいんでしょうね・・・
by: sofia_ss | 2004/07/30 15:07 | URL [編集] | page top↑
# No title
桃梅桜さん、複雑なものですねぇ
もっとシンプルになれないものかとも思います。
うちの母親がよく、私に「おまえみたいに簡単に割り切れないんだよ」と言ってました。
「よくそんなめんどくさい事やってられるね」これが私の答えでした 。
by: sofia_ss | 2004/07/30 15:13 | URL [編集] | page top↑
# No title
パンチャンさん、不感症じゃなくて、そういう人と出会わなかっただけでしょ^^
となると、お見合いというのはけっこう理にかなってるものなのかもしれないですね~
by: sofia_ss | 2004/07/30 15:18 | URL [編集] | page top↑
# No title
かおりさん、選択肢がたくさんあっても、答えは決まっているのだと思いますよ。猿には不幸も幸せもなく、苦痛か快楽かだけじゃないかな。幸せを感じるのは人間だけで、感じるために内面を磨くことも必要かと思います
by: sofia_ss | 2004/07/30 15:28 | URL [編集] | page top↑
# No title
さるだって、自分で選ぶ権利があるんだ~!!って思ってるかもしれませんよね。
自然の世界だと、やっぱり「種の保存」の本能で選ぶんでしょうね。そんなことをしないのは人間くらいか?
by: lisalisa9 | 2004/07/30 19:33 | URL [編集] | page top↑
# No title
人は一人で生きてゆくには余りも脆い (狩をする 農耕をする)一人で満足に生きてゆくには生まれてから多くの時間を必要としている。♂だけでは出来ない ♀だけでも出来ない力を合わせて始めて出来うる 地球と言う檻の中で一番脆いい生き物(A・T・C・G)のイタズラか? 神のなせる技か?
by: raudo | 2004/07/30 20:16 | URL [編集] | page top↑
# No title
りささん、人間もある程度本能で相手を選んでるようですよ^^
生理的に嫌いとかって、あるもん。
そうでなかったら、イイ男にみんなが群がって偏っちゃうかも・・・
by: sofia_ss | 2004/07/30 21:58 | URL [編集] | page top↑
# No title
ラウドさん、蟻やハチを見てると人間の世界みたいだな~って思うこともあり・・・
昆虫から見たら、人間が真似してるようになるのかな^^
by: sofia_ss | 2004/07/30 22:02 | URL [編集] | page top↑
# No title
こちらには、2000年に始まった夏の風物詩的テレビ番組があります。10数人の男女を閉ざされた空間で2ヶ月ちょっと生活させ、生活のすべてをCCTVと隠しカメラで放送するというもの。トイレにもカメラはついています。地上波では限られた時間の放送と、ダイジェストですが、衛星?では、ほぼ24時間で観ることができます。今では、欧州各国で夏に企画される人気番組です。私も何カ国か観たことありますが、お国柄とかもでてます。まぁ・・・、悪趣味ときわどい線をいく番組ですねー。でも、英国では、できたカップルの数って少ないです。毎年ひと組くらい。結婚したカップルはひと組。結婚したカップルは、閉じこめられる間は、ただのお友達だったんですよ。人には、本能の他に、相性とか、タイミングとか、色んなコトが左右しそうですね。ぁ、長くなりました・・・。
by: あきこ | 2004/07/31 15:59 | URL [編集] | page top↑
# No title
あきこさん、そんな番組があるんですか!
覗き見感覚なのかな~^^
タイミングとか、相性とかいろんなことがありますよねぇ
それを日本じゃ「縁」と呼ぶけど、外国ではなんていうんだろう?
運命の意味に近くなるのかしら
by: sofia_ss | 2004/07/31 18:37 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/1179-8c3e148c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。