スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

スクールカウンセラーの現場から




先日、PTAの主催で、スクールカウンセラーの方を招き
お話をしていただいた。
不登校、いじめ、自傷行為、拒食、過食、etc・・・
いろいろな問題を抱えた 子どもや大人と接してきた彼女の
その体験談を交えた話に 出席者一同、声もない。

人が成長していく上で 
家族との係わり合いが いかに大事なことか
印象的な言葉を 思い出しつつ、記してみる。

【親の役割】

出生~3歳  抱くこと
  
3歳~15歳  行動制限をすること

15歳~     子離れ

抱くことによって、親子間に基本的信頼が生まれる。
親に対して安心感を持つ子どもは、
その後の躾や、社会順応がスムーズにいきやすい
親は、身体で抱くことは無くなっても
子どものことを、こころの中で 一生抱き続けていく

行動制限をすることは、子どもに躾をすること、
外界との関わりのなかで、こころを育てていくこと。
この時期に、父親の存在が明らかになってくる
母と子の間にある、初めての邪魔者。
母子以外の人間が現れることによって
子どもは、あきらめることを 覚えていく
三者関係でバランスをとることを知る。
人間、あきらめが 肝心なのだ
家庭での 三者関係から、次第に幼稚園、学校などでの
集団生活へと移っていく。
この時期、あきらめることを覚えずにすごした子どもは
いくつになっても、満たされないと あきらめきれず
自分中心の考えに 陥る。

子離れは、子どもをひとり立ちさせるためには不可欠なことだが、
それまでの子どもが自我を育てている間は
子どもに、親の役目をさせないことが 大事である
親が、子どもに依存して、子どものほうがしっかりと
親のようにふるまうのは、あまり良くない。
その時点で、子どもの成長は止まってしまう
親ならば、子どもには「子どもはそんな心配しないでもいい」
と子ども扱いする必要がある。
親の役目をしてもらうのは、充分大人になってからでいい。

【こころの傷】

行動に問題がある子どもには、成長した記憶をさかのぼって
どこでズレが起きているのか 見つけていく。
問題行動の奥には、必ず「不安」や「孤独」が存在している
不登校、摂食障害、抜毛、盗癖、・・・問題行動は、その奥にあるものを
克服したいと自己治療している現われとも、いえる。
いきなり、その奥にふみこむことはかえって事態を悪くする
問題行動を改善させると同時に、ゆっくりと
こころを 開いてくれるまで、待つことが大事である。

いじめの場合は、いじめられた方だけでなく
いじめる方も同じように こころのケアをする必要がある
いじめる方は、心の奥に、問題を抱えている
それを 直さない限り、いじめをやめることは ない。

性的虐待、性的犯罪によって 受ける傷
これは 治療が難しい
これによって 受けた傷は深く、時間とともに薄れていくということはない
女の子をもつ親御さんは、くれぐれも気をつけて欲しい。


  親が子どもに与える安心感が いかに大切か
  いろいろな症例の子どもの 話を聞きながら
  あらためて、強く思う。
  3歳までに、抱きしめてあげることが大事という話に
  「もう、遅いか!」とあせったが、
  6歳~12歳の学童期は、比較的精神的に安定している時期であり
  この期間に、幼児期の問題の修正は充分間に合うとの話に、ちょっと安心。

  が、最近の調査で、一番感覚が鋭くなっているのが
  5年生だという話に、また ドキッ
  レトルトカレー 温めている場合じゃない・・・・・のだよ。 ソフィア・・・・・




15:39 | 子育て自分育て | comments (28) | trackbacks (0) | page top↑
ちょいと、疑問 | top | ひえ~っ

コメント

# No title
この話を読んで、親に感謝しました。
僕はまだ人の親になれそうもありません。
by: aqui | 2004/07/11 16:18 | URL [編集] | page top↑
# No title
ソフィアさん ありがとう。いい話載せてくれて。3歳までは、抱きしめて。叱ったこともたくさんあったけれど たぶん たぶんよ。抱きしめた数は、その比じゃない(*^。^*)
by: seirra | 2004/07/11 16:30 | URL [編集] | page top↑
# No title
凶悪犯罪者の家庭を調べてみると大抵、親の愛情を受けずに育ったことがわかっています。犯罪者すべてが親の愛情がなかったとは言えないでしょうけれど、少なくとも犯罪の陰に親の愛情のなさがありだそうです。
ある時期までは子供は親が充分に愛情を注がなければならない、これはよく言われていることで、その時期を過ぎるといくらがんばっても遅いのだそうです。よく生まれたての子供を保育所に預けて外に働きに出る母親がいますが、あれはよくないらしいです。そふぃも言っているように3歳まではひたすら抱いてあげること、しかも母親が重要な役目を果たします。
女性の社会進出が叫ばれて久しいですが、実は母親となった女性にはかなりしなければならない重要な役割が任されているようです。(独身の私がいっぱしのことを言ってしまいました。。。でも、前にいた幼稚園で学びました。子供は親の鏡ですね。)
by: hannah | 2004/07/11 16:45 | URL [編集] | page top↑
# No title
セーラさん、子どもからの信頼、安心感を感じる時は、うれしいですね^^
by: sofia_ss | 2004/07/11 18:05 | URL [編集] | page top↑
# No title
子供の躾、父親の存在・・・なるほど。今後、意識できそうだぜよ。貴重なお話、サンチュウでした。
by: tou-shun | 2004/07/11 18:08 | URL [編集] | page top↑
# No title
はんなさん、3歳神話とよく言われてますね。
これは、働きに出ることとは、ちょっと別物だと思いますよ^^
たとえ、家にいて赤ちゃんと24時間いっしょにいても、抱くことのない母親もいます。いっしょにいる時間に、どれだけ濃密に信頼感を築くことができるか、が問題だと思います。
安心感、信頼感があるからこそ、子どもは 保育園、幼稚園、学校などで親から離れてひとりになれるのだそうです。
by: sofia_ss | 2004/07/11 18:11 | URL [編集] | page top↑
# No title
桃春さん、子どもの恋敵になることです^^
うちの子は、もうあきらめちゃってますけど
by: sofia_ss | 2004/07/11 18:14 | URL [編集] | page top↑
# No title
アキさん、親ってのは不思議なものです。
私の母親の口癖は「親なんて、勝手なものだ」でした。充分、私たち子どものために尽くしている母親がこう言うのが、不思議でした。
で、自分が親になったら、やっぱり、勝手なものでした^^
by: sofia_ss | 2004/07/11 18:22 | URL [編集] | page top↑
# No title
う~~む。勉強勉強!!
子供が初めて保育園や幼稚園などに行く際、世界の終わりの様に無く子供、これは母や保護者の愛情を感じている証明でもあるので、心配しなくて良いと教えてもらってました。(泣かない子の方が心配らしい)。「愛情」って決まった形も重さも匂いも項目も無いもの、満ちてるとか、足りないとか、難し過ぎますね。大人にも子供にも。。。。。あ~勉強~。
by: buumi | 2004/07/11 23:05 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2004/07/12 06:01 | URL [編集] | page top↑
# No title
僕には、8歳の娘がいます。別居しています。つい数週間までパパ、パパとなついてくれていたのが、何かのきっかけで彼女が僕に対して心を閉ざしてしまいました。離婚や別居そのものが彼女にストレスを与えているのかもしれませんし、、難しい問題です。
by: wataya.shinbe | 2004/07/12 09:03 | URL [編集] | page top↑
# No title
ぶーみさん、子どもからサインが出るということは信頼感がある証拠だそうですよ^^
子どもらしく(その辺もいい加減だけど)していたら、うまくいってるんじゃないかな・・・って自己満足だけど、思ってます
by: sofia_ss | 2004/07/12 09:18 | URL [編集] | page top↑
# No title
鍵さん、そうですね^^伝えられると思いますよ
by: sofia_ss | 2004/07/12 09:19 | URL [編集] | page top↑
# No title
シンベエさん、娘と父親の関係は、何も無くても あるときからぎこちなくなることがあったりします。いっしょに暮らしていないと心配なことも多いかもしれませんね。子供のこころが見えないときは、寂しいものです
by: sofia_ss | 2004/07/12 09:22 | URL [編集] | page top↑
# No title
大人になるのは「あきらめること」を覚えていくことですよね

>子どもに、親の役目をさせないことが 大事である
これはちょっとショックです
考えを改めないとダメです
by: momoumesakura | 2004/07/12 11:24 | URL [編集] | page top↑
# No title
このpostを読みながら
「あぁ・・・夏休みをどう過ごそうか」と思ってしまう
今年は、5年生がほとんど1人で留守番になるの。
お兄ちゃんの部活に連れて行ってもらえたらなぁ・・・(無理)
by: jally_ys | 2004/07/12 11:42 | URL [編集] | page top↑
# No title
桃梅桜さん、年齢の割りに大きい依存の負担はかけない、、ということだと思います。子どもは健気ですから、期待にこたえようと無理してしまうかもしれません
by: sofia_ss | 2004/07/12 13:06 | URL [編集] | page top↑
# No title
じぇりーさん、お仕事してる人には、夏休みは難問ですね・・。学童は3年生までだし。
次男クンが長い時間いられる部活とかはないのかな・・この際、塾で、より賢くなってもらうとか^^
by: sofia_ss | 2004/07/12 13:10 | URL [編集] | page top↑
# No title
うむ。。なるほど。。
考えさせられますなぁ。
こういうことを直球で書く、ソフィアさんステキです。
レトルトカレー温めているソフィアさんもですが。(笑)
by: estudio_No9 | 2004/07/12 16:35 | URL [編集] | page top↑
# No title
エチュードさん、ありがとう^^
いろんな精神状態の症例を聞いたのですが、それは痛々しいものです。愛情が足りなくても、過度でもいけないのですね、難しいところです。
レトルトカレーみたいに手抜きしながら気長に子育てしていったほうが・・・ダメ? (+_+)
by: sofia_ss | 2004/07/12 21:47 | URL [編集] | page top↑
# No title
イタイ話をありがとうございます。
うちの長男は、朝に弱い夫婦を起こさず
自分で自分と妹の朝食を作って食べて
学校に行きます。

彼は小学5年生です。
by: yaritai-houdai | 2004/07/16 12:00 | URL [編集] | page top↑
# No title
yaritai-houdaiさん、こんにちは
この話がイタイと思っていただけて 良かったです^^
by: sofia_ss | 2004/07/16 17:13 | URL [編集] | page top↑
# No title
すみません。トラバでコメントの引用をさせていただきました。
本人には承諾のとりようもありませんが、このページだったので
そふぃあさんにだけでもことわっておこうかと・・・。
by: yaritai-houdai | 2004/07/17 01:54 | URL [編集] | page top↑
# No title
yaritaiさん、そちらにもコメントしましたが、コメントへのtrackbackができない以上は、自分の意見のみ書くのがマナーかと思います。引用というより、この方のコメントに対する記事だと思いました。
by: sofia_ss | 2004/07/17 08:44 | URL [編集] | page top↑
# No title
ご助言により修正しました。
すみませんでした。
by: yaritai-houdai | 2004/07/17 21:47 | URL [編集] | page top↑
# No title
yaritaiさん、ありがとう^^
by: sofia_ss | 2004/07/17 22:01 | URL [編集] | page top↑
# No title
なるほど。
他の方々のコメントも含めて、ものすご~く参考になりました。

と、真剣モードなのに下のユーモラスな動きが、私の心を捉えてやみません。

当たったら死んじゃうのに、何故そんなに楽しげなの?^^;
by: 98765421 | 2004/07/17 22:54 | URL [編集] | page top↑
# No title
98765421さん、エンドレスなんですよ、健気でしょ^^
by: sofia_ss | 2004/07/18 09:25 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/1130-1a27f8de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。