スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

外国人のお客様 2




英語は、中学、高校しか勉強していません
大学での専攻は 国語でした
とくに、ペラペラ話せるほうでもなく
値段をきかれて、いくらいくらと答えたり
サンキューベリーマッチ
これの繰り返しでした
たまに、配送などをたずねられると
外国へは、無理です・・・というのが多かったのです

その方は、土産物にしては大量に
高価な品物を欲しがっていらっしゃいました
当然、持ち帰ることはできません
配送の説明をしますが
それでも良い、とおっしゃいます
そして、これだけ買うのだから
値引きしてほしい、、、というのです。

お店では、最大で30%引きです
仕入れ単価が高く、6掛け(売値の60%の値段)で入ってきます
30%以上の値引きは
仕入れ値を割り、損になってしまうのです
社員割引でも、どれほどのお得意様でも
30%引きが 最大なのです。

その方は、25%引きを希望なさいました
外国のお客様は、最初、この値から交渉を始めます
はじめてのお客様に、30%に近い数字の値引きは
できないものです。
交渉するうちに、20%引きで落ち着きました

明日、取りに来るから用意していてほしい
かしこまりました。OK,サンキュー
その場はそれで、おさまりました

次の日、その方はやってきて
商品を確かめ、お支払いのときになると 
「35%引きだよね」
こう、言うではありませんか
ありえない数字です
昨日の彼女がそういっていた
・・・そこまで言うか、、です

反論したくても、言った言わないになります
お店の信用を考えると
その方の言い分を聞くしかありませんでした
とっとと、これ持って国に帰れ!
心の中では、こう叫んでいました。

このときの教訓、口約束はいけない
よほどのことが無い限り、前払い
そして、自分の英語力の無さを
ひしひしと 感じたのです

もっと、英語に堪能であったら
反論もできただろうし
相手の意図するところも
読み取れていたかもしれない
悔しくて、たまりませんでした。
そこで、安月給だったけど
ローン組んで、英会話学校に通いました

なんとか英検2級をとって
少しは、外国のお客様との会話を
楽しめるように なったのです

親のすねを かじっているときに
資格は 取るものだと
そのとき、しみじみ思いました







23:40 | 仕事の記憶 | comments (6) | trackbacks (0) | page top↑
7月 3日(土) | top | 外国人の お客様 1

コメント

# No title
それでも気がついて勉強したsofiaさんは偉いです。
社会に出てからじゃないと気がつかない時がありますよね。
by: aroma_tea | 2004/07/04 02:05 | URL [編集] | page top↑
# No title
英検2級…ちゃんと使えているsofiaさんはすごいです。
とったのはもう何年も前ですが、全然役に立ってません。嗚呼。
by: suemaru0420 | 2004/07/04 11:29 | URL [編集] | page top↑
# No title
aromaさん、そうそう^^だから、学生さんには
今のうちに、たくさん勉強しておきなさい、、って言っています
「今しかできないことが他にあるはずだ」って学校に通うことを疑問に思ってる人もいるかもしれないけれど、自分のお金をかけることなく勉強できるのは、その時しかない、それだけは確かなことですものね 。
by: sofia_ss | 2004/07/04 16:14 | URL [編集] | page top↑
# No title
スエさん、この話はもう十数年前のことでして・・
今ではペーパードライバーと同じです (+_+)
by: sofia_ss | 2004/07/04 16:16 | URL [編集] | page top↑
# No title
そふぃ、これは言った言わなかったの問題ではないと思います。外国人の中には嘘と知りながらそれをあたかも約束してもらったように主張し、とことん押しまくる人たけっこういるのです。日本ではこういうことは考えられませんが、1歩外へ出ればこれは起こって当たり前くらいに覚えておかれた方がいいでしょう。このお客さんはたぶん、簡単にだませる日本人の性質を知っていたに違いありません。
英語ができるとかできないの問題ではなく、要は、なるべくずるしてだまして勝ち取るすっげー生きる知恵なんです。必要なのはたとえば3割引きだったら、相手が何を言おうが絶対譲らないこと。きちんとしたレシートがなければ絶対信用しないこと。またレシートがある場合でも、簡単に相手の言ったことに呑まれないことです。
こちらでは、たとえ相手がそれを言ったとして「貴方、そう言ったでしょ」と押してみても、「覚えてません」「そんなこと言いませんでした」とやり返されるのがオチです。いくら涙で訴えても「言った覚えはありませんよ」を繰り返すだけです。
by: hannah | 2004/07/04 16:26 | URL [編集] | page top↑
# No title
はんなさん、それ以来、口約束はしないようにし、支払いも前払いでしてもらうようにしましたよ^^
ときどき、「ホテルの部屋まで届けて欲しい」なんて言う外国の方もいらっしゃいましたね。行きませんって!
by: sofia_ss | 2004/07/04 22:59 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://sofiass.blog118.fc2.com/tb.php/1105-3ded1730
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。