流れ星 つたえて

「トラバでボケましょう 2008 夏~秋 レベル10」お題発表ッス!

早いものでもう10回目ですか。
相変わらずのボケなしですが^^





「恋文」(ラヴレター) ッス!!!








手紙書くわ
彼女の声がまだ耳に残っている。
手紙だなんてまた古風な
彼女らしいじゃないか
僕らをよく知る同僚が笑う。
メールが主流になったのはもう何十年も前だ
文字を正確に美しく書ける人は少なくなった。
彼女の手紙を読んでいると
涼やかな声が心のなかで響いてくる。
僕は彼女の手紙を待った。

何百光年の旅をして
僕達は辺境の星に着いた。
僕は彼女の手紙を待った。
母船が何年かに一度地球を往復してくれる。
そのときに彼女からの手紙を携えてきてくれるはずだった。
だが彼女からの手紙は
いつまでたっても届かなかった。

心変わりは人の常だからね
僕がため息をついていると
同僚が慰めてくれる。
彼女が心変わりをしたなんて
思いたくなかったが
だが
手紙が来ないのは事実だった。

僕は彼女の手紙を待った。
そして月日は瞬く間に流れた。
手紙書くわ
そう言った彼女の声はもうだいぶ記憶から薄れてきてたけれど
それでも
僕は諦め切れなかった。
そしてある日
とうとう、ついに
彼女から手紙がきた。

「愛しいあなた」

書き出しを読んで。僕の手が震える。

「愛しいあなた
あなたが空の遠くにいってしまってから
もう、どれだけの時間がたったかしら。
忘れなさいとみんなが言う。
でも、私は忘れる事はできない。
あなたに会いたいという想いは
毎日毎日強くなるばかりです。」

忘れなさいって?
随分じゃないか
僕は思わず苦笑する。
僕らの気持ちは距離を超えている。
現にこうして、僕は彼女の手紙を読んでいるのだし。

「流れ星を見るたび
あなたを思い出します。
あの日、元気に旅立ったあなたが
もう二度と帰ってこないなんて
信じられない。
あの流れ星はあなたの命をのせて
どこかへ流れていくのかもしれないわね。」

・・・・
え?
僕は顔をあげて周囲を見回す。
さっき、手紙を渡してくれた同僚の姿は
どこにも見えなかった。
静かな宇宙ステーション
太陽電池で永久に回転し続ける。
僕は音の無い世界に立っていた。
ひとりで。
そして 鮮やかに記憶が蘇ってくる。


警告音のなか
船長の怒号が響く
絶望的な叫び
回避できません!
それが僕の最期の言葉だった。

流星群にぶつかって
僕らの船は沈んだ。
僕は
宇宙の闇のなかを漂う塵のひとつになった。

「愛しいあなた」

彼女の手紙の美しい文字が乱れる。

「もうすぐ
あなたのそばにいくわ。
毎日、ベッドで横になったまま空を見ています。
でも心配しないで。
苦しくはないから。
もう随分長い間
このときを待っていました。
あなたは私がわかるかしら。」


僕はずっと彼女の手紙を待っていた。
だが本当にこの手紙が読まれるのを待っていたのは
彼女だった。
ずっと長い間
彼女は待っていてくれたのだ。

「    」

僕の名前を呼ぶ声が聞こえる。
何度も何度も。
愛しいあなた、、、
きみの手紙が宇宙でさまよっている僕の
散り散りになった魂をよびあつめている。
磁石に吸い寄せられるように
幾筋もの流れ星が集まって
僕の心はひとつになってゆく。

愛しいきみ

僕は手紙を抱きしめる。
そして きみを 抱きしめる。
ようやく。
きみの笑顔を 抱きしめる。



■□■□■□■□■□【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■□
【ルール】
参加:
 お題の記事に対してトラバしてボケて下さい。
 締切りは1つのお題に対し30トラバつく、もしくは10月31(金)夜中まで
 1つのお題に対しては1IDにつき1トラバ(1ネタ)とします。
 お題が変われば何度でも参加OKです。

チャンプ:
 お題を出した人が独断で審査しチャンプ(大賞)を決めます。
 チャンプになったら王様です。以下の特典と栄誉が行使できます。
  1.お題を出す
  2.言いたい放題な審査をする
  3.次のチャンプを決める
 何か困ったことがありましたら開催事務局までどうぞ。

企画終了条件:
 みんなが飽きるまで、もしくは開催事務局が終了宣言を告知した時です。

参加条件
 特になし!
 ※ 以下あれば尚可!!
 ブログをもっている。あるいはこれから作成する。
 トラックバック機能が使える。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元     毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
 開催事務局  ボケトラの穴     http://trana88.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


21:14 | トラバはぁる | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

流れ星 つたえて


「トラバでボケましょう 2008 夏~秋 レベル10」お題発表ッス!


早いものでもう10回目ですか。
相変わらずのボケなしですが^^





「恋文」(ラヴレター) ッス!!!







手紙書くわ
彼女の声がまだ耳に残っている。
手紙だなんてまた古風な
彼女らしいじゃないか
僕らをよく知る同僚が笑う。
メールが主流になったのはもう何十年も前だ
文字を正確に美しく書ける人は少なくなった。
彼女の手紙を読んでいると
涼やかな声が心のなかで響いてくる。
僕は彼女の手紙を待った。

何百光年の旅をして
僕達は辺境の星に着いた。
僕は彼女の手紙を待った。
母船が何年かに一度地球を往復してくれる。
そのときに彼女からの手紙を携えてきてくれるはずだった。
だが彼女からの手紙は
いつまでたっても届かなかった。

心変わりは人の常だからね
僕がため息をついていると
同僚が慰めてくれる。
彼女が心変わりをしたなんて
思いたくなかったが
だが
手紙が来ないのは事実だった。

僕は彼女の手紙を待った。
そして月日は瞬く間に流れた。
手紙書くわ
そう言った彼女の声はもうだいぶ記憶から薄れてきてたけれど
それでも
僕は諦め切れなかった。
そしてある日
とうとう、ついに
彼女から手紙がきた。

「愛しいあなた」

書き出しを読んで。僕の手が震える。

「愛しいあなた
あなたが空の遠くにいってしまってから
もう、どれだけの時間がたったかしら。
忘れなさいとみんなが言う。
でも、私は忘れる事はできない。
あなたに会いたいという想いは
毎日毎日強くなるばかりです。」

忘れなさいって?
随分じゃないか
僕は思わず苦笑する。
僕らの気持ちは距離を超えている。
現にこうして、僕は彼女の手紙を読んでいるのだし。

「流れ星を見るたび
あなたを思い出します。
あの日、元気に旅立ったあなたが
もう二度と帰ってこないなんて
信じられない。
あの流れ星はあなたの命をのせて
どこかへ流れていくのかもしれないわね。」

・・・・
え?
僕は顔をあげて周囲を見回す。
さっき、手紙を渡してくれた同僚の姿は
どこにも見えなかった。
静かな宇宙ステーション
太陽電池で永久に回転し続ける。
僕は音の無い世界に立っていた。
ひとりで。
そして 鮮やかに記憶が蘇ってくる。


警告音のなか
船長の怒号が響く
絶望的な叫び
回避できません!
それが僕の最期の言葉だった。

流星群にぶつかって
僕らの船は沈んだ。
僕は
宇宙の闇のなかを漂う塵のひとつになった。

「愛しいあなた」

彼女の手紙の美しい文字が乱れる。

「もうすぐ
あなたのそばにいくわ。
毎日、ベッドで横になったまま空を見ています。
でも心配しないで。
苦しくはないから。
もう随分長い間
このときを待っていました。
あなたは私がわかるかしら。」


僕はずっと彼女の手紙を待っていた。
だが本当にこの手紙が読まれるのを待っていたのは
彼女だった。
ずっと長い間
彼女は待っていてくれたのだ。

「    」

僕の名前を呼ぶ声が聞こえる。
何度も何度も。
愛しいあなた、、、
きみの手紙が宇宙でさまよっている僕の
散り散りになった魂をよびあつめている。
磁石に吸い寄せられるように
幾筋もの流れ星が集まって
僕の心はひとつになってゆく。

愛しいきみ

僕は手紙を抱きしめる。
そして きみを 抱きしめる。
ようやく。
きみの笑顔を 抱きしめる。



■□■□■□■□■□【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■□
【ルール】
参加:
 お題の記事に対してトラバしてボケて下さい。
 締切りは1つのお題に対し30トラバつく、もしくは10月31(金)夜中まで
 1つのお題に対しては1IDにつき1トラバ(1ネタ)とします。
 お題が変われば何度でも参加OKです。

チャンプ:
 お題を出した人が独断で審査しチャンプ(大賞)を決めます。
 チャンプになったら王様です。以下の特典と栄誉が行使できます。
  1.お題を出す
  2.言いたい放題な審査をする
  3.次のチャンプを決める
 何か困ったことがありましたら開催事務局までどうぞ。

企画終了条件:
 みんなが飽きるまで、もしくは開催事務局が終了宣言を告知した時です。

参加条件
 特になし!
 ※ 以下あれば尚可!!
 ブログをもっている。あるいはこれから作成する。
 トラックバック機能が使える。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元     毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
 開催事務局  ボケトラの穴     http://trana88.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




21:07 | トラバはぁる | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

芸術の秋なのだ

EN博2

エキブロブロガーの
エキブロブロガーによる
エキブロブロガー(もちそれ以外の人たちも)のための
EN博!!


いきまっせ~~~~
22:52 | 伝えたいな | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

刻印

うっかりチャンプになってしまった時の対処法
トラバでボケましょう 2008 レベル9 お題




連休ってことで、いつもより長編になっております^^
しかもボケなし。うー






現代の医療では治せない病気(不治の病)にかかっております。
どんな病気?






その子に会ったのは
まだ医者になって日が浅い頃だった。
母親に連れられて診察室に入ってきた女の子は
ニコニコと愛らしい笑みを浮かべていた。
「こんにちは」
椅子に腰掛けると弾けるような声で挨拶。
「元気良いね。今日はどうしたの?」
私の質問に、困ったように母親を見上げる。
見ると、同じように母親も困ったような顔をしていた。
「あの・・・」
「はい。どうしました?」
「見ていただきたいのは、指なんですが」
「指ですか」
女の子はもみじのような手を広げた。
思わず息を呑む。
女の子の両手の指先のすべてに
何かの印のような傷がついていた。

母親の話によると
傷がつき始めたのは、何時頃かはわからないが、だいぶ前かららしい。
気がついたときはすでに数本の指に傷がついていた。
長い間気がつかなかったのは
女の子が痛がらなかったからだと言う。
「痛みを感じない体質なのかもしれないですね」
「そうではないようなんですよ」
普通にどこかにぶつけたり転んだりすると痛いようだし
指先だけが無痛というワケではなく
「ドアにうっかり指をはさんだときはものすごく痛がって」
そのときは病院に行き、治療してもらったが
その傷はこんな風に残ってない、と不思議がる。
ということはこの傷は、痛みのない傷なのか。

よく見ていてあげてください。
母親にそう言うしかなかった。
「いつ、どんなときにどんな風に傷がつくのか
この子のことをよく見ていてあげてください。」
母親は深くお辞儀をして出て行った。
女の子は微笑みながらバイバイをしてくれた。



「先生。私、医者になろうと思うんです」
「医者に?」
目の前の少女は真直ぐに私を見つめている。
バイバイをしてくれた時と同じように
彼女の指先にはいくつもの傷。
指先だけではなく、手のひらにも手首にも腕にも
いくつもの傷がついている。
傷の大きさはさまざまだが
なぜか形は皆同じようで、紋章のようにも見える。
「医者になるって。君の体がもたないと思うけど」
私は率直に言う。
「・・・そうですよね。小さな傷ならなんとか大丈夫なんですが」
彼女は目を伏せてため息をついた。
「きみの傷の怖いところはね」
私は彼女の傷を診ながらつぶやく。また増えてる。
「きみのしたことが結果どうなるかわかんないところなんだよね」
「・・・・」
「きみのしたことがその場で即、反映されるわけじゃない。」
「・・・・はい」
「いつ、どうなるかわからない」


初めての診察以降も、女の子の傷は止まることなく増えていった。
母親は注意深く観察していたが
まったく何もしていないのに
突然、手に傷が湧きあがるようにできたり
傷ができたときの状況になにも共通するところがなかったりで
「わからないのです。どうして傷ができるのか」
診察におとずれるたびに困惑した様子で訴えた。
原因も対処法もわからないまま
同じ事が続いて数年たったある日
あわてて二人が駆け込んできた。
「先生!みてください!こんなに傷が・・・!!」
女の子の服をめくりあげて母親が叫ぶ。
「これは・・・」
白い背中に大きな傷がついている。
彼女が息をするたびに傷は盛り上がり、
ぱっくりと割れた肉から血が滲み出る。
さすがにこの傷は痛いらしく、彼女は顔をしかめて呻いた。
「どうしたんですか?」
「何も・・・何もしてはいないのです」
「何か変わったことは?なんでもいいです」
手早く処置をしていく。
「変わったこと・・。最近、学校でお年寄りとの交流をしていて」
「昨日、老人ホームに遊びに行きました」
そこで何かあったのかと言えば、傷に結びつく事はなく
「病気で寝ている方と楽しくお話をしてきただけなんですけど」
処置をしながら私は驚いて手を止める。
傷が自然にふさがってゆくではないか。
土のなかにもぐりこむ獣のように、傷は盛り上がった肉のなかに埋もれた。
見慣れた紋章が背中に残される。
「大丈夫。もう、痛くないわ」
彼女は冷たい汗をまだ浮かべたまま、青白い顔で微笑んだ。

翌日に彼女の母親から電話があった。
「老人ホームからお知らせがありました」
母親の声が少し震えている。
「娘が話してきたというお年寄りの方が
容態が急変してお亡くなりになったということなんですが・・」
「そうなんですか」
「はい。それが、亡くなられた時間が、
どうもあの子の背中に傷ができた時間と同じようなんです」
「・・・・・・」
「亡くなる直前、その方は何度も、娘と過ごしたことを思い出されて
とても幸せな時間だった、ありがとう、と言ってたらしくて」
もしかしたら、と
母親はゆっくりと話し出した。
ずっと引っかかっていたのですが。

「あの子は「ありがとう」と感謝されるたびに
傷がついてゆくのでしょうか。」


科学的な理論とか説明できる原因や根拠はない。
だが、長年ずっと不思議な傷を見てきて
それもあり得ることだと思った。
それからは、傷ができるたびに
何か善行があったのではないかと調べてみると
その場で感謝されてできる傷もあったり
時間がたって結果的に相手にとって幸せな出来事となり
感謝されることがあったりした。
大きな傷はそれだけ相手が深く幸せを感じているときのようだった。
他人を幸せにするたびに
自分は傷がついてゆく。
「自分の体を犠牲にして誰かを幸せにしてるということなのかしら」
彼女は新しい傷が増えるたびに
しみじみと傷を見つめながらつぶやくのだった。


「先生、お元気ですか?」
あの日、医者になろうと思うんです、と語った彼女は
願い通り、医者になって日々忙しくしている。
「ああ。変わりないよ。きみはどうだい?体は?」
「うーん。相変わらずです」
携帯電話から聞こえる声は
診察室に初めて来たときと同じ明るさのままだ。
医者になって彼女が傷だらけになるかと思ったのだが
予想は見事にはずれたようだった。
ときどき、大きな傷ができることはあるようだけど。
「こちらが良かれと思っていることも
相手にとっては幸せではないということもあるみたいです」
少し寂しげに言う。
「まあ、しかたないよ。
幸せかどうかは誰かが決めるのではなく
自分が決めることなんだから」
「そうですね・・。先生、私最近思うんですよ」

今まで自分の体を犠牲にしてきたと思ってたんですが
そうではなくて、この傷は
誰かを幸せにした証拠のしるしなんじゃないかって。
このしるしを見てると、自分が生きていて良かった、と
感じる事があるんです。
自分が誰かのために犠牲になっているのではなく
その誰かのために、私は生かされているのかもしれないですね。

そうだな、と
携帯電話を切って、私も思う。
そして、自分の気持ちを必死に抑える。
今はなんとか彼女を傷つけずにすんでいるようだ。
だがたぶん
自分が最期をむかえるときは
彼女に大きな傷を残す事になるだろう。
心から言うだろうから。

きみに会えてよかった。ありがとう、と。



■□■□■□■□■□【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■□
【ルール】
参加:
 お題の記事に対してトラバしてボケて下さい。
 締切りは1つのお題に対し30トラバつく、もしくは次の金曜日夜中まで
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)とします。
 お題が変われば何度でも参加OKです。

チャンプ:
 お題を出した人が独断で審査しチャンプ(大賞)を決めます。
 チャンプになったら王様です。以下の特典と栄誉が行使できます。
  1.お題を出す
  2.言いたい放題な審査をする
  3.次のチャンプを決める
 何か困ったことがありましたら開催事務局までどうぞ。

企画終了条件:
 みんなが飽きるまで、もしくは開催事務局が終了宣言を告知した時です。

参加条件
 特になし!
 ※ 以下あれば尚可!!
 ブログをもっている。あるいはこれから作成する。
 トラックバック機能が使える。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元     毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
 開催事務局  ボケトラの穴     http://trana88.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


明日からまた仕事頑張ります。
18:24 | トラバはぁる | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑

ビシっと

http://www.brownmush.net/~syachi/dou/


直球




続きを読む
23:00 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑