脱獄は夜


「脱獄不可能」と呼ばれる警戒厳重な刑務所。

その牢獄に長年繋がれている謎の人物の正体とは!?



ついにトラボケも第10回、最後になってしまいました。

相変わらずボケができないワタクシですが

「そのままの路線で」 というお言葉に甘えて

2006年の最後まで、このままいっちゃいます♪





「お先に」

目で合図する俺に、アイツは軽くうなずいた。

後ろで重い扉が閉まる。

何年ぶりかの塀の外。

俺ははるかに高い塀を見上げる。

その上の青い空を見上げる。

自由だ。

このまま、塀の中のことは忘れてしまっても構わないじゃないか

そんな気持ちにさえなる。

だが、俺たちは約束していた。

アイツの脱獄を、手助けしてやらねば。


お互い、銀行強盗をやって服役していた縁だった。

俺の何倍もアイツの刑は長い。

「お前と組んでたら、人殺しせずにうまくやってたかもしれないな」

「アンタと組んでたら、もっと大きな仕事ができたかもしれない」

俺たちは、顔を合わせるたびに、そんな話をしていた。

俺の刑期が残り半年になった頃から

どちらからともなく、「脱獄」の話が出るようになっていた。


問題は、俺たちがぶちこまれた刑務所が

「脱獄不可能」といわれる刑務所だったことだ。

今まで、誰一人としてその刑務所から脱獄したモノはいない。

「不思議だぜ」

アイツはいつも同じことを言った。

「この刑務所よりも、警備が厳重な刑務所はたくさんある」

「確かにナ」

「いや、むしろここは警備が手薄だといってもいい」

「うむ」

「このぐらいの警備なら、脱獄するのは、たやすいはずだぜ」

「ああ。なのに・・」

「誰も、逃げ出せたものはいない」

どう考えても、脱獄不可能といわれる理由がわからなかった。


不思議といえば、もうひとつ。

独房に長い間、ひとりの男がつながれているのだが

どんな奴で、なんの罪で服役してるのか

なぜ、長い間、ずっと独房にいるのか

詳しいことを知っているものは、誰もいなかった。

時折、看守にきいてみるのだが

皆、首を横に振るばかり。


一度、俺はその男に食事を持っていったコトがある。

男の横顔をチラリと見たが、青白いやせた感じで

首に、太い鉄の首輪をしていた。

その首輪には、鎖がついているようだった。

男は、鎖につながれて、独房に閉じ込められていたのだ。

「脱獄不可能なのは、その男だけなんじゃねえのか?」

アイツが笑いながら言った。

そうかもしれなかった。



脱獄の手筈は、何度も念入りに打ち合わせていた。

差し入れに、脱獄に必要なものをしのばせてアイツに渡すことも

簡単にうまくいった。あまりにもうまくコトが運びすぎる。

本当に、脱獄不可能な刑務所なのか?

それはただの噂にすぎなかったのか。

俺の疑問とは関係なく、時間はすぎてゆき

何回目かのアイツとの面会で

ついに、決行の日が決まった。

「今夜、たのむ」

アイツは俺に合図をおくった。

わかった、俺は軽くうなずいた。

本当に脱獄不可能な刑務所なのかどうか

そいつは今夜、ハッキリとわかるわけだ。

俺は塀の外に出て、晴れて澄み渡る青空を見上げた。

今夜は、月明かりだけで十分かもしれない。


塀の上の鉄条網が切れ掛かっている箇所の近くに

俺は静かに車を止めた。

アイツがうまく牢獄を抜けて、ここから出てきたら

車で逃げることになっていた。

時間だ。


「た、助けてくれ!!!」

アイツの叫ぶ声が近づいてくる。

走ってくるアイツの後ろから

何かが追いかけてきている。

犬の足音? だが、この刑務所に番犬はいないはずだ。

「引っ張りあげてくれ!早く!早く!!」

俺は車の屋根に上がり、塀を覗き込んだ。

アイツが塀の途中まで上がり、手を伸ばしている。

その後ろに追いついてきたもの

俺は、目を疑った。

それは、独房のあの男だった!


男はアイツの喉に噛み付いた。

大きな牙が、アイツの喉にのめりこみ

アイツの目からたちまちのうちに

光が消えていった。

息絶えたアイツからクチをはなし、

グルルル、低く唸りながら男は俺を見上げた。

返り血を浴びたその首に

太い鉄の首輪がはめられている。

俺は息を呑んだまま固まっていた。


はるか後ろから、看守たちが走ってきていた。

その足音に、我に返った。

車にとび乗り、急発進させる。

「あの男が・・・あの男が脱獄不可能な『ワケ』だったんだ」

手薄な警備。

厳重な独房。

だが、夜は。

夜の男を見たものはいない。

夜、あの男は放たれるのだ。

そして、脱獄者には

現世の自由ではなく、違う切符を渡す。


俺は走った。

狼の遠吠えをふり切るように。





■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
16:31 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ブログすごろく全行程

06. あの時私は若かった


12.気になって気になって仕方のないこと


13.お酒の話


14.友達の話なんだけどね


18.この国に行ってみたい


26.○○が私の人生を変えました


27.1コマ進む


28.青春の汗と涙


31.不思議体験談


37.私、こう見えても○○が得意なんです


40.好きな音楽の話


45.今日の晩ご飯!(写真UP)


48.○○がなくては生きていけない!


50.すごろくで答えにくい(答えにくかった)お題は? ( by ikkyuu_as_cousakuさん)


54.王様をお題に創作話


63.愛を感じたこと


71.30年後の未来予想


76.ビー玉をテーマに創作話


81.好きな漫画の話


84.もしも、1ヶ月間休みがもらえたら

90.10コマ戻る


80.2日休み(休み明けはフリーお題)


87.家の本棚を晒せ(写真UP)

92.修学旅行の思ひ出


99.2日休み(休み明けはフリーお題)


95.今まで一度もブログに書いた事のない話


13:24 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

チャーリーのチョコ

cho


通販で買った Wonka のチョコが届いたよ!

チャーリーのチョコレート工場、ウォンカのチョコ。

うは~~~♪


6枚入りで3000円。お値段もいいけど、ボリュームあります。

お話と同様、5枚の当たり券、ゴールデンチケットが入ってます。当たってるかな・・・ドキドキ・・・・




cho     cho


まずは、ハズレ。

新しく袋を開けるたびに、楽しみもありますね^^

外国製のチョコらしい、甘くて重い味。


cho    cho


なかに、キャラメルクリームみたいな感じで、トロっと・・・

私は2粒ほどでおなかいっぱい。

夜、ダンナが1粒つまんで、濃厚な味に

「これ、最後まで食べきれるの?」 と。

「それ、もうすでに2つ目を開けたんだけど」

「なに!・・もう2つ目・・・?」

「うちの子供たちの食欲を見くびらないでほしいもんだ」

もっとチビチビ食べなさいよ、、ったくも~~ (`ε´)



07:00 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

いじめ・自殺・おもうこと

世の中の人間がすべて善人でない限り

いじめは、無くならない。


人を選ぶ私立学校ならともかく

公立学校でいじめをゼロにするのは不可能だと思う。

問題は、いじめが起きたとき

それをどうするか、なのだ。


うちの息子は他人のことにすぐ首を突っ込む性格で

それが嫌われ、いじめられるということがよくあった。

彼は学校での出来事は一切親には言わないので

私の得た情報は周囲からチラホラと聞こえてくるものだけだったけれど。

幼稚園の頃、近所の子供たちと遊んでいて

「公園に行こうよ」 と誘う息子に

「先に行ってろよ」 とひとりの子供が言い

「じゃ、後から来てね」 と念を押した息子に

「わかったから、早く行けよ」 と行かせて

息子の姿が見えなくなったとき、子供たちは

「誰が行くか、バーカ」 と、反対方向に走り去った。

それを一部始終、ベランダから、私は見ていた。

それとなく、子供たちの母親にそのことを伝えると

「うちの子、そういうとこ、あるのよね」とサラっと答えた母親。

これはもう何を言っても無駄だと、それ以上は何も言わなかった。


息子がいじめにあっても何事もなく成長してこれたのは

首を突っ込む彼のことを「おせっかい」と感じる子がいた一方で

「親切だ」と感じてくれた子がいて、その子らと付き合ってこれたからだと思う。

友人は多くはないが、孤独ではなかった。

担任の教師にも恵まれた。

一時期、学校の習字の道具や上履きが隠される出来事があり

「先生に言ったの?」ときいてみると

「言ったけど、先生は知りません、って」

という担任にも当たったが、幸い、一年で異動になり

その後は、いじめは許さない、という姿勢の教師に受け持たれた。


いじめの定義とは

「 自分より弱いものに対して、一方的に 

身体的、心理的な攻撃を継続的に加え

相手が深刻な苦痛を感じているもの 」

一人の子供を長期的に攻撃することが、いじめなのだ。

だから、いじめの芽を見つけたら

早いうちにそれを抜き取ってしまうことが重要で

教師はその役目を担っている。 はずである。



いじめによる自殺が続いている。

今日の読売新聞の社説を読んで少し失望した。

いじめを無くすことが必要なのは明らかだけど

マスコミの責任はないのだろうか。

テレビのニュースでは、今日はあちらで自殺、こちらで自殺

学校が悪い、教育委員会が悪い

鬼の首を取ったかのような追及ばかりで

自殺を防止するような啓蒙は見受けられない。

言い方は悪いが

「煽ってるんじゃないか」 と思ったりもする。

事実を報道するのは当然のことで

それが悪いということではない。

相手が影響を受けやすい子供だということを

もっと自覚してほしいと思う。


いじめからの緊急避難として

登校拒否もある。

転校もある。

いじめを克服した学校もある。

成功例の取材はないのか。

有益な情報を与えずに

自殺だけを延々と伝える報道はいかがなものか。



大事にしてほしいのだ。

自分も、他人も。

親として、無力感を味わうことほど

つらいものはない。





03:03 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ペタ

アメブロの新機能、「ペタ」。

mixiの「足あと」みたいなもん。

違うのは、自動的につくんじゃなくて、自分でつけていくとこ。

コメントするまでもないけど

見たことを残したいってことかな?


自分のブログにひきこみたい商売中心のブログの人は

たぶん、つけまくるだろうな。

もちろん、受け付けない設定もできる。


ペタをつけることができるのは

アメーバIDの人だけ。

私には要らない機能かもね^^


それにしても、基本設定が「TB拒否」なのは

なんとかしてほしい。

こっちは最初の「ブログ情報設定」で

TBを受け付ける設定にしてるのに

基本設定が優先だもの。

いちいち、「TB受けつける」に直さなくちゃならない。

不便だ!

絶対、おかしい。



23:53 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

見ているだけで幸せ

 
女子カメラ
LOCUS


book

写真に夢中な女性の特集。
あの方も載っています^^
魅力的な写真満載。
とても素敵な本です。


13:11 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

雨のいちにち


学校行事で今年一番の大きなものがようやく終わり
打ち上げ、盛り上がる。

いろいろ、あれもこれもやりたいことはあるだろうし
自分の思い通りにはならないだろけど
ひとりでやるのではないのだから
諦めるところとこだわるところの
メリハリがなければ・・・と思う。

それができないのであれば
すべて、ひとりでやり抜くしかない。
効率は悪いが、自分の納得したものはできるだろう。

クチばっかりで何もしてない人の言うことは
結局、カタチにはならない。
本当にそれを成し遂げたいのなら
行動あるのみ、なのだ。

てなことを考えながら
酒を飲み交わす。
任せる度量と
背負う強靭さ
それを持ち合わせる人の下なら、
チームは動きやすいものなんだ。

PTAに限らず、いろんな組織にも言えることかな


05:59 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

好きな漫画の話 (アニメ編)

やっぱり、「ルパン三世」、それもファーストシリーズでしょ。
子供なのに、あのクールでお洒落な世界が大好きだった。
最近のはちょっと・・・。
だんだん軽く、お馬鹿になっていくルパンを見るのは耐えられない。
不二子ちゃんがただのお色気女になっていくのも・・・
バップ
LUPIN THE THIRD first tv. DVD-BOX

一番好きな話は、ルパンが銭形につかまって死刑になるまでの話。

逃げようと思えば逃げられるのに、最後の最後での逆転を狙うルパン。

美学だなぁ。 何でもいいってわけじゃないとこが、たまらん。

ちなみに私は次元大好き少女であった。

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ルパン三世 - カリオストロの城

宮崎アニメのルパンも好き。

黒のシャツに黄色いネクタイ、青錆色のジャケ

ルパンの服はこの色でなくちゃね・・・

テレビ放送されたシリーズにも、宮崎監督編のがあって

この前ケーブルTVで見たのだけど。

感想は保留、ということで(^^ゞ



ジェネオン エンタテインメント
妖怪人間ベム vol.1

妖怪人間ベム。

「早く人間になりたい!」 と言いながら

人間よりもよっぽど人間らしい心を持っていたベムたち。

怖いもの大好きだったんで、ホントにたまりません。

いつも冷静なベムが好きでしたが

考えてみると、「ルパン三世」の次元といい

小林清さんの声が好きなのかも。


ジェネオン エンタテインメント
黄金バット DVD-BOX PART.1

怖いもの好きでもうひとつ。

黄金バットは一言も喋らないで、やられそうなときも「ハハハハハ!」と笑ってばかり。

それがすごく怖かった。

主人公の女の子がピンチになると

「コウモリさん、コウモリさん」

と助けを呼ぶ。すると、コウモリと一緒に黄金バットが登場。

今だったらありえないネーミングかも。

この頃は、金属バットは無かったもの。


バンダイビジュアル
機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】

ガンダムはこの後いろんなシリーズができたみたいだけど

私にとってガンダムは最初のこれだけ。

当時はビデオ録画なんて無かったから

テレビの画面をカメラで撮った。

それぐらい好きでした^^

なんで彼らは木馬って言ってるの?

なんてことにもまったく説明はない。

そんな、「習うより慣れろ」的な話の展開がすごく新しかった。


ハピネット・ピクチャーズ
幽☆遊☆白書 DVD-BOX 霊界探偵誕生編

これも欠かさず見た!

今もカラオケでは必ずこのアニメの歌を歌ってます。

妖狐鞍馬がお気に入り。

綺麗で強いっていいね。


あれ・・

なんだか男子っぽいものばかり選んでしまった。

男子といえば

私の友人で、「俺、これで大泣きした」というのがコレ。


ジェネオン エンタテインメント
昆虫物語みなしごハッチ セレクション1

たしかに、泣けます。

最後にママと出会えるところなんか

滝涙になります・・。


さらに、うちのダンナが大泣きしたというのがコレ。


バンダイビジュアル
フランダースの犬(1)

これも泣けます。

たしかに。

そういえば、私が大泣きしたアニメってあるかなぁ。

大泣きではないけど、いつもじわ~~っと泣いてるのが

ありました。


東映
おジャ魔女どれみ(1)

これ、子供向けのアニメかと思われるかもしれませんが

いいお話がたくさんあります。

友達同士の思いやりとか優しさとか

いじめの話とか、人のマイナスな面もきちんと拾ってて

魔法=都合いい じゃなく、

決して夢物語だけで終わってないのが素敵。


あー。また長くなった・・・・

漫画の話は尽きない。

次回は、いよいよ少年漫画編です。 (ホントかよ!






13:35 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

末っ子語録

【その1】

真ん中 「○ちゃんってね、少し見えるらしいよ」
私    「ほほ~。霊感あるんだ?」
真ん中 「うん。畑に黄色い服を着た人が立ってるのが見えるって言ってた」

末っ子 「それは霊感じゃなくて、視力がいいだけだよ」

          ・・・・・すごく納得。


【その2】

真ん中 「○ちゃんって大きいよね~」
末っ子 「50kgあるらしいよ」
真ん中 「うそー!私より重い」

末っ子 「うちのクラスのデブ4トリオ教えてあげようか?」

       4人なら、トリオじゃなくて四天王になるのですぞ^^





14:54 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

今日の新聞

2004年12月3日


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20061106it15.htm


男の子が減っている。

環境の変化のせいなんだろうか。


独身男性が増えているような気がするのは

錯覚だったのか・・・



11:14 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

99.2日休み(休み明けはフリーお題)

すごろくを始めてはや1ヶ月。

年内ゴールできそうだ!

最後のお題はフリーお題。 ラストは、これ。


95.今まで一度もブログに書いた事のない話



以前書いた記事をコピペしてアップしない限りは

ブログの話題というものは、いつも

新しい、一度も書いたことのない話になるはず。

だから、このお題は楽勝♪だと思ってました。


このお題を最後に選べてよかった。

すごろく終了を機会に

少し更新が減っていくと思いますので。


というのも、今月からパートに出る事になったのです。


末っ子も落ち着いてきたし

私の体調も回復してきて

PTAの大きな仕事も、もうすぐ終わる

タイミングがよいので、先月から仕事を探してました。


で、上手い具合に仕事が見つかりました。

今月の下旬から始動。

ただいま、研修中です。


というわけで、更新頻度はガタ減りになりそうな予感。

でも、ブログをやめるわけではないので

これからも、どうぞよろしくデス☆



■□■□■□■□■【ブログすごろくテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 投稿した記事のURLの下一桁をサイコロの目として進めていきます。
 前回の記事にTBして進めて行って下さい。
 100マスのすごろく盤を何日でクリア出来るか?!

 企画終了条件は
 100マスクリア出来るか、自分自身でドロップアウトした時です。
 詳しい企画内容や参加表明はこちらの記事から
 http://earll73.exblog.jp/4415044
 随時参加OKです。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

92.修学旅行の思ひ出


ブログすごろくメモ〆


12:43 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

晴れて佳日

中学校の周年記念行事があった。
今年は、中学校と小学校に周年記念行事があって
どちらも役員だという人は忙しい年になっている。
私は小学校の記念事業実行委員のひとり。
小学校の周年記念式典は、来週末にある。
終わるまで落ち着かない日々だ・・・・

中学校の式典には、出席できるかどうか微妙だったが
スケジュールがハッキリしたので
一足早く記念式典を行う中学校の現場に
来賓ではなく、ひとりの保護者として潜入(?)することにした。

朝、まだパジャマ姿で 洗濯だ、食器洗いだとやってたら
電話が。
これから出かける忙しいときに何じゃ!と思ったら
中学生の娘からだった。
「お母さん?制服忘れちゃったから、持ってきて」
なにー!!
「まだ支度してないから、すぐにはいけないよ」
自転車で15分はかかるって。
今日は式典、制服がないからジャージでってわけにはいかない。
しかも、彼女、吹奏楽の演奏もあるし。
「式の始まる20分前でいいって。持ってきてね」

それまでやってた作業は中断
化粧して服着て(式典だからそれなりの服)
自転車とばして、30分前に到着。
玄関に娘が待っていた。
まったく、大事な日に制服を忘れるとは・・・
ホっとした表情の娘。
私は早く来すぎだよ。
結局、中学校のPTA役員さんといっしょに
玄関前で、来賓の方のお出迎え。

本番は来週。
今日はとても、参考になりました。



06:22 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑