ネットの罠

戸塚 滝登
コンピュータが連れてきた子どもたち―ネットの世界でいま何が起こっているのか

長崎佐世保事件から2年。

あのとき、教育現場ではネットの危険性についてずいぶん語られていました。

今はどうでしょう?

PCを使った授業は確かにまだ続いています。

しかし、教える教師の力量は相変わらずだし、

ネットは「調べ物」の便利な道具のひとつになりつつあるように見えます。

「お母さん、林間学校に行く先のこと、ネットで調べてきなさいって先生が言ってた」

「だから?」

「PC,使っていいでしょう?」

「PCの無い子はどうすればいいの?」

「だって、うちはあるからいいじゃない」

「学校の図書館やうちにある旅行のガイドブックでわからなかったら、使ってもいいよ」

先日交わされた我が家の会話です。



この本の著者は、学校でのコンピューター教育のパイオニアの一人。

子供にネットは必要か?という疑問に

子供の脳の発達過程や教育の効果を例にあげながら

わかりやすく語ってくれます。


「うちの子はメールやリブリーにはまっちゃって・・」

「この間、怖いことを言われたみたいなんです」

「なかなかPCの前から離れなくて・・」

懇談会でそんな話題になったことがありました。

「sofiaさんのところはどうですか?」ときかれ

「うちは小学生はネット禁止です」

そう答えると、一瞬、周りの方が絶句していました。

「ご家庭によっていろいろなんですね(^^ゞ」

担任の先生がそうフォローしてくださいました。


インターネットと子供

息子がブログを作った

本の覚書

08:39 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

笑って許して

みにうささん のところからtrackback。


「ウソは許せる?許せない? そしてあなたはウソをつけますか?」



悪意での騙しでは無い限り

嘘は許せます。


手品の種明かしをしないからって怒る人はいないでしょ。

そんな嘘ならかまわない。

知ろうと思えば知ることもできるけれど

それでは手品は面白くないことも皆は知っている。


相手への思いやりや優しさは

人それぞれに違うもの。

その人が思う優しい嘘を自分が望んでいなくても

それがベストだと思ってのことなら

受け入れるのもまた、優しさ。




直球勝負の私、嘘はつけないと思われているかも・・

いやいや、けっこう嘘はついています。

真実という直球は勝負どころだけ、かも。

だけど、良心の声に反する嘘はつけません。

自分がつかれて傷つく嘘は、他人にもつけやしない。

嘘で包まなければならない真実で誰かを傷つけるのと

自分の良心の声に逆らって自分が傷つくのと

どちらをとるかと言ったら

苦しい選択ですが、良心の声に従います。


でも、ぐうたらだから、たいていはそんな選択しないのです。

黙っていること、隠している事もたくさんあるし。

すべてオープンなのが最良とは、決して思ってない。

敢えて言わないということも騙しになるかしら。

嘘に耐えることができないのであれば

沈黙に耐えるしかない。

言うべき場面で一度呑み込んでしまったものは

そのまま永遠に黙っていること。

コレが私の、秘密事のルール。


嘘は許せますか?

許せる嘘はあります。

嘘はつけますか?

つける嘘もあります。


と、限りなく嘘をつかずに答えてみました^^


こんな私はけっこう鈍感なA型です。


○●○●○●○●○●○●○ 血液型TB第14弾 ○●○●○●○●○●○●

 あなたならどっち?

 第14弾  お題 
 「ウソは許せる?許せない?
 そしてあなたはウソをつけますか?」

 お題にそった記事を こちらまでTBして下さい。
 締め切りは7月9日(日)とします
 テンプレと一緒に 必ずあなたの血液型も 記入してください
 追記
 血液型公表したくない方、
 自分の血液型を知らない方は『自由型』での参加も可です 

 ※誰でも参加出来るように
   このテンプレを記事の最後にコピペしてください
 企画元 明日 晴れるといいな  

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


「ATMの機械の裏には、人がお札を数えているんでしょう?」

昨日、娘がマジ顔で訊いてきました。

確かに、私とダンナがそう教えました。

ATMの機械の裏に、人が小さくなって座ってて

お札を数えて出してくれるんだよ・・・って。

信じてたんだね、中学一年生。

「機械に一人ずつ人がついてたら、機械化の意味がないじゃないか」

息子が言うと、「がー!!・・・・両親にだまされたぁぁぁ」彼女は天を仰ぎました。

「うそつきっ」

なぜかこう言われて嬉しい私でありました。クローバー

07:25 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

リハビリテーション医療の打ち切りに反対する署名活動

yorunonijiさんから  trackback。


診療報酬の改定で、リハビリ医療は症状によってではなく

日数で打ち切られてしまうことになってしまいました。

先に問題になったPSE法にも言えますが、知らないところで

大事な法の改定が行われていますね・・。

猟奇的な事件ばかりを面白おかしく追うだけでなく

もっとメディアはこういうことを取り上げたほうが良いんじゃないかしら。


リハビリテーション医療の打ち切りに反対する署名活動 ?


↑ネット署名もできます。↑

6月26日の朝9時まで!


01:28 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

献血300回

script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=77961-1151023686-256-192   script_magicalmaker,http://www.magicalmaker.com/js/mm.js.php?upwh=77961-1151023891-261-278   

?アメブロの新機能、マジカルメーカーで 写真を加工してみた♪     

?



一年にできる献血回数は限られていて、最高で24回(成分献血)。


関東甲越地域血液センター  ←次回までの献血の間隔を調べることができます。


私は高校生のときに一度献血して貧血を起こして以来

一度もやってません。

そういう意味でも尊敬。

毎回献血できる体だということにも、尊敬。


デートの最中に、献血ルームが近くでせっかくだから、って

さっさと献血に行っちゃったことは

今でも、サイテーだと思ってるけど^^




07:25 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

梅雨だから占ってみる

panchan1121さんからtrackback。


カバラ数秘術 (性格占い)



【誕生数 5】


知的好奇心が強く、聡明で博識な人です。この世界は観察の対象だと感じていて

何よりも知識を重視し、様々な理論を組み立て思考の世界に生きる学者タイプです。


興味を持つと徹底的にその対象を知り尽くすマニアックな人で、役に立つ情報から

役に立たないトリビアまで何でも知りたがり、コレクションのように雑学をためこみます。

どんな情報でも役に立つ可能性はあるし宝物のように情報を扱い、情報への執着心が強いです。


勉強好きで本の虫になる人が多く、話術も得意で説得力があり、文字に強いので

活字を操り作家のような才能を発揮したりもします。目に見える物質世界よりも

ロジックで構築された仮想空間を好み、情報交換のために生まれたインターネットは

誕生数 5の人の世界そのものとも言えます。


水を得た魚のようなものですね^^


逆に物質世界には淡白で執着心が弱く見た目はとても冷静です。

衝動的にならないので思考が乱れづらく、緊張して度忘れすることも滅多になく、

危機的状況にも強く、淡々とその場をクリアし平然としています。

周囲を楽しませ人気者になったり一通り何でもこなし器用ですが、

その気にならないと気配を消せるほど無関心です。


でも内心は気性が激しく人の矛盾や強引さを嫌っていて、むちゃくちゃなことがあると

豊富な知識を使い革命的なことをやってのける場合もあります。

話し合いで解決する人なので力づくで迫られると反発心が強くなり、

信念を貫くためなら頑固になり、反対されるほど反発します。


ただ、体力に限界があり疲れやすいので無駄な労力は使いたがらず、

よほどのことがないと実行せず、あまり関わりたがりません。

5の人は自分の体を操る操縦者で、意識と体の一体感が弱いので

あまり露骨な感情表現はせず穏やかに見え、頭の回転が速いので

飄々としているようです。


>その気にならないと、気配を消せるほど無関心

まったくその通りなので思わず、ニヤリ^^


自由でプレッシャーのない環境を求めるので人に頼らず自立していて、

金銭面もしっかりしていて自分の権利に敏感です。シビアでキツイところもありますが

情に厚くとても優しいので、相談役となり人助けを好む博愛主義者でもあります。


繊細な感情を持っていますが、ロジックと感情は相反するものなので感情を封じ込めるタイプで

内面を知られることを恥ずかしがり、自分の感情に不器用になりがちでもあります。

素直になってしまえば一途でとても献身的ですが、人に見せたがらずサバサバしていて、

強がったり道化を演じます。


でも、あまり感情を封じ込めるとストレスが溜まったり内的混乱が発生するので

無理はしないほうがいいようです。ロジックを重視するあまりなかなか上手くいかず

分裂状態になりがちですが、5の人はロジックと感情を融合していける人で、

自愛に満ちています。


当たってますね~。(^^ゞ  無理しないでボーっとしてることにします。


◆誕生数 5の人◆

長嶋茂雄、三島由紀夫、ヘレン・ケラー、橋田寿賀子

久本雅美、藤井隆、磯野貴理子、宇多田ヒカル、伊集院光、野々村真、山口もえ






13:13 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

いいですか?

panchan1121 のところから、trackback。



言葉責め占い


sofiaさんは、 甘い言葉に酔うマゾ タイプです。


甘い言葉に酔うマゾのあなたは、好きなことに対しては異常な集中力を発揮します。けど、それ以外のことは全然ダメです。自己中心的な部分があり目立つのが大好きです。争いごとは嫌いなので、自分の意見を押しつけるようなことはしません。目立つ色が好きです。


恋愛について:熱しやすく冷めやすい傾向があります。特に努力をしていなくても不思議とモテます。恋愛中は相手を振り回す傾向があります。失恋すると落ち込みが激しいですが、次の恋が始まるとあっという間に立ち直ります。愛するよりは愛されたいタイプです。


sofiaさんの好きな言葉責めは: き、気持ちいいです・・
?
?気持ちいいって言われると、酔ってしまうのか?
私は、奉仕するのみ?そういうマゾなのだろうか・・・
09:13 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

箱入りムスコ

高校生になった息子の初めての三者面談。

担任の先生は、体育会系(柔道?)の豪放さと

経験豊富な繊細さを持ち合わせた方。

以下、先生からのお言葉。


「いまどき珍しい男の子ですね」

「よく言えば堅い、悪く言えば融通がきかない」

「マイペースなお子さんですね」

「気の利く子です。助かっています」

「それに、女子からモテないのもいい」


・・・?「モテないのがいいのですか?」

「ええ。くだらねぇ女に関わって悪くなったりしないでしょ」

ぶは^^

男にはありがちなのか・・

良いように捉えておきましょう。

07:08 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

昨日のサザエさん

ワカメの赤ん坊のころ の話に、思わず涙ぐんでしまった。(トシだなー)


ワカメが赤ん坊のころ、波平は仕事で忙しくて、

子供たちの起きている顔を見ることもできなかったらしい。

朝は子供たちがまだ寝ているときに出勤し

夜は子供たちが寝た後で帰宅。

ワカメは夜泣きをよくする赤ん坊だったとか。

ワカメが泣き出すと、波平は

子供と触れ合うことのない自分にとって

「こんな時間に起きて泣くとは、なんていい子なんだ」

そう言って、抱っこして町内をまわって歩いた。


いい父親だね。

こういう夫がそばにいると、子育てで頑張っている妻はホッとできる。


混んでいる電車のなかや、お店のなかなどで

子供や赤ん坊がグズリだしたり、泣き出したりしたとき

眉をひそめる周囲の大人たちを見ながら

私は、汗をかきまくっている母親の心境を案じる。

彼女らと目と目が合うと、私はニッコリと微笑む。

子供を静かに落ち着かせることができるのは最後には母親のチカラだけど

それをゆっくりと後押ししてあげてほしいなと思う。

みんな、赤ん坊だったのにね。

08:50 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

捩花

梅雨。

雨続きで庭に出ないでいると、いつのまにか雑草が生い茂って・・・

そのなかに、今年も見つけました。


ねじ花


今では珍しいのだそうです。

お店で、けっこういいお値段で売っていたような記憶も・・

荒れ放題のプランターのなかで、こそりと咲いてました。


hana


物言わぬ 雨音だけの昼下がり

しずくとなりて降りる階段

09:01 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

甘くないはず

?suemaru0420 さんのところから、trackback。



あなたはズバリ! 「アイスクリーム」 タイプ


流行を自分流にアレンジできるマイペース型

世間の流れに振り回されないマイペースが身上のあなた。といっても流行に疎いわけではなく、ひと工夫加えて流行を自分流にアレンジするのが上手なタイプです。他の素材を混ぜ合わせてもしっかりとその存在をアピールできるアイスクリームは、いつの時代も存在感を示すことのできる、あなたそのものといえるかもしれません。


2006年下半期の運勢

運気そのものは夏が過ぎるまで横ばい気味だけれど、体調は絶好調! ちょっとした運気の停滞も、あなたのパワーと実力で開運期に押し上げることも不可能ではありません。
9月に入れば運気も上昇気流に乗り、あなた自身の持ち味を生かして、各フィールドでの活躍が期待できるはず。テーマは「あなたらしさのアピール」。自分自身のアピールポイントをしっかりと把握しながら、周囲のリクエストに応えていくことでさらなる開運が期待できます。

秋の終わり頃から年末にかけては、運気は波乱含み。けれども、この反動をうまく利用できれば、大飛躍も期待できます。成功の鍵は逆転的発想。柔軟な姿勢を忘れず、相反するパワーをエネルギーに変換して新境地を開拓してみましょう。


2006年下半期の恋愛運

夏の終わり頃まで恋愛運と情熱パワーがシンクロしません。恋には前向きなのにパッとした出会いがないとか、ちょっと気になる人がいるけれど、ふたりの距離を縮めるきっかけに恵まれないなど……。けれども、9月の初旬に運命的な出会いがあるかも!この頃に出会うか、あるいは気になる人との急接近があれば、今後本命化していく可能性は90%以上。
10月以降の恋愛運はどちらかといえば相手任せ。この時期にシングルの人は恋に関する意欲もそれほど高くはないはず。逆に見初められたら相手はかなり運命的真剣モードでせまってくるので、どのくらいの距離を保つかはあなた次第。とりあえず、キープしておいて損はありません。ただし、相手が真剣なだけに不用意な対応はNGです。


2006年下半期の仕事運

8月下旬頃までは思うように仕事を進めていくことが難しい運気。どちらかといえば、注文に応じて消化していくことが主となるでしょう。心の中にはいろいろなプランがあるのに、それを実現できるきっかけが来ない感じです。しかし、9月になれば、未消化だったあなたのプランがある出来事をきっかけに一気に実現化していくことに。ここからはあなたが思うように、プロジェクトを進めていくことになるから、妥協せず強気で推し進めて吉。
秋の終わり頃から年末にかけては波乱含みの運勢になるので、仕事もしっかりモノにして大躍進したいところ。大きな成功の前ほど大きなハードルがあり、それを乗り越えていくパワーと意欲があれば、成功は必ず手に入ると言うことを忘れずに頑張って下さい。



・・・うむむ。9月から良くなるのですね。

頑張ります。

08:14 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

残像


http://www.johnsadowski.com/big_spanish_castle.html


↑ これ、すごい。 じっと黒い点を30秒見つめてから、点にカーソルを置くと


ホントはモノクロなのに、カラー写真で見える。しばらく見てると、色が消えてゆく。





08:39 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

末っ子とすごす休日

先週は、子供相撲大会で市の体育館へ。

3年連続で出場している末っ子だが

一回戦ですごく強い子にあたった。

団体戦に出場してて、男の子を押し出していた女の子。

それを見ていたものだから

組む前から、戦意喪失してちゃね(^^ゞ もちろん、あっさり押し出されて負け。


今日は、子供卓球大会で、同じ市の体育館へ。

なぎなたをしてたときは、毎週きてた体育館だけど

帰りに電話しようと受付に行ったら、公衆電話がなくなってて

外の公衆電話を使うように言われたり。

ほんの数ヶ月なのに、変化ってあるもんだね。


卓球大会は、普段からクラブでやってる子と

ピンポンしかできない子と、一目瞭然。

末っ子はついこの間、ラケットを買ったばかりで

サーブもろくにできない状態。そんな子のために

試合の前に、卓球教室があり、そこで練習したら

なかなか良いサーブをするようになった。

左利きなので、それも有利なのかも。

試合は、ひとつの卓球台に4人組で、総当たり戦。

一勝して、4人中3番目の成績だった。


週末、上の子達はそれぞれ部活などで休み返上。

だんだん、家族がそれぞれの休日をすごすようになるのだろう。

雨降りの外出は疲れる。

今夜は、カレーかスパ。


08:45 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ルーツ

オランダ帰りの raphie さんの旅行記  に

「私の父の方の先祖はオランダ人という説があります」 とコメントしたら

どうやらありえない事ではないようなお話し。

祖父の祖父(ひいひいじいちゃん?)がオランダ人だということで

raphie さんのところには、6代目です、って書いちゃったんだけど

考えてみたら、5代目でした。

出島から長崎市内へ入りだしたオランダ人のなかに

私の祖先がいるのでしょうか・・。

実は父方の家系についてはハッキリとした家系図もなく、

いろいろな親戚の憶測やうわさ話からしか、その姿を想像するしかないのです(^^ゞ



ときは大正末期か昭和のはじめ頃。

岩手県のとある港町に、フラリと現れたイケメン。

彼は船乗りで、あちらこちらを流浪していた。

船乗りとしての腕もさることながら

オランダ人の血を受け継ぐ彼は日本人離れした顔立ちで

田舎町の女たちは皆、夢中になった。

そのなかで彼を射止めた女性の家の婿養子に、彼は落ち着いたのである。

婿養子になり、名前が変わった彼。

それ以前のことは、謎のままになってしまった。


婿養子になり、幸せな家庭を築いたはずの彼だったが

北海道に船で仕事に来たことが

彼の運命を変えた。

そこで出会った、気性の激しい女性。

彼女と恋におちた彼は、妻と子供を捨て

新天地へと渡ったのであった。


その、気性の激しい女性が、父の母親であり

父には、腹違いの兄弟がいたのです。

そのことは父にとって、ずっと心の重石になっていたらしく

後年、母が異母兄弟と連絡をとることに成功して

和解へと話をすすめてくれたことに

父はとても感謝していました。

余談ですが、私はこの気性の激しい祖母に似ているらしいです^^


オランダ人との間にできた子供は

どういう風に成長し、祖父をどのように育てたのでしょう。

たぶん長崎から物語りは始まり

流れ流れて、岩手県、そして北海道にたどり着いたのでしょう。


うーん。朝の連ドラ一本できそうだ。

07:59 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

カムバック

末っ子が帰ってきた。

2泊3日、どんな時間だったのだろう。


しかし・・・

帰ったとたんに うるさくなる我が家。


まだまだ、静かな生活になるには 遠い・・・・







14:41 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

昼メロ

試験中、早帰りした子供たちが気に入ってた昼ドラ。


コレ。 ちらっと見たけど、面白い^^ これは、ビデオ録画してみてもいいかも。


そして、その後は、コチラ


これはねぇ、昼メロの王道いってます。

丁度見ていたときには、嫉妬に狂った主人公の女性が、

「今夜はフランス帰りのシェフが丹精こめて作ったカツですの♪」

と、彼に、カツレツを差し出すところでした。

彼がナイフを入れると、切れない。切っても切っても切れないので

ひっくり返してみると、それは肉じゃなくて、草履を揚げてあるゾーリカツだったのです。

「食べられるわよね?お食べなさい!」

ってな感じですよ。


かつて「真珠婦人」では、タワシコロッケが登場しましたが

それを彷彿とさせます・・。(脚本が同じ方でしたね)

濃いです。これは、頼まれても、ビデオ録画はしないわよ!です☆

15:05 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

なんだか違うのだ

末っ子が林間学校に出かけた。

2泊3日。

甘えん坊な彼女にとってはかなりの冒険。


「荷物が重い」

「ダンスができない」

「やっぱり行かないかな~・・」


なんて言ってたわりに、今朝6時半には

元気良く、「じゃあね~、行ってきまーす!」と出かけていった。


一人いないと、なんだか空気が違うよね。

静かーな夜。

16:06 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

大人の食べ方

マグロの刺身が大好きな末っ子。



「大きくなったらね~~

切れてないマグロの刺身を一本まんま、かじるの!」


 

                    ・・・・・後悔するかもしれないけど?^^



08:29 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑


【トラバでぼけましょう2006 第6回お題】

 
『 目の前に流れ星が差し出されました。  さて。 』





それはゆるゆると流れている風だった。

空気の色そのままに、陽炎のようにユラユラと立ち昇り

時折、光の欠片をチカリチカリと吐き出しながら。

「・・・・これは?」

僕はきいた。 目の前に差し出されたものは何なんだ?

「忘れたの?」

彼女は冷たい表情を崩さずにつぶやいた。

「あなたと私は何度も衝突し、合体を繰り返した」

「出会い始めたころだったね」

「まだお互いに成熟する前だった」

「混沌とした世界だった」

だから

「これは・・・・あなたと私の、愛の結晶じゃないの」


僕は結局それを受け取ることを拒否した。

そんなつもりじゃなかったんだよ、と言わなくても

彼女ならわかってくれそうな気がしたのだ。

僕らは互いに成長するために相手を利用しただけの関係だった。

僕は今では新しい命を抱え、美しい世界を作り始めている。

一方の彼女は、その冷たい美しさそのままに

僕よりも大きな世界を作り上げ、その引力に惹かれるものは後を絶たなかった。

貪欲な彼女が、なぜあれを独り占めしないのか

僕にはわからなかった。

「放つわ」

別れ際に、彼女が叫んだ。

「これは、誰のものでもない、放つわ!」


それから夢中で僕は僕の世界を作リ続けたが、ある日

ソラを見つめて、ふと気がついた。

ふたりの関係の果てにできたそれが

長い時間をかけて僕に近づいてきている。

彼女との距離を埋められなかった僕に向かって

それは、まるでブーメランのように

楕円軌道を描きながら、戻ってくるのだ。

彼女ははるか遠くでそれを黙ったまま見つめている。

それが僕を傷つけるのか、なにもせずに通り過ぎてゆくのか

彼女は任せきったまま、無言で見つめている。


その日は計算通りにやってきた。

僕と彼女の遺伝子を継ぐものは

僕のすぐ前を走っていた。

息を呑む。

彼は僕をチラリと見て、そしてニヤリと微笑んだ。

僕の怖れも彼女の恨みも知ったこっちゃ無い、と唇の端をあげて

彼は足を早めた。

そして、一足先にバスに飛び乗って、あっという間に去って行った。


駆け抜けてゆく流れ星のように。




■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




笑いはないの。ボケとらん・・汗

15:54 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

いちご

ichigo ???しばらく見ないうちに、

 こんなに大きな苺の実がなりました。

 ポッテリとした赤い実。

 涙粒のような?カタチ。

??特に肥料も水もやらず(雨の日が多かった)

 こんなに大きな実をつけてくれて


 おまえねぇ、ありがとうだよ。

 ぷちっともぎ取る前に

 お礼を言いました。

 お日様のあたたかさをいっぱいに浴びて

 苺は気持ち良さそうに微笑んでいました。


 その隣には、もっと大きくなるだろう別の実と

 これから実を結ぶであろう白い花と

 苺の鉢のなかで、次々にサイクルが動いていて


 その恩恵にあずかっている私たちは

 じっと待ち、感謝していただくだけ、なのです。

 苺は濃厚な香りと、野生の果物の酸っぱさで

 私を包んでくれました。





エキブロ新聞の後夜祭が終わりました。

遂に廃刊、です。

半年の間、応援してくださった皆様ありがとう。

つぎの企画は ありません。

次があったら、「廃刊」ではないからです。

休刊ではなく、廃刊を選んだのは、エキブロ新聞をあのままの姿で残したいという

「白雪姫」を守った7人の小人のような気持ちからです。


後夜祭は怒濤のように濃い時間をすごしました。

在庫記事はすべて放出、あたためていた特集企画は心残りのないよう

全部記事に作り上げ、とにかく、てんこ盛りの後夜祭。

もうこれ以上は何も出ませんよ、という感じです^^

腑抜け状態でしばらくはブログもできないかなぁ、なんて思ってたのですが

私に限っては、そんなこと無いようです。(^^ゞ


次にどうなるか、それはまだ誰にもわからない。

わからないけど、何かの拍子で石ころが転がって

それが次々に大きな石を転がしていくように

その発端の石ころの役目だけはできるかもしれない、と思っています。


アメブロが最近とても重いので

ここでの更新は進まないかもしれません。

新聞を通じてお知り合いになった皆様

これからもどうぞよろしく。

そして、もちろん、今までのブログ友の皆さんも

どうぞよろしく☆


hana





06:21 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑