スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

車庫で降りたい

こんな夢


昨日はポカポカと暖かく、春のようだった。

こうなると、なんだか気持ちが ほわわん、と緩んで

眠くなってきてしまう。


昼下がりに、買い物に出かけて帰り道、バスに乗った。

窓からお日様の光が差し込んでくる。

心なしか、バスの乗客も皆、ポワン、としているような穏やかな車内。


乗客は、私を含めて4、5人まだ残っていた。

終点の「○○車庫前」は次。

終点の停留所だから、当然降車ボタンを押す者はいない。

するとバスは、減速することなく、そのまんま、ブワ~~っと走っていくではないか。

「お、もしやこのまま??」

私の瞳がキラリ。 周りの乗客はポカンとしている。

「騒がないでくれ~。このまま、行かせてくれ~」

心のなかで祈る私。

バスは、終点の停留所を通りすぎた!


「あれ?」

運転手さんがつぶやいて、バスは止まってしまった。

停留所をずいぶん通り越して、もうあとちょっとで車庫だったのに・・・。

「いや、このまま車庫に行っても良かったんだけどね^^」

私はこう呟いて、バスを降りた。

あともう少しだったのになぁ。

春みたいな暖かさが成せる出来事、だったのかも。





スポンサーサイト
13:00 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

また記者やるよ

しつこいようですが、(もう何回目だろうか・・・)

私はアメブロでブログ書いてます。

でも、エキブロでも新聞記者として、ブログに携わっております。


日刊エキブロ新聞


2月期の新聞記者を只今募集中!

今回から20人集まらなくても、廃刊にはならないんですって。

廃刊にはならないだろうけど

少ない記者じゃ日刊新聞としては息が続きませぬ。

だってね、私とかあの方とかこの方とか、高齢(?)なんですから・・・


若くてピチピチしてるのが編集長だけだなんて、あんまりだわ (ごめんバントさん)

一緒にいかがですか?

引き続き、手取り足取りアレもコレも取って、優しくお教えいたします^^



02:24 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

オトナの香り

バレンタイン企画 【恋愛物語 ?】   からtrackback。






その夜 仕事の打ち合わせから帰ったママの身体から、いつもと違う香りがした。

普段なら 酒と煙草の匂いが漂ってくるはずなのに

私の横をすっと通りすぎたママから、それまで感じたことのない香りがした。

ママの香水とも違う、もっと爽やかで若々しい香り。

「今度一緒に仕事する人とはうまくいきそうな気がするわ」

手早く着替えながらママが言う。 

「礼儀正しくて、話も早い。頭がいいのね。仕事ができる人は大歓迎。」

「よっぽど気に入ったみたいね」 わたしは横目で答える。

ホントにいつもより饒舌になってるね、ママ。

「そうね」 ママはニコリと微笑んだ。


ママはその夜から綺麗になっていった。

仕事が順調にすすんでいるだけではないということは、わたしにもわかる。

だんだん、その人のことを話すことが増えてきたから。

彼のことをクチにするとき、ママの顔はママでなくなる。

友達のユミがバレンタインデーの相談をもちかけてきたときみたいに

とろりとした瞳になって、わたしのずっと後ろのほうを見ている。

どんなオトコなんだろう?

わたしの心のなかで、見たこともないその人の存在が 

いつの間にか大きくなっていく。


その人とは思いがけなく早く出会えた。

用があってママの仕事先をたずねると、そこに彼がいた。

「はじめまして、お母様から話は聞いていますよ」

優しく わたしの名前を呼ぶと、片手をすっと差し出す。

ふわりとあの夜の香りがして

わたしは握手しながら、ママの瞳を思い出した。

彼はわたしと握手しながら、わたしを透かして、ママを見ている。

「母がいつもお世話になっています」

自分でも声が冷たくなっているのがわかった。


ママがわたしをデパートの買い物に誘った。

「何を買うの?」

「バレンタインチョコレートよ。ほしいもの、ある?」

毎年の恒例行事。

仕事でお世話になっている人たちに、義理チョコを大量に買うので

わたしがいつもお供することになっている。

義理チョコのほかに、ママは大好物のウイスキーボンボンを自分用に買う。

でも、今年はちょっと違った。

たくさんの義理チョコを買い込んだ後、

ママは自分用のほかに もうひとつ、小さいけど手間のかかっていそうなチョコを買った。

「それって、あの人にあげるの?」

わたしが訊くと、ママはいたずらっぽく微笑んで 

「そう。お礼の気持ち」 と言った。


ママの仕事がひとつ片付いて、その人との縁が切れた。

それまで輝くように咲いていた花がしおれていくように、ママの顔から笑顔が消えていく。

「あの人の話、最近あまり聞かないね」 わたしは少し意地悪してみる。

「ああ、あの人ね・・・」 ママはわたしの顔を見ない。「今度、仕事で外国に行くんだって。」

「外国?戻ってくるんでしょ?」

「ううん」 ママは首を横に振った。 「帰ってこないわ。きっと」

出発は数日後。 その前日、ママは朝方まで帰ってこなかった。


その日、学校帰りのわたしの携帯電話が鳴った。

「もしもし」 一度だけ聞いた声がわたしの名前を呼ぶ。

「ああ、よかった。今、きみのママの携帯電話で話しているんだ」

ドキリ。心臓が大きく鳴った。

「ママがどうかしたんですか?」 

「いや。僕はこれから空港に行かなくちゃいけないんだけど」 ほんの少し、ためらう間があった。

「ママが僕の部屋に、電話を忘れてしまってね・・・」

「そうなんですか。・・・もう出かけるということは」

「うん。ちょっと届けられそうにない」

場所をきくと、結構近い。

思わず言葉が出た。

「じゃ、わたしが今から取りに行きます。間に合いますよね」

「・・・うん、間に合うよ。大丈夫」

間に合うよ、大丈夫。

わたしはその声を目指して駆け出していた。


その人の部屋のベルを鳴らすと、ドアが待ちかねたように開いた。

「あ、ありがとう。助かったよ」

わたしを見て、ほっとしたような笑顔の人。

息を整えてから、ペコリとお辞儀した。

「こちらこそ。母のためにすみません」

「これです。渡してください」

ママの携帯電話を手渡される。 

サヨナラ、、、そう言われているような気がした。

「あの・・・」 自分の声が遠くで聞こえるみたい。 「もう、帰ってこないんですか?」

「え? ああ、ママから聞いたの?」 

うなずくわたし。

「しばらくは戻らない予定だよ。ちょっと大きな仕事なんだ」

「あの・・・」

「ん?」

彼はわたしを見つめている。 じっと。 ママではなくて、わたしを。

言わなくちゃ。今。


「待っています。」 

・・・何言ってんだろう、わたし。 あわてて、付け足した。

「帰ってきたら、教えてください。」

彼はちょっと考えている。

そして ふっと、微笑んで言った。

「教えるよ。でも、そのときにはボクはおじいちゃんかもしれないな」

わたしは笑顔の彼の目をまっすぐに見つめて、矢を放つ。

「そのときには、わたし、ママに負けない大人の女性になってますから。」


すばやくお辞儀をして、玄関を出た。

後ろで彼が何か言ってたみたいだけど、もう振り返らなかった。



ママの部屋に携帯電話を置いたあと

わたしはこっそり、ママの机の引き出しを開けた。

彼女はいつもそこにお気に入りのウイスキーボンボンを隠し持っている。

ひとつ、艶やかなチョコをクチに入れて、ゆっくりと噛みしめる。

砂糖菓子が壊れる音がして、舌に広がる液体。

それは、喉を通り過ぎてゆくときに、チリチリと音をたてて

ほんの少しの間、痛みを残していく。

「・・・こんな感じよね」


わたしは目を閉じて

とけたチョコがついた指先を舐めてみる。

その香りを味わいながら

ほんのちょっと オトナになったみたい、

そう思った。





▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼【恋愛物語 ?】▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

      バレンタインに先駆けて手作りチョコを作る前に
      心の物語を書いてみませんか?

      ルールは『創作であること』
            『恋愛ものであること』だけです。
      書きたいことを書きたいように書いてください。

      期限は2月14日まで (テケトー)

      トラバ先:http://zoobee.exblog.jp/4028709/

      ※どなたでも参加いただけるようにこのテンプレ
       を文末にコピペしてください。

       企画元:移動動物園 http://zoobee.exblog.jp/
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△





07:47 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

謎の訪問者

エキサイトに残してきた引越し前のブログ


もう記事の更新はしていないので、訪問する人もそれほどはいません。

なのに・・・・

なぜに昨日はこんなに???


何かやらかしたかしら 


report  水曜日が116 になっちょります。



09:26 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

バザー準備

???????????????????????????????????? bazar ???? さて、これが何になるでしょうか・・・・



来月、バザーが行われます。

そのときに出品できるかどうか?手作り品の講習会をPTAで行いました。

裁縫が苦手な私には、こういう講習会は苦行なのですが・・・

参加人数が少ないときは、役員が駆り出されるわけです。

でもね、コレ、すっごく簡単でした!

私でもできました 



bazar   こんなふくろうの人形が完成♪  bazar


さらに、わりばしで作った額に飾ると、こんな風情のあるものに・・・・


道端で拾ってきた小枝をあしらっております。  bazar   



来月のバザーでようやく、PTA行事はおしまい。

4月新学期目指して、引継ぎと総会の準備を始めます。 

周年記念行事もあるし、なかなかヒマにはなりませんねぇ・・・。


                          

 



14:47 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

雪ふる日

昨日は雪が降った、降った!

北海道生まれの私には、久々の雪らしい雪でした。


朝6時半、中学校の電話連絡網がまわってきました。

土曜日だけど、授業参観があって、登校日です。

「授業は1時間遅らせます」

いつもは自転車通学ですが、さすがにこの日は徒歩。

27cmサイズのゴム長買ってて良かった。


     snow  末っ子は早速雪遊び。午前中はまだこの程度の雪でした。


午後は新入生保護者会。

さむ~~い体育館で眠気と戦いながら、説明を聞きます。

冬山遭難のごとく、「寝ちゃダメ!」と言い聞かせがら・・・時折筆記用具をポタリと落としたりして。


マンションの管理人さんの呼びかけで、住人が雪かき。

朝だけじゃ足りなくて、夕方再び行いました。

函館に居た頃は、冬の間、雪かきに明け暮れたものですが

関東に来て、楽しているんですね。



                  snow   snow


一夜明けても、まだ雪が残っています。

たまに降る雪だから、雪だるまも可愛いらしく見えるのかも。

豪雪地帯の方々のご苦労がしのばれます。


14:38 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

日々育つ

親の愛情というのはどんなものなんだろう?


一寸先の闇に気がついて

入り込まないように導くことなのか

入り込みそうになるまで子供の行きたいように行かせるのか

入り込んで痛い目に遭うのを見守るのか


親が子供を信じるというのは何を信じるのだろう?

子供の言葉を信じるのか

子供の選択を信じるのか

子供の持つチカラを信じるのか


束縛と愛情の紙一重で

親は子供を大切に思っている。


たとえどんな子供であろうと

親であることをやめるわけにはいかないし

子供を捨てるわけにはいかない


あなたのすべてそのままを

受け入れることが

わたしの親としての愛情だよ。



14:20 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

傷跡


私とダンナ、全然違う。

性格、趣味、嗜好、まるきり違う。

だけど、ひとつだけ同じことがある。

それは、出生時の体重。

ともに、4050g のデカイ赤ん坊だった。

そして、どちらの母親も難産だった。

私は産まれたとき、泣かなかったのでバシバシ叩かれたとかいうし

ダンナは、首が曲がっていたそうだ。


医学のことは詳しくないのでわからないのだが

それで産まれてすぐに、彼は首の筋を伸ばす手術をしたらしい。

そのときの手術跡が、首にうっすらと残っている。

結婚前デートしているときに、「そういえばここに跡が」と教えてくれたのは一度だけで、

私も別段気にしてなかった。


先日、私たちの産まれたときの様子を子供たちが知りたがったときに

「そういえば、お父さんは産まれてすぐに、手術したんだよ」と言うと

「えー、どこ?どこ手術したの?」

「傷、残っているの?」 大盛り上がりである。

「首の右側に手術の跡があるから、見てごらん」と、私。

一斉にダンナに群がる子供たち。

「違うよ、左側だよ」 と、ダンナが訂正すると、一生懸命に傷跡を探している。

「・・・ないよ?」

「ない。どこ?」

3人がジロジロ眺めても、傷跡らしいものは無いようだ。

「え?もう消えちゃったのかな」

私が首の右側を見ると、うっすらと縫合の跡が残っていた。

「ほら、あるじゃない」

「ホントだー」

「だって、お父さん、左側だって言ったじゃない」


忘れているのだよね。

20年前までは、首のどこにあるか覚えてたのだけど

今では、それはすっかり忘れられてしまっている。


傷跡は完全に消えず残るけど

長い時間をかけて

忘れることは できるものなのかもしれない。



04:03 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

初詣


珍しく、松の内に初詣をしてきました。

いつもは1月もおしまいの頃、人出もそろそろ落ち着いたでしょう、

という頃に のこのこと出かけて行くのですが

今年は寒いせいか、人出もそれほどではない感じだったので

浅草へ参りました。                       


                       asakusa


曇天で、寒いサムイ。

案の定、いつもの休日より、人が少ない感じです。


             asakusa   asakusa


お線香の煙のところに、息子の頭を突っ込んでみました。

というのは冗談ですが、「頭よくなれ~~」と言いながら、煙をかけてやりましたよ。

私は、もちろん全身に煙を浴び、「スタイルよくなれ~」「ボンキュッボン~」です。

それから、いつものコースで おせんべい、きびだんご、人形焼き・・・と続きます。


寒くて、甘酒を飲みました。後姿で写っているのが、息子です。  asakusa


それにしても、浅草寺のおみくじって、「凶」が多いですね。

私も今までに、何回も 「凶」を引きました。

で、今回のおみくじの結果は・・・・


                asakusa  ジャーン!!!


こんなのってアリなんでしょうか。4人引いて、3人が「凶」です。

しかも、受験生が「凶」です。

唯一、「小吉」なのは、ワタクシです^^

ようやく今年、「凶」を引かずにすみました。

こうして、浅草寺を後にしたのですが、あら。合格祈願を忘れてました。

まったく、この息子にしてこの親あり、ですね。(逆か?)


帰りは駅の近くの銭湯で、露天風呂に浸かりました。

寒くて凍えた体も温まって、極楽♪(写真はありません(^^ゞ)


明日から学校が始まります。

ようやく、静かな毎日が戻って・・・くるかな?

私の本業(?)PTA活動も開始です。

今日は早速電話&FAXが続きました。

気合入れて、まいります。




14:36 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ようこそ後輩

しつこいようですが、私のブログは、アメブロです。

だけど

元カレを忘れられないみたいに

エキブロに浸かっているのです。


日刊エキブロ新聞


この新聞の記者を12月中、つとめていました。

で、1月も、記者を続けることに決めました。


ご一緒にいかがですか?

今なら、先輩としてワタクシが、やさし~~く

手取り足取りアレもコレも取って教えてさしあげます☆


詳しい内容は、こちら  まで。

Excite のブログだけあって、毎日excitingですよ^^


14:38 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

お雑煮

ウチ雑煮オレ餅EXPO2006   ?から、trackback。

      おせち       おせち

これが、我が家の雑煮です。
シンプルですなぁ。
関東風になるのかしら・・・
鶏肉、たけのこ、かまぼこ、そして餅(焼いてます)
私は三つ葉が好きなので、たっぷりとかけてますが
家族はみんな三つ葉が苦手なので、ほうれん草をのせてあります。
おせちというか、正月料理は元旦だけで
2日の昼には、ラーメンという通常営業です・・・。
北海道の実家から送ってもらった鮭やタラコ、昆布巻きなどの
海の幸は、あまりにも美味しいので、暮れに全部食べてしまいました。
宵越しに旨いものは残さない、などと言いつつ。

今夜は、茶碗蒸しと残り物です・・・。 
                            
                    
???????????????????????????????????????????????????????食べるの早くて写真撮る時間が・・・??? おせち
      
06:14 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

伝えるということ

?????????????????????????????????????????????????????? 新年


新しい年をむかえました。

皆様、今年もよろしくお願いいたします。


スペイン語を習い始めて、もう5年になろうとしています。

ですが、一向にペラペラと話すことができません。

週に一度の教室通いが、子供の学校の用事などで思うようにいかないということもありますが

やはり、勉強不足なのです。もっと語彙を増やさなければ・・・。

外国語をいざ話そうとするとき、「うっ」と言葉に詰まってしまうことがあります。

先生は、「もっと簡単な言葉に言い換えなさい」と、教えてくれました。


「そんなことが無くも無い」という日本語は言えても、外国語では、うまく話せない。

だけど、意味をよく考えてみれば

「そんなことが無くも無い」→「そういうこともある」→「それもあり」・・と

簡単な言い回しに変えることができる。

微妙なニュアンスは伝わらないけれど、言いたいことは伝わるわけです。

なるほど、私は日本語では43歳だけど、

スペイン語では5歳の言い回しで良いのだな、と ちょっと納得しました。  


子供が小さいとき、裏返しになっている下着をうまくひっくり返せないで、

そのまま着てしまうことがよくありました。

「ちゃんと直して着なさいよ」 そう何度も言っても、そのまま着てしまいます。

あるとき、友人宅で、同じような場面に出合いました。

彼女は、その下着を持って、自分の子供に

「この真ん中のところから手を入れて、はしっこを持ったら、こっちに引っ張り出すのよ」

そう教えていました。 そのとき、私はハっとしました。

教えなければ、わからない。 言わなければ、伝わらない。

私は、子供に伝えるべき言葉を、惜しんでいました。


教えるということは、伝えるということ。

伝えるということは、相手にわかる言葉を選ぶということ。


ブログを始めて、今年は2周年をむかえます。

これからも私の想いを、ここに載せていこうと思っています。

どうぞ、よろしく。

15:08 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

こっそり

?????????????????????????????????????????????? sofia_ss


実は、カゲで参加中。

trackbackはしないけど。

ワンコ年ですから^^



08:13 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。