スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

コープス・ブライド を観た


今日は、お祭りの振り替え休日。

娘2人と、映画を見に行きました。

「チャーリーとチョコレート工場」にしようよ、という母親の提案は

「前に映画になった、『チョコレート工場の秘密』 を観てるから、いらん」 と

あっさりと却下され・・・・

「コープス・ブライド」 を、観に行くことになりました。

監督がティム・バートン、声の出演が ジョニー・ディップ、ヘレナ・ボナム=カーターと

「チャーリーとチョコレート工場」と同じなのです。


この選択は、真ん中の娘の強い希望でして

彼女は、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」 がとてもお気に入り。

ちょっと見、キモ面白い人形たちが綺麗に踊ってくれます。

生きてる世界がモノクロに近くて、死後の世界が色鮮やかなのが、対照的。

大人でも、たぶん、楽しめます。

(こころが子供に近い方におすすめ^^)

とても、美しい映画です。


平日でガラガラな映画館に、同じ小学校の友人親子を発見。

さすが、振り休だなぁ。

「良い映画だったね」

「うん。面白かった」

「それに、今日はさ」

「うん?」

「ハロウィンだしね♪」

ああ、そうでした。 死者が、蘇るのを見るのに、ちょうど良い日でした。


コープス・ブライド




スポンサーサイト
13:51 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

祭りの後


ようやく、お祭りが終わりました。

お天気が悪かったのですが、雨の日用にたてた計画に従って開催。

スムーズに行われ、盛況でした。

しかし、さすがに疲れました~。


私は俳句・短歌を作るコーナー担当になったので、比較的楽でしたが

ほかの遊びのコーナーが大盛況で、その熱気に先生方も驚かれた様子でした。


PTA  pta


pta    これがどうなったか、といいますと・・・・・



くるくると巻いて、パーツをつけて、「くるくるマスコット」 になりました♪



       まつり ?? まつり


詳しいお祭りの話は、PTAブログに載せてあります。

興味のある方は、どうぞ☆



14:23 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

研究いたします

いつもあなたと笑っていられる自分でいるために  ririkoさんのところからtrackback


大江戸前世占い



~あなたの前世は 「医学者」 です~


◆足跡&人物像


研究熱心な理想主義者。自分の信念があり、それに基づいて生活しています。前世が、生命の現象の探求と理想的な疾病の治療、予防に関する研究を重ねる医学者だった影響が、現世でも強く、その信念の基本はあなたが描く理想。理想が高く、その理想に近づくための勉強や研究はとても一生懸命で少し凝り性なのかも。プライドも高く、自分の感性に絶対の自信を持っているので、周りが驚くほどの根気と粘り強さを発揮します。ただ、そのぶん、自分にとってどうでもいいようなことには、まったく無関心。競争意識もなく、いつも自由にふるまってしまい、社会では少し「気難しい人」として扱いにくがられやすくなってしまうのかも。



◆人間関係


理想を追い求める反面、平凡で変わり映えしない淡々とした毎日の時間を愛することができるので、意外に人づき合いはスムーズ。自分の理想を持って誰にも影響されないあなたの態度は、逆に信頼度が高くなるようです。たとえばトラブルが起きた場合には、お互いの意見をじっくり聞いてうまい具合に調停することができます。



りがちな 恋~


●恋愛傾向


自分の理想を持って生きているあなたは、当然、恋愛にも理想を求め、常に冷静で落ち着きがあり、前世で熱心に医学を勉強していたように、現世でも、しっかり相手を観察して、自分の理想に合うかどうか判断した上で人を好きになるようです。そのため、恋のドキドキやソワソワ感、期待と不安などはあまり感じないのかも。でも、恋愛のペースはじっくりゆっくりでも、一度ハマるとどこまでも情熱的になるので、つき合い出したら長いはず。恋愛に理想を求めるぶん、どうしても打算的になりがちでボロボロに傷つくような大失敗などないでしょう。


こんな人に惹かれがち


相手に自分の理想を求めるので、どこにでもいるような人よりステイタスのある人、和める人よりスケールの大きい人、というように理想に近い相手に乗り換えていく傾向があるようです。また、恋人とは適度な距離を置いて尊重し合えるつき合い方を好むので、恋以外の目的を持って生きている人に好意を寄せるはず。


?●恋愛パターン


つかみどころのない研究熱心なタイプのあなたは、好きになっても自分から告白することは少なく、相手に告白させようと巧みに仕掛けていくでしょう。ただ、異性からのアプローチに対しては少し鈍感なところがあるかも。



鈍感って、よく言われてました (^^ゞ

ちなみに、だんなとの相性を占ってみますと

相性度は、22%

毎度のことながら、最低ですな・・・・


08:48 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

子連れでオフ会

子連れオフ会


育児ブログ(というジャンルがあるのかどうか?)の皆様と

オフ会を楽しんできました。

ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog  のcrab2003 さんと

wagayaの生活ノート  のatsumin2 さんは、エキブロで存じてましたが

ほかの方たちとは、初対面でした。でも、お子さんたちが皆、小さくて可愛くて

あっという間に仲良くなってしまいました^^


うちの子供たち(中3、小6、小4)が一番年齢が大きい感じです。

普段から、同じマンションの小さな子供たちと遊んでいますので

2,3歳のお子さんたちとも一緒に楽しめるだろう、と連れて行きました。

案の定、楽しんでましたね♪


井の頭公園は、以前ジブリ美術館にだけ行ったことがあるのですが

今回歩いてみると、園内はけっこう広くて、いろんな施設があるのにビックリ。

有料の動物園には、象もいたりして、すごいなぁと感心しました。

お天気が久しぶりに良くて、暑いくらいに日差しがピカピカ!

どっと家族連れが繰り出したのか、園内はたくさんの人出でした。


お昼ごはんを食べて、「リスの小径」に行ってみました。

ハウスの中で、放し飼いになっているリスが

あちらこちらと駆け回り、見学する私たちの足元を横切ったりします。

シャッターチャンスを狙うんだけど

かわいいリスが間近にくると、興奮しちゃって・・・

     りす      りす


何を撮ってるんだか、わかりませんね、これじゃ。写真をクリックすると、少しはよく見えるかな・・・

でも、最後にリスのベストショット、撮れました^^                


        りす   お尻を掻くリスくん。手(前足?)がグー


息子はこの日、大活躍でしたね。

一応、受験生なんですが、勉強はまったくしないのに

こういう遊びになると、一生懸命になる男です。

私も、いつもブログでしか見ることができなかったチビッコたちに

実際に会うコトができて、とっても嬉しい一日でした。

ずっとお会いしたかったアツミンさんにも会うことができて・・

ゆうたろうクンに (^・^)☆チュ をされてホント、感激しましたよ!


しかし子供は元気ですねぇ。

帰りの電車で、私、爆睡しておりました。

「お母さん、次に降りる駅だよ」 と、子供に起こされ・・・・てへへ。

この日、出会った皆様、ありがとうございました。

機会がありましたら、また ぜひ、お会いしましょうね☆  


                   オフ


13:39 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

大学生の私


私が大学生のときの文集を発見した子供たち。

卒業するとき作った記念誌だ。

自分で自分のことを書くのではなくて

仲間が私のことを、どう思ってるのか、どう見ててくれてるのか

細かくアンケートをとって、ワタクシ像を描いてくれている。

息子が嬉々として読み上げた私のページは、こんなふう。


「その唇を見ただけで、誰だかすぐにわかってしまうほどに有名な“アヒルの唇”が可愛い、

背も可愛い、胸は可愛そうな彼女の登場なのです。」


息子 「このころから、胸は可愛そうなのかよ!」

私   「ずっとそうじゃ!」


「さて、この彼女の中学・高校時代とは、一体どんな生徒だったんでしょうか?

もっとも、まだ中学にも上がっていない、という話もありますが・・・。

 『暗く、マジメな優等生のように振舞っていたが、おとこおんな、スケベと言われていた』(本人談)

そうなんだよ。こいつはスケベなんだ、すごく!!・・・

やっぱり昔からだったんだなァ・・・。教師以外の職につくとしたら、「自衛官」を選んだのは

きっと回りに男が大勢いるからじゃないのか?」


娘  「スケベなんだ~」

私  「お酒飲んでるときだけじゃないかなぁ」


「でも、そんな彼女も、透明人間になれるとしたら、

 『好きな男の人のそばにぴったりとくっついていたい』 と答えていて

意外に女らしいところもあるなァ・・などと、感心しました。」


娘  「おおー♪」

私  「すかさず、反応すんな^^」


「一体、彼女の好きな男の人というのは、どんな人なんでしょうか?」


娘  「まあちゃんでしょ」

私  「その頃はお父さんとは会ってないって」


「アンケートにみるsofiaさん像・・・その中性的(どちらかといえば男性的か?)な魅力で

人気のある彼女は、みんなにどのように思われているのだろうか?

まず、彼女は“自分の子は誰の子と結婚させたいか”という質問で、1位となっている。

しかし、私に言わせれば、男の子だったら背が足りないだろうし、女の子だったら

胸が足りないと思うだけどねェ・・・。」


息子 「俺だ!背が足りねぇ~」

娘   「遺伝だ!胸は・・・」


「それと、“年をとっても若くありそうな人”で2位になっている。

さらに、“女装・男装の似合いそうな人”では、堂々の第1位になっているんですねェ。

でも、これは、もっと女装、即ちスカートをはいたらどうかという意見の表れじゃないのかな?」


今でもだけど、スカートは苦手だもん。

ああ、でも懐かしいね。

このページの最後に、こう書かれてある。


「“可愛くて面白い”、“小さくて動作が可愛い”とわが学年のアイドル的存在になった彼女だけど

これからは、大人の女を目指してください。 ボクちゃん!!」


でへへ (^^ゞ




06:12 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

手変え品変え

開いた窓から、お母さんと小さな子供の会話が聞こえてきた。

お子さんがなにか無理を言ってるらしく

お母さんは、「順番っ!」と、諭している。

だが、お子さんはなかなか言うことをきかないようで

お母さんは、「順番!」 と繰り返す。

何回も、「順番!」 と言い続けて、終いには

ちょっとヒステリー気味に叫んでいた。


おいおい、ほかに言うことないのかしら・・・

と、二人の会話を聞きながら思った。

小さな子供に、「順番」 という言葉の意味が

大人のようにハッキリと理解できているとは思えない。

子供は、母親が何を言っているのか

きっと、わからなかったのではないだろうか。


「順番!」 と言っても子供が言うことをきかなかったとき

ほかの言い回しを考えてみる。

「これが終わってから、次にね」 とか

「ちょっと待って。この次」、「これは後」、「こっちが先」

相手がわかるような言葉を選んでみる。

自分がわかっているからといって、その言葉が相手に通じるとは限らない。

子供の視線で話す、というのは

そういう意味もあるのではないかな


切れそうになる前に

もっとゆっくり、考えてみようよ、お母さん。



13:17 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

課せられたモノ 2

PTA内職、第2弾。


蕎麦ではありません。 結束用の紙バンドです。

 

         

       PTA  


この先端を、このように・・・・。   pta  丸めます。


こちらも、100本あります。

これが後で、どうなるのか、それもお楽しみ♪

ノリの良いBGMなど、、、「EARTH? WIND &?? FIRE」 を聴きながら

「あーしんど、あーいやだー」 などというオヤジギャグも久々に思い浮かんで

ちょっと highな気分です☆




 

12:46 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

課せられたモノ


????????????????????????????????? pta


PTAの内職。

こういうのが一番、苦手だ・・・


これがどうなるのか

それは、後のお楽しみ♪



14:15 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

「そして、ひと粒のひかり」 を観た



最近、映画友ができたので、映画館に再び行くようになってます。


そして、ひと粒のひかり  は、南米コロンビアが舞台。

全編スペイン語のセリフで、スペイン語を習ってる私には

ちょっとした会話や、言い回しが勉強にもなりました。


映画は、コロンビアの若い女性マリアが

麻薬をアメリカに運ぶ仕事をする、というもの。

なぜ、そんな危険な仕事をすることになったのか

無事に税関を通ることができるのか

アメリカで、彼女はどうなってしまうのか・・・

物語は、観てのお楽しみだとして

全体に、どこかピンとした緊迫感が漂っている映画です。

これは、たぶん

主人公マリアの生き方によるものだと思います。

彼女は貧しい生活から飛び出したくて

だけどその道がどこにあって、どうなっているのかわからない。

不安と葛藤のなかで、それでも進む道を果敢に探していく。

彼女の美しい黒髪と黒い瞳が

その行く先の暗闇を暗示しているかのようで

思わず、応援したくなる。


明るく楽しく夢のある映画ではないけれど

絶望的に暗い気持ちには、決してならない。

邦題は、「そして、ひと粒のひかり」

その意味は、映画を観ればわかるのだけれど

私なら、きっと、こんなタイトルにしたなぁ。

「マリア、ひと粒のひかり」

マリアという女性の意志の強さと潔さに、勇気をもらう。

その存在感の強さに 惹かれます。



   今のところ、渋谷シネ・アミューズ  だけで上映中。





05:14 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ちょっとだけよ~水着編~


水着公開~

104hitoさん、こんな感じです^^









                                     40年前ですな 水着




16:10 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

縁のある人

どーも蟹座の人に縁があるみたい。


学生のころお付き合いしたカレシも、だんなも、蟹座

娘ふたり、蟹座

友人も蟹座の人が多い。


それと、岩手県の人にも縁がある。

PTAを一緒にやってる7人中、3人が岩手県だったこともある。


蟹座で岩手県出身のあなた

お友達に、絶対なりますよ^^



09:05 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

今日は山猫

キャッチフレーズ一週間


sofiaさんの
 一週間のキャッチフレーズが 
決定しました



10月10日(月)最強の山猫
10月11日(火)裸足の天使
10月12日(水)炎のナイスガイ
10月13日(木)噂のキツネ
10月14日(金)迷える達人
10月15日()紅いミリオネア
10月16日()傷だらけのカステラ



ふむふむ・・・・。

今日は、「最強の山猫」 なんですね。 ニャー♪

14日は 一日PTA仕事なんだけど、「迷える達人」 か。

迷うのかなぁ。 ちょっとユーウツだ。

で、傷だらけのカステラって、なんじゃい^^


今週1週間、TOPに置いておきます☆



04:23 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

傷だらけのカステラ


彼女の白い腕に

いくつもの傷が つけられ始めた。

彼女の隣の席に座っていた友人が

「授業中に、死にたいって独り言を言うのよ」

そう教えてくれた。


気になる。

気になる。

彼女が、気になる。


夏の日に

クラブ活動で一緒に練習したあるとき。

フアフアと飛んできた虫を

私が、つぶしたその瞬間

彼女の目の中では

プチっと

音がしていた。

ガラスのように澄んだ透明な瞳。

壊れそうな光を浮かべて

私を、じっと見つめた彼女。

でも、何も言わなかった。


気になる

気になる。

彼女の美しすぎる視線が

とても、気になる。


休みがちになった彼女と

その日、たまたま二人きりになった。

「・・・その傷、どうしたの?」

思い切ってきいてみた。

「これ?」 彼女はクスっと笑って答えた。

「さあ?わからない。いつの間にか、ついてた」


気になる

気になる!

私は遂に、彼女に言った。


「 死んじゃ、だめだよ 」


彼女のきれいな瞳が大きく大きく見開かれた。

「どうして?」


え、えへへ・・・

なんとなくさ

笑ってごまかしながら

急いで、その場を離れてしまった。



彼女がそれからどうなったのか

それは今ではわからない。

だけど

同じような出来事に、またであったら

言うよ。 何回でも。

悔いを残したくは ないから。








07:52 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

夜の鍛錬


道場の予約が取れないということで

今日のなぎなたは、夜になった。


なんだか、目はショボショボだし

どっと、疲れた・・・。

先週、軽くぎっくり腰をやってしまったので

ソロソロと動いてみたんだけど

やっぱり、無意識に腰をかばってしまうのかな。

何度も、姿勢を直される。


防具をつけての初めての練習。

小手と、すねあてだけつけてみた。

動きづらいし、暑い~

でも、型だけじゃなくて、実戦も面白そう^^

激しく動いても、ハァハァいわない今なら

先輩には負けないような気がする。


「でもね」

「強い人って、動かないんですよ。

相手が動いたそのスキの一瞬で、打ち込むのです。

やたらに動いても、ダメですね」


武道って、深いのね。




13:28 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

紅いミリオネア


お金を引き出すたびに、ため息・・・


ホントはさ

お金って、引き出したら、数字が減っていくもんじゃないのかぃ?


赤いミリオネア(百万長者)。

引き出すたびに

数字が、増えていく (+_+)





13:21 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

迷える達人


今日はPTA会議。

午前中は、今月行われるお祭りの話し合い。

午後は、来年行われる周年行事の話し合い。


来年のことを、もう話し合うんだよね。

気の長いことだ。

ということは、それだけ拘束もされるってことだよね。

しかし、なぜに

学校の周年行事に

PTA役員や、PTAのお金が使われなくてはならんのだろう。

たまたまその年に、子供が在学しただけにすぎないのに。

かつてのPTA役員も、顧問として参加はする。

だけど、実際に動くのは、現役員。


学校の周年行事っていうのは

どういう意味があるんだろう。

誕生日のようにお祝いするのであれば

卒業生やかつての先生が発起人になって

実行委員会を立ち上げるのがスジってもんじゃなかろうか。


協力したくないというわけではない。

ただ、やって当たり前という

その態度が、好かないだけなのさ。


12:16 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

噂のキツネ


休憩が終わって店に戻ると

店長が珍しく興奮して言った。

「久々に大きいよ」

「?」

「俳優のNって知ってる?」

「ええ」

「今度結婚するんだって」

「はあ」

奥から先輩が出てきて言葉を継いだ。

「結婚式の引き出物、うちのお店を使いたいんだそうよ」

「え!それはすごい」

「でしょ?」

「さっき、式場のほうから電話があってね」

「持ち込みになるから、今度打ち合わせしたいって」

「ほぅほぅ」

芸能人の結婚式、規模も大きいし話題性もあるし

本当に久々に、大きな仕事だった。

「で、明日、奥様になる人がここに来るそうよ」

「え!」

「何がいいか、見に来るんだって」

「そうなんだ・・・」

「残念だったね」

そう、明日はお休みをとっていた。


「どんな感じ?」

前の日に、婚約者がきて

披露宴の引き出物の品定めをしているはずだった。

「ん~~~~・・・・・・。」

「?」

接客した先輩の表情が曇っている。

「イメージと違ったの?」

楚々とした大和撫子な感じだったけど、週刊誌では。

「あれはねぇ・・・・」

先輩は理解できない、と言う風に頭を振った。

「ホントにあの人と、結婚するの?って感じ」

「え?」

「なんというかね、・・品がない」

今ひとつ、具体的な感想じゃないんだけど

今までたくさんの人を接客してきた彼女が言うのだ。

あまり、感じの良くない人だったのは、確かなのだろう。

「ちょっとね、今回の結婚、あやしいかもよ」


先輩の予感は当たった。

結婚式の直前で、婚約が解消されたのだ。

「引き出物は、仮押さえだったから、まだ大丈夫だけどさ」

店長がまいったな、とつぶやく。「式場のほうは、キャンセル料とか、いろいろ大変だろうな」

なぜ、婚約解消になったのか、それは週刊誌を読んでも

今ひとつハッキリとはわからなかったのだが

先輩の話を聞いた感じでは

キツネの化けの皮がはがれた、というところなのかもしれない。

本人だけじゃなくて

夫になる予定の人と一緒に、ここに来てたら

私たちも、だまされてたことだろう。 たぶん、いや、きっと。



07:10 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

炎のナイスガイ

やっぱ、彼しか思いつかない。


マイト・ガイ?

09:09 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

裸足の天使



「一緒に、ソラちゃんのとこに行こうよ」

朝、ゆっくり歩いてきたアカネちゃんが切り出した。

「ソラちゃんって、あの、、ソラちゃん?」

私が驚いて声を上げると、アカネちゃんはうなずいた。

「今日はね・・・・私がお迎えに行く順番なんだ」

ソラちゃんは、隣のクラスの女の子。

私は、たくさんのことは知らないんだけど

どうやら、学校に来なくて、みんな困ってるみたい。


アカネちゃんは、私の幼稚園のころからのお友達で

小学校に入って、クラスが違っても、ずっと一緒に登校してきた。

隣のクラスの子のお迎えなんて、いやだろうなって

気にしてたのかな、アカネちゃん。

「いいよ。行こう」

私がうなずくと、アカネちゃんは、ほっと安心したように微笑んだ。

隣のクラスの子は、順番に、毎朝ソラちゃんをお迎えに行くことになってるんだ。

ソラちゃんって、名前は聞くんだけど、どんな子なんだろう

私は、ちょっと興味津々。


「ごめんくださーい」

「おはようございまーす」

ソラちゃんのお家は、長屋の一角にあって

ガラスの引き戸をガタガタいわせて、私たちは声を張り上げた。

「ソラちゃーん、学校に行こう」

「はぁーい」

奥のお部屋から、返事がした。

どうやら、おばあちゃんの声のようだった。

ソラちゃんをせきたてているような小さな話し声がして

でも、誰も玄関には出てこない。

私はお家の外でプラプラ待つことにした。

しばらくしてから、ソラちゃんのおばあちゃんがやってきて

アカネちゃんに、頭を下げていた。

ガラス戸を、静かに閉めて、アカネちゃんが外に出てきた。

「ソラちゃんは?」

「・・・今日は、学校に行きたくないって」

アカネちゃんは、ちょっと低めの声で、言った。


ソラちゃんがいつから、学校に来なくなったのか

それは私にはわかりっこないし

たぶん、アカネちゃんにもわからないことだった。

ソラちゃんが、なんとか学校に来るように

お家の人と、先生とで話し合って、

クラスの子が 毎日お迎えに行くことにしたらしい。

「ソラちゃん、、来るときもあるけど、来ないときのほうが多いよ」

アカネちゃんはそう言って、学校前の坂を上っていった。

学校に来ない理由は何なんだろうね。

それがわかれば、ソラちゃんも来るのかな。

「さあ?みんな、わかんないみたい。お家の人も、先生も」

ソラちゃんの気分次第なのかな。


運動会の日。

アカネちゃんが私のそばに来て、ささやいた。

「ソラちゃんが、来てるよ」

「え!」

どれどれ?と見回す私に、アカネちゃんが、そこそこ、とこっそり指差した。

ソラちゃんだ。

そういえば、ソラちゃんって、あの子だったんだ。

運動会に来るなんて・・・・

ダンスの練習はできてないはずだけど。

大丈夫なんだろうか。

だけど、ソラちゃんは楽しそうに席に座っている。

何も心配してないみたい。


私は、走るのが遅い。 だから、本当は運動会なんて出たくない。

ああ、苦手な徒競走だ。

列を作って待ってる間も、イヤでイヤでしょうがない。

私が走る前に、ソラちゃんが走るようだ。

どうなるんだろう、思わず背伸びして見てしまう。

「位置について。ヨーイ」

パン!と乾いたピストルの音とともに、スっと飛び出したのは

ソラちゃんだ。

速い!

そのままトップで走り抜けてしまった。

ソラちゃん、、、足が速いんだ。


運動会はすすみ、遂に最後のクラス対抗リレーが始まった。

1年生から6年生まで、縦割りのクラスでチームになる。

最後に走るアンカーは6年生で、ほかの学年の人よりも長い距離を走ることになっている。

隣のクラスのアンカーを見て、私は驚いた。

ソラちゃんが、ニコニコと笑いながら、アンカーの目印のたすきをかけている。

いつも学校に来ていないソラちゃんが、アンカーなんだ。

パン!

私の戸惑いなんか知ったこっちゃないってピストルが鳴り響き

1年生選手がスタートした。

バトンを渡すたびに順位が入れ替わって、観客席も、拍手と大声で盛り上がる。

ソラちゃんのチームの走者は、今のところ、3位だ。

すると、待っていたソラちゃんは、5年生が走り出すと同時に

履いていた運動靴をぬぎだした。

え!

ソラちゃんは、そのままコースに出て、向かってくる5年生を待つ。

バトンを受け取ると、ソラちゃんはものすごい速さで走り出した。


前に走っている人を、一人抜いた。

大歓声に押されるように加速するソラちゃん。

普通の徒競走より、長い距離だ。 疲れてきたもう一人を抜くソラちゃん。

3位から、トップになって

ソラちゃんは胸を張って、テープを切った。

裸足で走り抜けたソラちゃん。

走ることが、なによりも好きだった。



「わたしは、がっこうのなかで、うんどうかいがいちばんすきです。

それは、だれよりもはやくはしれるからです。

きょうそうでは、いつもいちいです。

うんどうかいは、やすんだことがありません。」



ソラちゃんは、今でもどこかで走っているんだろうか。

好きなことなら

きっと、できるよね。



16:31 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

カボチャ割り


北海道から カボチャと、じゃがいもが送られてきた。

お礼の電話をすると

「カボチャはね、丸ごとを切るのは危険だから」

「うん」

「高いところから落として、割って食べなさいね」

「・・・!」

確かに、丸ごとのカボチャにそのまま包丁を入れるのは

とっても危ない。

皮が硬いし、大きいので 途中で包丁が止まってしまうのだ。

だけど・・・高いところから落とすかぁ・・・・


で、結局どうしたかというと

今日の晩御飯は、 「ほうとう」 。

丸ごとカボチャをレンジでチンして少しやわらかくする。

それから包丁を入れると、難なく切れてしまう。

ほうとうを煮込んで、仕上げ近くにカボチャを入れる。

はじめから、カボチャを煮込んでいると

溶けてしまうときもある(カボチャは当たり外れが大きい)けど

レンジでチンしたカボチャなら、そんな失敗もしないですむ。


あまったカボチャで

明日は、ポタージュだぃ♪





13:03 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

そして・・・

小霞さん  のところから、trackback。


接続詞占い


占いの結果
そふぃあさんはそして です!
「そして」さんは基本的に素直で優しい、いわゆる日本人的な性格の人です。自分の欲求よりも人の和を重視します。そんな雰囲気が漂っているので、まわりの人に、何となく癒し系だと思われますが、そんなあなたにも当然、好き嫌いや自分の欲求はあるわけです。そのため癒し系を演じながらも、「こんなの本当の自分じゃない!」と感じることがあります。それでも結局は、人との調和の中に、あなたは満足を見いだしていきます。
そふぃあさんファンクラブの会員数は、現在9人です


うーん。あたってるのかな。

私の口癖ってなんだろ?

「そだね」

「いろいろ~~」

とか、言うかも。



09:13 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ちょっとだけよ


三連休限定スキンでございます。

どこへも行かずに

ブログをしている私もあなたも

ほんの少しだけ

楽しみましょう^^♪


【2005.10.11 追記】


見てくださった皆様、ありがとうございました

連休が明けましたので、スキンを変更します。

また、そのうちに☆



08:34 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

スケジュール



イサムは 若い。

20とちょっと、トシがはなれている彼は

いつも先に来ていて、お腹を空かせている。

私がやってくると、ニッコリと笑って手を上げる。

少年の風貌がまだ残ってる彼の笑顔が

たまらなく、かわいい。

「いつもごちそうさま」

「お腹いっぱいになった?」

「うん」

学校帰りの荷物を抱えて、店を出る。

他愛の無い会話をしながら

夜の公園を抜けて、最後に必ずイサムは言う。

「ねえ、生まれ変わったら」

「うん」

「同い年ぐらいに生まれたい」

「・・・うん」

かわいいんだけど、いつも同じこと言うのよね

心のなかでつぶやく私。

唇をはなすと、「今度はいつ会えるの?」って

また同じ質問をされるのがイヤで、さっと身体を引き離してしまう。

2、3歩先に行ってから、振り向いてイサムに手を振る。

「また、来週ね。 バイバイ」

それが、水曜日。


ケンは 最近、いやなとこが見えてきた男。

最初は面白かったおしゃべりだけど

だんだん、中身が薄くなってきて

何を話しても、つまんなくなってきた。

ぼんやりと、向かいに座ってるケンのクチが

パクパク動いてるのを見つめている。

テーブルの上に置いた携帯が、震えた。

「あ、もしもし」

よかった、つまんない話にこれ以上

作り笑顔でこたえているのは、さすがにキツイ。

電話が終わると、「だれ?」ケンがいぶかしそうに訊いた。

「会社の友達よ。日曜日に買い物に行く時間、変更だって」

スケジュール帳を取り出してメモする。

ケンがちらりと、覗き込んだ。

「やだ、汚いから見ないでよ」 勝手に覗くな、と言いたいところを

グっとこらえる。イヤなやつ!

「相変わらず、スケジュール詰まってるね」

「うん」

「チラっと見たら、イニシャル【 I 】って書いてあったけど、なに?」

こういうところは、目ざといんだ。

「アイ、はね、、、【いけばな】を習ってる日、毎週水曜日ね」

「あ、そうなんだー。いけばなの、頭文字で、アイなんだね」

「そうそう」

にっこりと、満面の笑みの私。


そして、あなたは、【会議】のKよ、ケン。

木曜日に書いてあるけど

そのうち、空欄にしとくわね^^





▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼【恋愛物語】▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼

      創作で恋愛物語を書いて秋を満喫しましょう♪
      というトラバ(妄想)企画です。
      ルールは『創作であること』
            『恋愛ものであること』だけです。
      期限は10月31日まで

      トラバ先:http://zoobee.exblog.jp/tb/3551390

      ※どなたでも参加いただけるようにこのテンプレ
       を文末にコピペしてください。

       企画元:移動動物園 http://zoobee.exblog.jp
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△



トラバ企画 【恋愛物語】  から、trackback。

日替わりで恋人いたら、、、

忙しいだろうなぁ♪




08:42 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

言ってやりたい

PTA役員をしていて、心がけていること



・ スジを通すことが 一番効率の良いやりかた


・ 自分の思い込みで動かない


・ 悪い情報ほど、早く伝える


・ 準備は悲観的に、実行は楽観的に






09:03 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

新発見

気がついた。


IPって、再セットアップすると

変わるんだね・・・。

IP拒否、危うし???



まぁ、ネカフェからじゃ

無力なんだけどね^^







08:16 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

料理バトン

バトンの指名はないものの、勝手にいただいてきました♪


? 料理歴


結婚してからなので、17年。

それまでは、料理らしいことはなにもせず。

一人暮らしのときは、社員食堂か、外食(飲み会ともいう)が主でした。


? 得意料理


ギョーザ


? 苦手料理


ほぼ、すべての料理は苦手です。

自分ひとりだったら、そこいら辺にあるものを

クチに入れておけばそれでいい、、という感じ。


? よく使う(好きな)調味料


砂糖、酒、しょうゆ、ガラスープ、粉末昆布だし


? よく使う(好きな)調理器具


包丁は、大小2本、結婚するときに合羽橋で購入しました。

そのうちの小さいほうを、愛用。


? 料理にまつわる思い出


結婚前、ダンナの実家に遊びに伺ったとき

彼がフルコースを作ってくれたこと。

プロポーズの言葉はなかったけど

あれがプロポーズだったんだと、自分に言い聞かせてます。


? 回す人5人


いつものことながら

ご自由に trackback、どうぞ~~☆

07:41 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

甘くて酸っぱい


娘たちは、LOTTEの小梅ちゃん が好き。

季節限定で、小梅ちゃんの従姉妹のシリーズが発売されてて

今は、甘酸っぱいりんご味の 「小彩」 が、お気に入り。

小梅ちゃんって、発売30周年で、本ができてたんだね。

「小梅ちゃん~初恋すとおりぃ~」  知らなかった・・。


娘1  「 お母さん、また小梅シリーズ買ってきて。」

私   「 あんたたち、小梅ちゃん、好きだねぇ 」

娘1  「 うん 」

娘2  「 これは、小梅。 お母さんのは、小胸。」



                 ・・・買ってきてあげないわよ・・・・ (-_-;)



03:40 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。