スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

町のお医者さんに望む事




数年前の5月の連休のころ、息子が風邪をひいた。
熱はそれほどでもなく、すぐに下がったのだが
咳が止まらない。
それも、軽い咳なわりには、胸の奥から搾り出すような感じで
見ていて辛そうだった。
子供の頃、ぜんそくを患ったことのあるだんなが心配して
「病院に行きなさい」と言うのだが、あいにくのGW中。
「休みが明けたら、朝一番で病院に行くよ」と、何日か様子を見ていた。
そして休み明けの朝、一番近い医院に行った。

そこは普通の小さな町の医院で
待合室には、近所のお年寄りばかりが座っていて
のんびりとした雰囲気が漂っている。
たぶん、風邪だろうと軽く考えていた私は
近所のこの医院で診てもらってから、学校に子供を送って行くつもりだった。
ところが、息子の背中に聴診器をあてたお医者さんが
「ん?」と首をひねった。
ドキ!な、なんですか?
「学校なんか行けないですよ。肺に音がしてる。」
えええ!
「すぐ、大きな病院に行ってください。紹介状書きますから」

タクシーを呼んで、すぐに駅近くの総合病院に向かった。
診察の結果は“マイコプラズマ肺炎”
実は、このころ、この肺炎がひそかに学校で流行していたのだ。
入院するほどの病気ではないが、薬をきちんと服用して休まなければいけない。
息子は一週間ほど学校を休んで、元気になった。


友人のお子さんはよく食べ、良く遊ぶ、元気の良い子だ。
その子がなんだか調子が良くないので、彼女はいつも予防接種で
お世話になっている近所の小児科で、診てもらった。
「貧血がありますね。薬を出しますが、改善されないようでしたら、また受診してください」
子どもの貧血には、違う病気が隠れていることがある。
友人は、薬を飲んでも変わりなかったので、再び来院した。
子どものお腹を触診したお医者さんの顔色が変わった、という。
「今すぐに大きな病院に行きます。」
そこで、大学病院で診察を受けたところ、その場で入院が決まった。
長い間、闘病していたが、今は元気になっている。

『そういうことがあるかもしれないから、最初から大きな病院で受診した方が良い』
と思われる方もいるだろう。
しかし、私はさして重い病気でもないように感じられる時に
大勢の人が待つ待合室で長い時間をすごすことが、どうにも耐えられない。
受診に時間がかかったり、病院までの距離があったりするとき
病院にいくことが億劫になってしまう。
病院は、たしかに病気を治すところだ。
しかし、町のお医者さんには、それよりも、病気を的確に見つけてくれることを、望みたい。
限られた設備で治療ができない病気でも
治療が可能な病院への連携プレーができていることを、望みたい。

予防接種や健康診断で、普段から気軽に出かけられる病院だったから
私も、友人も、具体的な重篤ではなくても子どもを診てもらえた。
特に、子どもの病気を見つけるのは、難しい。
本当の名医が近所にいることは、何より幸せなことなのかもしれない。





スポンサーサイト
16:09 | 伝えたいな | comments (34) | trackbacks (0) | page top↑

吹奏楽の道 2




5月のおしまいまでに楽器が決まっていなければ
吹奏楽をやめるかもしれない、という事態になっていた末っ子。
クラリネットになるの!と喜んでいたのですが
あれからまた人事異動があり、結局、ユーフォニウムに決まりました。
この楽器、小学生にはかなり大きな楽器です。



先週の金曜日、「ただいま!」と帰ってきた末っ子が
「お母さん、助けて~~~」と叫ぶので、玄関に行ってみると
でかいケースが・・・。
「家で練習するの?」と、学校から運んできたのです。
大きな楽器は、マウスピースだけの練習で良いですよ、と
先生がおっしゃっていたらしいのですが
本人は、よほど嬉しいのでしょう、
自分の体の半分ほどもある楽器をえっちら担いできたわけです。
そういえば、同じ吹奏楽部の先輩でもある真ん中の娘も
担当になったフレンチホルンを家に持ち帰ってきていました。

明けて今日、学校に行く朝。
あいにくの雨です。
「この雨じゃ、ユーフォ学校に持っていけないね。」
「え~~~、、じゃ、どうするの」
「天気予報だと、あとから雨が上がりそうだから、お母さんが運んでいってあげるよ」
で、PTAの仕事しがてら末っ子に楽器を届けたのですが
私が持っても、重くて大変でした。
よく家まで持ってきたなぁ、、よほど嬉しかったのだなぁ、と
あらためて感じました。
教室で楽器を渡す時に、担任の先生に「その節は・・」と御礼をしますと
先生も、「良かったですね。これからまたいろいろなヤマがあると思いますけれど」
と、笑顔で喜んでくださいました。

本人が思い残すことなく何かに打ち込んでほしい、、というのが
見守る親の、一番の願いでもあります。

、、とは言いつつ、この重い楽器を運んだ腕力は捨てがたい・・・
柔道とか、格闘系をやらせてみたい、ともひそかに思う私でありました^^





15:09 | 子育て自分育て | comments (20) | trackbacks (0) | page top↑

音の波に乗って


準備、OK!

blue_koichiro さん、ありがとう^^

音楽love?な方たちとのセッション、楽しんできました。
私は見学のみでしたけれど
と  っても、楽しかったです!





ブログをしてなかったら、あり得なかった縁ですねぇ。
本当に、幹事のコウイチロウさんには、感謝感謝です。



参加したクラブさんからいただいた、「うさぎや」のどら焼き。
ふわふわしてアンコがやさしくて、美味しかったです。
ごちそうさまでした♪

11:23 | トラバはぁる | comments (36) | trackbacks (0) | page top↑

memo




一度我慢したら、最後まで我慢すること。
最後の最後で我慢するのやめたら
それまで
我慢してたのは
何だったのさ?になるもの。

それができないのなら
最初から、我慢しないこと。
良いンだよ、正直にお手上げになったって。
悪いって思うのは
自分だけなんだから。






00:03 | メモりぃ | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

夢見心地で




僕が目をさますと、隣にはかすかなぬくもりだけが残っていた。
カーテンの隙間から、陽射しが差し込んでくる。
夜はとうに明けてしまったようで
僕はまだ夢を見ているみたいに、ぼんやりと昨夜のことを思い出す。

彼女は白い肌にターコイズブルーのネックレスをつけていて
海と白い砂のようだね、と僕が言ったら、
ここに来ちゃったら、そうとしか見えないわね
波のささやきのように微笑んでいた。

思い出の空気をそのままにしたくて
カーテンを開けずに
僕はベッドから抜け出して
隣のキッチンへ移動。
冷えたビールを取り出して、ベランダに出た。

渡ってくる風が
太陽と海の匂いをつれて来る。

後ろでドアの開く音がして
振り返ると
彼女だった。
さっそく飲んでるのね
とけていた昨夜の彼女じゃないみたいに
手際よく買ってきたものをテーブルに並べて
僕を呼ぶ。
「お腹がすいたわ。食べましょ」

ちょっと待って。
その前に、

Kiss me, please









ヒーリング・ボサノバ
佐藤正美 / デラ








18:03 | いろいろと | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑

1050円




街のなか、陽射しが強くなってきていて。
思わず買った、サングラスです。

安いサングラスは視力を悪くさせるって
教えてくれたかたもいて
あんまり長い時間はかけないぞ、っと思いつつ

それより、日焼けが怖いオバサンでありました・・・
続きを読む
17:05 | いろいろと | comments (27) | trackbacks (0) | page top↑

愛しのクチビル



私の学生時代のあだ名は
「アヒル」。
クチビルがそんな形なのだ・・・。

最近、また言われるようになってきた。
文句言う事が多くなってきたからかなァ・・・・
いかん、いかん。
いつもスマイルでいかないとネ^^
続きを読む
21:10 | いろいろと | comments (40) | trackbacks (0) | page top↑




荒れた庭の草を刈り
荒れた庭を均したら
荒れた庭に種を蒔く

ここから
芽が出る
すこやかに
庭いっぱいに
広がって

花が咲いたら
蝶も飛ぶ
光があふれ
いのちがこぼれ

荒れた庭の草を刈り
荒れた庭をならしたら
そこに種を蒔いていく

この指からはじまろう
この種が
はなたれたなら

荒れた庭の草を刈り


庭を見ていると、自分のこころを見ているような気がする。
忙しくてもこころに余裕のあるときは
雑草を刈り、花を植える。
時間があっても、こころに余裕がないときは
庭が荒れるままなのを良しとしている自分がいる。
次第にあれていく庭の様を目にしながら
「見ていない」ことにしようとする自分がいる。
こころのなかに、雑草がはびこって息もできないようになって、
「このままじゃいけない」と、草を刈りだす時
庭に降り立って、足元の雑草をザクザクと刈り取り始めたりする。

泥棒は、荒れた庭の家を好むらしい。
荒れた庭には、隙があるのか。
庭が省みられないとき、管理者のこころは
他の何かにとらわれていて、隙ができているのかもしれない。

庭とこころの関係、、、というと
真っ先に「箱庭療法」を思い出した。

皆、自分のこころのなかに
自分の庭を抱いているのかもしれない。
そこに種を蒔くか
放置するか
どんな庭にしていくのか
それは、そのひとのこころひとつ、
といえるのかもね。



14:01 | | comments (22) | trackbacks (0) | page top↑

メンテナンスのお知らせ


メンテナンスによるサービス一時停止のお知らせ

平素よりエキサイトブログをご利用頂き、誠にありがとうございます。

メンテナンスのため、サービスの一時停止をいたします。

期日:2005年5月24日(火曜日)

時間:早朝05:00~08:00(最長3時間)


内容:メンテナンスのため

ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。


6月に抜本的な改善?
どんな改善をするんだろう・・・・



16:24 | トラバはぁる | comments (8) | trackbacks (0) | page top↑

好み




ところで、私って、どういう風に見られているのだろう?
と、思うときがある。

この間、PTAで飲んだときに
バスの運転手さんの話しになって
「私ネェ~~、好みの運転手さん、いるんだぁ~~」
って話したら
「出た!」
「やっぱりね」
「どこにでも、好みいるねぇ~」
と言われたのだが・・・
“好み”がいっぱいありそうなのか?むむむ・・・・


ちなみに、私の好みの運転手さんはとても紳士的な方。
やさしい話し方、親切丁寧、静かな運転。
顔は知らん。よく見てないので・・帽子かぶってるし。
私流の運転手さんの見分け方としては
「足元を見る」。
サンダル履きの運転手さんは、「普通」。
夏でもきっちりと靴を履いている運転手さんは、紳士的な方が多い。
そういえば、よく学校の先生も申しておりました。
「服装の乱れは、こころの乱れ!」

で、戻るけど
私って、なんにでも“好み”を発見する人なのかしら
それも、ちょっと他の人とは違って、変わった好みらしい。
ふーん・・・と、だんなを見る私であった。



17:28 | いろいろと | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑

チキンライスパーティー




今日は、親子会の行事がありました。
「一年生を迎える会」ですが、今年は「チキンライスパーティー」でした。
例年、集会室でカセットコンロを使い、カレーライスとデザートを
子どもたちと一緒に作って、皆で食べるのですが
今年はメニューをちょっと変えて、チキンライスと白玉フルーツポンチに。
うちのマンションだけの親子会ですが、47名の子どもが入会しています。
これを8名の親子会役員でまとめるのは難しいので
行事があるときは、お手伝いにでかけます。
役員の経験のある方は、大変さがわかっていますので
すすんで、お手伝いしてくれるようです。

チキンライスは、たまねぎとベーコンと鶏肉をみじん切りにして
コンソメを入れて、炊飯器で炊き込みます。
最後に、それをケチャップで混ぜる、というやり方。
その間に、白玉だんごを低学年の子がこねて丸めて作ります。
包丁を使い慣れている子もいれば、
「あぶな~い!」と叫んでしまいそうになる子もいて
気の休まる時がありません。
しかも、大量のたまねぎで目が痛い~~。

とかなんとか騒ぎつつ、料理はすすみ
ごはんを炊いている間に、一年生の紹介と、皆でのゲームが始まります。

私が会長のときは、会長権限で(!)必ずジェスチャーゲームをしてました。
好きなんですよ、ジェスチャーゲーム^^
今回は、「スプーンのピンポン球リレー」、「まちがいさがし」でした。
6年生たちが自ら「まちがいさがし」の問題を出してくれたりと
盛り上がったあと、ついに、チキンライスができあがりました。
ケチャップで混ぜる仕上げと、コーンスープは役員さんが作ってくれて
皆で「いただきまーす!」

いつもお世話になっている管理人さんに、お昼ご飯でおすそわけするのが
慣わしになっています。う~~ん、今回は見た目にも美味しそう♪


白玉フルーツポンチは、サイダーを使ったのが子どもにうけたらしく
おかわり続出でした。
チキンライスは・・・・・実は、炊飯器によって、出来具合にばらつきがあって
一升炊きの炊飯器でビッチリと具を入れて炊いたものは
見事にお米の芯が残っていました。
炊き込みご飯は、釜に余裕がないと、うまくできないんですね。

無事終了のあと、残ったチキンライスを持ち帰りました。
今日の晩御飯は
オムライスで~す (+_+)

15:40 | いろいろと | comments (8) | trackbacks (0) | page top↑

妻はあきらめても




ソファにすわって、本を読んでいる娘の隣に
だんながすわって、テレビを見ていた。

娘  「おかあさんっっっ!!!」

私  「な、なに?どうしたの?」

娘  「お父さんの!」

私  「・・・・・んん?」

娘  「お父さんのお腹、出てきてるよ!(怒)

私  「あ~~~、そうだねぇぇ・・・(私のせいじゃないってば!)」


               娘の前では、お腹へこましとけ。少しはきたえろよ、オヤジ・・・




14:59 | 親子の会話 | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

愛は距離を越えて・・・



リバプールから愛を込めてグッズ

lisalisa9さんのエイプリルフールに、ずうずうしく「欲しいで~~す!」と
名乗り出た私のもとに、今日、愛のグッズが届きました!

嬉しいよ~~~♪
ありがとうございます
海を越えて、はるか千葉の田舎まで
航空便だけど、2週間かかるのですね・・・。


ビートルズの消しゴム、使いたくない!減らしたくない!
ホットココアは、子どもたちがあっという間に飲んでしまいそう・・・
lisalisa9さん、ホントにありがとう~~

14:54 | トラバはぁる | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑

吹奏楽の道



末っ子

吹奏楽の練習がイヤで泣いていた末っ子。
あれからどうなったかというと・・・

ますます、友だちは先の練習に進み 
とうとうひとりぼっちになってしまった彼女。
その朝は、なかなか起きてこなくて何度も声をかけたのです。
それでも、もそもそとしていて、学校に行く気配がなし。
「どうしたの?」と訊くと
「行きたくない」と、泣き出しました。
「私ひとりになっちゃったんだよ」と、私の胸に顔を埋めて泣いてます。
前と同じように励ましますが、一向にくじけたまま。
そこで、「担任の先生に連絡帳に書いてあげるから、学校にいって渡して。」
と、その場で大急ぎで事のあらましを書いて、持たせました。
学校自体はイヤではないので、担任の先生にも話しを伝えて
協力していただこうと思ったわけです。

その日、帰ってきた末っ子が照れくさそうに連絡帳を渡しました。
担任の先生も、朝から末っ子が泣いているので
おかしいと思って連絡帳を読んでくれたようです。
私と同じように、がんばるところまでは頑張って、それでもダメなら
吹奏楽は向いてないということで、自分に向いているものを
見つけましょう、ということを話し合ってくれたようです。
「もうちょっと頑張ってみる」と末っ子ちゃんは言ってました、と結んでありました。
今年新しく担任になってくださった先生ですが
安心してお任せできると思った通りの方でした。ラッキ~♪

そんなわけで、それ以来も毎朝、私にギュっとされて
「5月いっぱいまでがんばれ!」と送り出されていた末っ子ですが
今日、ニコニコしながら帰ってきて
「私、、、クラリネットになるの!!」と教えてくれました。
よかったですねぇ。
本当に5月いっぱいでなんとかならなかったら、どうしよ~と思ってました^^
これからもいろいろあるでしょうけど、とにかく一個クリアです。

18:39 | 子育て自分育て | comments (26) | trackbacks (0) | page top↑

クシュン!




鬼の霍乱

珍しく風邪をひいて、スペイン語を、さぼり休みました。
明日からは休めない用事もあり
今日は安静にして早く寝る・・・
できるだろうか?^^

-----------------------------------------------------------------------

皆さん、ありがとう♪

おかげさまで、よくなりました。
先週の寒い日に、市PTA連の総会にスーツを着ていったのが敗因かと・・。
ふだん、スカートなんか着ないのに、すっかり夜、冷えちゃったのでしょうね。
情けないことです。
もうスカートなんか穿かないぞ!・・と決心した私でした。
ご心配してくださった皆様、本当にありがとうございました。
また、よろしくデス♪

       5月19日 記



18:04 | いろいろと | comments (42) | trackbacks (0) | page top↑

BAKAMONO




大学生の頃の日記を近日ブログにしようと
只今、読み直しております。
そしたら、試験前にこんなことやってる・・・
たしか、「体育理論」の試験だったはず。
余裕だねえ^^
続きを読む
22:59 | いろいろと | comments (28) | trackbacks (0) | page top↑

修学旅行




なんだ、まだ15日。
月の半分しかすぎていない。
だけど私の心のなかでは、もう5月はだいぶ時間がたっている。
毎日カレンダーを見ては、予定をチェックしているためか
頭の片隅で逆算しながら動いているためか・・・・

そう思っていたら
もう少しで子どもの修学旅行じゃん!
アブナイ、あぶない。忘れるところだった・・・ (^^ゞ
6年生の娘は日光。定番ですな
中学生の息子は京都。これも、定番なのかな?
学生時代のなかでも、かなり大きなイベントの修学旅行。
良い思い出ができるといいね。

とくに、中学生の息子たちは
引率されてではなく、班活動で終始知らない町を歩くとか。
大丈夫かいな・・・
私たちの頃とはだいぶ違っている。
これも、携帯電話ができたおかげ、なのかもしれない。
無事に帰っておいで。
たとえ迷子や犯罪にまきこまれなくても
移動中に何かおきるかもしれないご時世である。



続きを読む
16:42 | いろいろと | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

スケジュール調整



13日の金曜日
今日は昼から市PTA連合の定期総会。
そのまま、懇親会。
明日は青少協の定期総会。
来週は、子供会の一年生を迎える会でチキンライスパーティー。
再来週は、市PTA連の新旧運営委員の懇親会。

週末忙しい。
どこかに、なぎなたをねじ込む。





08:23 | いろいろと | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

こんなの、どうかなぁ


女性専用車両の話しでふと思いついた
いろんな専用車両。
かなり、ふざけた感じです^^
続きを読む
23:21 | いろいろと | comments (20) | trackbacks (0) | page top↑

Hasta luego





ビールは苦手だけれど

チョコは大好きだよ♪


また、いつかどこかで






デハマタ



22:34 | トラバはぁる | comments (10) | trackbacks (0) | page top↑

末っ子



昨日は末っ子が、子ども相撲大会に出場しました。



昨年も出たのですが、一回戦で負けてしまったのです。
その相手は、見事優勝していました。
で、今年はどうだったかといいますと
粘って、一回戦はなんとか勝ちました!
でも、二回戦で負け。
その相手は、準優勝していました。
勝ち抜き戦での運の強さも、実力のうち、なのかもしれないですなぁ。

相撲大会には、自分から「出る!」と言い出して
頑張った末っ子ですが
今、吹奏楽に入部してマウスピースを練習しています。
なかなか、楽器を持たされるところまでいってなくて
本人、かなり焦り気味。
一緒に入部した子がどんどん先に進んでて
取り残されたような感じになっているので
「吹奏楽の練習に行きたくないよ~」と、泣いて嫌がります。

「イヤなら、先生に自分で言いなさいよ」
「理由聞かれるんでしょ?」
「自分の思っていることを正直に言ったらいいでしょ」
「そんな理由じゃダメって言われたら?」
「ダメもなにも、イヤでやめたいんなら、しかたないでしょ」
「・・・・」
「だけど、今やめたら何もならないよ。やめるのは、いつでもできるけど。
楽器を何も演奏できないままやめちゃってもいいの?」
「だって・・・わたし、一人なんだよ」
「今は時間かかってるけど、楽器をもったら、すぐに皆に追いつくかもしれないじゃない。
とりあえず、5月いっぱいまでがんばってみたら?」

泣きながら学校に行ったけど
帰ってきたときは
「ただいまっちょカルパッチョ!」って、元気な声でした。
そんなこんなの末っ子の毎日です。



23:46 | 子育て自分育て | comments (26) | trackbacks (0) | page top↑

守ってくれる人がいないから


5月9日 Women Only

wataya.shinbe さんのところから、trackback

朝のラッシュ時にもお目見え。
通勤通学のときって、痴漢多いのよね。
私も経験ありますが(胸ないのに!)
電車が揺れている時には、その揺れに乗じて
意識的にさわってるかどうかわからないくらいに微妙な触れ具合
で、降りるときになると、がぁぁぁっとさわりまくってくる。
イヤなものです。
男性皆がみんなしていることじゃないけど
こういう車両ができるってのは
やっぱり、ちょいと恥かしいのではないかと思いますね。
いろいろな意味で。

公平に、男性専用も設けたほうがいいですね。
あぁ、、なんか殺伐な眺めになりそうな・・・

混合で乗車している女性には、痴漢していいなんて
思う輩が現れるかもしれないですね。
私服婦人警官を紛れ込ませておくのも良いですねぇ。
「専用車両以外に乗ってる女性は警官の確率が高い」
ってうわさが流れるようになればしめたものかも^^

23:26 | トラバはぁる | comments (8) | trackbacks (0) | page top↑

激突!?



このお店の前を通るたび、気になるんですよ。

「激突!野菜 ・ くだもの」


野菜とくだものがガチンコ勝負しているのか
と思いきや
ホントは


激安! 野菜 ・ くだもの」 なんですよね・・・




22:02 | いろいろと | comments (30) | trackbacks (0) | page top↑

いってきたきた




家族旅行に出かけてきました。
一泊二日なので、ほとんど「移動した」だけなのですが・・・

だんなは、盆暮れ正月祝祭日一切関係なく
曜日で休みが決まっているのですが
今回は、GW中に休みがはまることがわかったのが4月で
それから行く先を手配したので、なかなか宿が取れず、難儀しました。

出かける朝
バスに乗りつつ隣で彼が
「普通の休みの日に休みって、なんだか嬉しいなぁ」
と呟きました。
「そう?何処に行っても混んでて大変じゃない」
私も勤めていたときは平日休みだったので
休日の人ごみは大の苦手なのです。
でも、子どもがいれば、そうも言っていられませぬ。

出かけた先は、河口湖。
お天気に恵まれた旅行でした




1日目

新宿から、「ビューやまなし」で一路大月へ。
二階建てなので、見晴らしバツグンです。
車内はこんな感じ。


ところで、新宿にはピンクのキヨスクがありました。
その名も、「ピヨスク」
限定販売のピンキーを買って、娘ふたりはすでに気分はルンルンです。

可愛いハートの形のピンキー。



さて、大月までは順調だったのですが
富士急に乗り換えてから、アクシデントが。
フジサン特急が、車両故障で動かず、満員(乗車率100%超)の乗客は
乗り換えをしなくてはならず、ブゥブゥ。
しかも、乗り換えた電車には、運転手がいない!
どうしたもんかと思ってたら、運転手さん、走ってやってきた。
ハァハァ息を切らして、焦りに焦っている様子。
運転手席が丸見え・・・そう、私たち、先頭車両に乗っていたのです。
周りの乗客皆さん、口々に
「ああ、いいよいいよ~、焦らないで~」
「飛ばさなくてもいいんだよ」
「安全運転でいこうね!」

でも、そんな心配はご無用でした。
単線の富士急はスピードを出しすぎる事も無く
すれ違いのために何度も止まりながら
のんびりと富士山の裾野を走ったのです・・・。


到着時刻が大幅に遅れてしまったので
日程を入れ替えて、まずはここへ

動物好きな娘たちが恋焦がれた場所です。
犬をレンタルしてくれて、散歩ができるのです。
しかし、GW中とあって、レンタルに長蛇の列。
犬もお疲れで、30分の貸し出しとなりました。

レンタルを待つ間、ふれあいの場所で犬を抱いてご満悦の娘たち。


ようやく順番がまわってきてレンタルできたのですが
娘たちの希望の犬種は出払っており、私の好みで犬を決めました。
イングリッシュ・コッカー・スパニエルの「ひろ」くんです。
「喧嘩っ早いので、他の犬に近づけないでください」と注意を受け
早速お散歩。


ところで、息子は自称「犬嫌い」です。
犬が近づくと、ギャーギャー騒ぐのですが
私から見ると、本当の犬嫌いじゃなくて、「思い込み」のような
気がしていました。
だって、犬を見ると、悪戯したくて惹かれるように近づいていくんですから。
それで、向こうがやってくると、逃げ出す・・という感じです。
「おれ、こんなところ嫌だよ!」
と、さんざん言ってたわりに
犬のお散歩しています。やっぱりね^^



動いてばかりで疲れたので、少し休憩。
シルバンス。ここは、テラスでペットと一緒に食事ができるようです。
チーズのリゾットが美味しかった。目の前で作ってくれます。


ビールも美味しそうでしたが、少し疲れていたので珈琲を飲みました。
ピザもレディースセットも美味でした♪



・・と、こんな感じで一日目はすぎていきます。
翌日は、自然探検な一日になりました。

                          つづく



17:15 | いろいろと | comments (22) | trackbacks (0) | page top↑

いってきたきた 2




1日目、犬と戯れたその夜
宿から「101」のビデオを借りて観る子どもたち・・・
まさにワンワン三昧な一日だったわけです。


さて、2日目
この日も良い天気で、夏日となるでしょう、と天気予報のお姉さん。
私は念入りに日焼け止めを塗りまくり、いざ行かん
青木ケ原樹海へ!


河口湖周辺を走るレトロバスに乗って出かけます。

しかし、ここでまたアクシデント。
GW中ということで、小さなレトロバスは大混み。
車に弱い末っ子が酔ってしまいました。
幸い、近くに座っていた方が、窓を開けて席を譲ってくれました。
冷房は効いていたのですが、やはり風を受けるほうが気持ちは良いですね。
真っ青な顔色だった末っ子も、おかげさまで復活できました。
乗客が多くて、乗り切れない方もでてしまい
途中で、運転手さんが、一台普通のバスを増やすよう手配してくれたようでした。
レトロバスの後ろを、普通の大型バスが追尾する形で走り(写真の通り)
帰りのバスでは、末っ子も酔うことなく快適にすごせました。
やるなぁ、富士急^^


青木ケ原樹海の散策。

一人500円でネーチャーガイドの方と一緒に、遊歩道を散策します。
リスを見かけたのですが、写真は撮れませんでした。残念!
青木ケ原樹海といえば、自殺の名所と言われていますが
実際に歩いてみると、思ったより明るくて気持ちが良いです。
ただ、溶岩が固まってできた地層なので、鉄分を含んでおり
磁石は利きません。
経験豊富な方と一緒でなければ、やはり中に分け入るのは
自殺行為だと言っていいでしょう・・・。

「昨年は170遺体を収容しました」とガイドさんは話しておられました。
地元の方にとっては、行方不明者が出るたびに捜索しなくてはならないので 大変なことなのです。
明るい森を見ていると、そういう出来事があるなんて
想像もできないのですが、それが現実なのですね


散策を終えて、いよいよコウモリ穴へ突入!です。




西湖コウモリ穴は、コウモリが生息している洞窟です。
朝か夕方には、コウモリの姿を見ることができるかも・・・




探検隊隊長(だんなデス)の注意を真剣に聞く子どもたち


ヘルメットを貸し出してくれます。天井が低いので、ゴンゴン頭をぶつけました。
足元が華奢な方には、長靴も・・・


洞窟の中は、狭くて足場も悪く、しゃがみながら進んでいく所もあったりで
探検隊好きなお子さんには、サイコーです。
写真を撮る余裕は私にはありませんでした・・・
体格の大きな方は、かなり苦しいかも、しれません。

続いて、洞窟探検part2
風穴に、まいります。



只今、洞窟内の気温は0度。
中は寒いくらいでした。


ここはヘルメットなしで入れるのですが、それでも私は頭をぶつけました。

とにかく、寒い!
天然の冷蔵庫なんですね。



2日目は、自然を満喫、洞窟三昧しました。
帰りの電車の中では、親子ともども爆睡です。
遊園地に行く事も考えたのですが、天気が良かったからこそ、の楽しみ方でした。

富士山も、とても綺麗に見えてましたしね^^



GW明け、今日は早速 朝からPTAの会議に出かけました・・・。
また忙しい日々が始まります。



17:10 | いろいろと | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑

イラつくような



蒸し暑い一日でした。

毎年のことながら、子宮ガン検診に。
いくつになっても、何度きても
産婦人科は、緊張します・・・・
ポリープもできてないようで、一安心。
検査結果は2週間後。
忘れちゃいそうだ・・・


午後は、中学校の三者面談。
今年受験生の息子と一緒に
先生のお話を伺いました。
「私も、1から5まで数字が並んでいる成績表は、初めて見ました」
好きなことはとことんやって、嫌いなことはとことんやらない
極端な性格が出てますな。

「これといって、いきたい学校がないのであれば
私立にすすませるつもりは無いので
公立に合格できなかった場合は
親としては、夜間高校を考えています。」
「なるほど。その選択肢もありますね」
母と先生の会話に黙って聞き入る息子。

家に帰ってきて、どうするかと見ていれば、
やっぱり勉強はしないまま。
まだまだのんびりしてる息子であった・・・

君の人生は自分のもの
私は身代わりにはなれないからね。
受験では苦しい思いをした母のこの気持ち
わかんねぇだろうなぁ。

18:54 | 子育て自分育て | comments (26) | trackbacks (0) | page top↑

尻に敷かれそうな




連休中のお昼。なぎなたの帰りに、ファミレスへ。
ステーキ好きな末っ子は、いつものようにステーキを頼んだ

息子  「ああ、いいニオイ・・・・。俺にもひとくちくれよ~~」
末っ子 「やだよ。自分で頼めばいいじゃない」
息子  「ひとくちでいいんだよ」
末っ子 「やだ!」
息子  「たのむぅ~~、ひとくち、な?な?お願いしますだ~~」
末っ子 「ぃやだね」
息子  「ね?お願いよ?末っ子ちゃん、かわいいなぁ~、これこのとおりくださいよ~」

真ん中 (じっと見ながら) 「ミジメだね

息子  「・・・・・・・・」

                突っ込まれる運命にありそうな男だな、キミは・・・・


14:32 | 親子の会話 | comments (28) | trackbacks (0) | page top↑

食べかけ




食べかけのお菓子の袋のくち
何で止めてます?

我が家は、洗濯バサミで止めてます・・・
子どもたちそれぞれの食べかけのお菓子があるので
洗濯バサミで止めた袋がいっぱい。
洗濯バサミ、必需品です♪

食べかけのアイスクリーム、どうしています?

我が家では、フタをして、名前を書いておきます。
一気に食べきれない濃い味のアイスとかだと
フタに名前の書かれたものが冷凍庫にいっぱい・・
寮じゃないんだから、、、もぅ。




14:24 | いろいろと | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。