スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | page top↑

メンテナンス日時変更のおしらせ




サービス一時停止日時変更のおしらせ

平素よりエキサイトブログをご利用頂き、誠にありがとうございます。
先にご案内しておりましたサービスの一時停止のお知らせですが、日時を変更させていただきます。
期日:2005年2月2日(水曜日)
時間:00:00~10:00(10時間)

内容:メンテナンスとサイトリニューアルのため
画像表示の不具合を解消するため、画像サーバーの増強も同時に実施いたします。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。


そうですよね。やっぱり、一緒にやったほうがよろしいのではないのでしょうか^^
しかし、10時間はけっこうありますねぇ・・・




スポンサーサイト
21:55 | 伝えたいな | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑

エキサイトブログからのおしらせ



サービス一時停止のおしらせ
平素よりエキサイトブログをご利用頂き、誠にありがとうございます。
下記日時においてサービスを一時停止させていただきます。
ご理解の程よろしくお願いいたします。
期日:2005年2月1日(火曜日)
時間:22:00~24:00(2時間)

内容:メンテナンスとサイトリニューアルのため
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


エキブロも1周年ですものね。
その前に、メンテナンスというわけでしょうか。
もうひとつ、アナウンス。

アップロードと画像表示の不具合について
1月21日20時~24時30分頃までの間、投稿のアップロードや設定変更ができない不具合が発生しておりましたが、その対処を完了いたしました。しかし現在もなお、画像の表示が遅れたり、表示されない状況が発生しております。2月中旬にサーバー増強を実施いたしますが、次週、画像表示を軽減する対処を行なう予定です。
利用者のみなさまには今しばらくご迷惑をおかけしますがご了承ください。今後ともエキサイトブログをよろしくお願いします。


エキサイトブログ向上委員会にも書かれてあります。
こちらの方は、サーバーの増強が2月中旬なのですね。
その前に、画像表示軽減の対処を行うとあるから、2月1日のメンテでやるのかしら?
次週っていつよ?と思ったワタクシでありました。

追記: メンテの時間が変更になりました~




19:15 | 伝えたいな | comments (13) | trackbacks (0) | page top↑

ようやく初詣




天気晴朗なれど、風強し。
のびのびになっていた初詣に出かけた。
どこにいこうか?
部活の息子が戻るのを待って
まずは、お昼ご飯にいかなくちゃ。
そこで、千駄木の中華料理店へ。
相変わらず、美味しい♪
満腹になって、じゃ、初詣
どこいこうか?
近くだったら、根津神社かな
目の前を、都営バスが通り過ぎる。
「浅草雷門前」行き
あ、なんだ。それもありだよね?
ってことで
今年の初詣は、昨年に続き、浅草寺に決まった。

さすがに人出がすごい。
イナカ者の私には、これが一番の苦手だ。
外国人もたくさん。
仲見世の人ごみを縫うようにして、お寺へ。
もうもうと線香の煙が立ち昇るところに
皆、頭突っ込んでる。
私も娘の頭に煙をかけながら
「頭も顔もよくなれ~~」と言ったら
隣のご婦人連れに、大受けされてしまった。

おみくじを引きたいというので
だんなを除いてみんなで引いた。
だんなは占いを一切信じないほうで、やるだけ無駄だと思っている。
怖がりなんじゃないかと、私は踏んでいるのだけど^^
息子と末っ子は大吉だった。真ん中の娘は吉。
そして私は・・・・
だった。
大凶なら、あとは浮上あるのみ、って慰めもできるけど
凶は最悪だねぇ。これからますます悪くなるかもしれない~~
大吉で喜んでいた末っ子が
そんな私を気の毒と思ったのか
「お母さん、私がおみくじを引くときに手伝ってくれたじゃない。
 だからお母さんも、大吉だよ」
って、泣かせるようなこと言う。
いいんだよ、お母さんはくじの良し悪しは気にしないほうだから。
でも・・・百円返せ~

お昼ごはんを食べ過ぎて、帰りの電車の中では
爆睡してしまった。
さて、明日の朝はまたPTAだ。
凶なんか、気にしないもん・・・
凶なんか・・・・・



17:55 | いろいろと | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑

東京国立博物館 唐招提寺展




献血が趣味のだんなは、お寺マニアでもある。
京都が大好きで、特別公開という言葉に弱い。
その彼が、今日上野に出かけていって、
珍しくちょっと興奮気味に帰ってきた。

唐招提寺展

現地でも少ししか見られない鑑真和上像などを
間近でゆっくり見ちゃったよ~~♪と、上機嫌。
入場料1400円の他に、500円の音声ガイドも楽しんだらしい。
寺尾聰の声が良かった、だって。
↓試聴できます
唐招提寺2010プロジェクト


興味の無い人には、物足りないかもしれないけど
好きな人にはたまらない展示だそうです。


21:58 | いろいろと | comments (24) | trackbacks (0) | page top↑

インターネットと子供




インターネットを子供にどう扱わせるか
いろいろな考えがあると思うが
私の見方はこんな風。
どの考えが正しいとか悪いかとかは決められない。
ただ、もしも迷っている人がいるのなら
参考までに、どうぞ^^


続きを読む
01:07 | 子育て自分育て | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑

骨髄バンク


骨髄バンク

うちのだんなは、献血が趣味である。
昨年末で290回を越えた。
骨髄バンクができた十数年前、
献血センターで案内を見た彼は、早速ドナー登録したいと言い出した。
骨髄移植の際のリスクや、入院するための休暇がとれるかどうか
それだけ確認して、私は同意した。
彼の登録番号は2桁。かなり早い時期での登録だった。
だが、登録してからずっと、骨髄バンクからの連絡はなかった。

4年前、初めて「型が合いました」との連絡を受けた。
「検査を受けるの?」
「受けるよ。そのために登録したんだもの」
骨髄移植をするためには、いくつかの検査を受けて
家族の同意もふくめ、最終同意をしなければならない。
私は登録の時点で覚悟を決めているものの
問題は、彼の両親だった。
骨髄移植のリスクを説明すると、表情が曇る。
「小さな子どももいるんだしね」
「人助けの良いことだとは思うけど」
「できれば、やめてもらいたいけどねぇ」
「まあ、、sofiaさんが良いっていうのなら」
息子の意思は大事にしたいのだが、家庭がある。
私は、納得済みで登録したことを話して、なんとか両親の同意は得た。
だが、彼の家族は、私や両親だけでなく、子どももいる。
登録するときはまだ生まれていなかった娘に
骨髄移植のときには、お父さんは入院して手術をするんだよ、と
説明すると、半泣きになって「いやだ」と言う。
骨髄移植がどうして必要なのか説明しても、娘には
父親が背中に穴を開けられるということが納得できない。
時間をかけて、自分の意志を伝えるしかないね・・・
夫婦ふたりで話し合いながら、家族の同意を得る難しさを知った。

骨髄移植には、コーディネーターの方がいて
いろいろな手続きや、連絡を受け持ってくれる。
適合検査や健康診断も、この方と相談して
日程を調整しながら受ける。
だんなの仕事は、平日休みなので病院にも行きやすかったが
普通の会社員では、休みをとるのも大変なことだろう。
検査はすべて異常なしで、いよいよ最終同意をするところまですすんだ。
そうしたら、もう「途中でや~めた」はできない。
最終同意の後、患者さんは骨髄移植のための準備に入る。
骨髄移植ができないと、患者さんの命があぶない。
もちろん、彼の意思が変わることは無いのだけれど
何かの事故や病気になって、骨髄移植ができないということに
ならないよう、外出や普段の生活に注意を払うようになった。
彼の身体は、自分だけのものでなく
患者さんの命を背負ってもいるのだ。
いくぶん、緊張した生活が続いた。

だが、それはある日突然終わった。
都合により、コーディネートを続ける事ができなくなりました
・・・そう連絡が届いて、彼の骨髄提供は中止になってしまったのだ。
これは、最悪か最良かどちらかの状態が
患者さんの身に起きたという知らせである。
「間に合わなかったのかしら」
「薬の治療が効いたのかもしれない」
やりきれない思いがした。

そして、今年になって
2回目の「型が合いました」という連絡がきた。
「今回も急ぎかな」
通常は145日ほど、コーディネートの期間があるのだが
今回は80日。
4月のスケジュールを睨む彼。
だが、今回は前回と違った。
花粉症の薬を服薬している者は適格ではないと書かれてある。
「この4年間で、規制が厳しくなったみたいだね」
電話で確認すると、やはり駄目だった。
彼の場合、花粉症の季節は骨髄提供ができない、、というわけだ。
前回と違うのは、これだけではなかった。
「骨髄バンクから、連絡がきたんだよ」
娘に告げると
「白血病の患者さんを助けるためだね」
ちょっと顔をしかめて、娘はうなずいた。
4年前は泣いていた娘に、機会があるごとに
白血病の患者さんの話をし、テレビを見、説明をしてきた。
父親がしていることはどういうことなのか
娘なりに納得してくれているのかな、、と
今回のことで確認できたように思う。

私も、末っ子が大きくなって
入院しても、子どもだけで家の中が守れるようになったら
ドナー登録するつもりでいる。
登録は、骨髄提供ができなければ意味がない。
何かの都合でダメになることが無いよう
できるだけ障害のない状態になってから、登録したい。
あと、もう少し。





11:00 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

ぶっふぇ


けぇ-きぃー

tshirorn さんのところからtrackback

ケーキ食べたいです・・・
もうトシですので、量はたくさん食べられませんけど
いろんな種類を食べたいという欲張りには
やっぱり、食べ放題がいい、ということで♪

問題は行く時間があるかどうか。
体重増加は、この際、無視いたします。

ストロベリー ケーキバイキング



16:58 | トラバはぁる | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

新潟中越地震義援金のゆくえ~PTA編~




二日続けてPTAで丸一日の私。
市町村PTAの広報紙担当なのだが
PTAからの新潟中越地震の義援金が、どのように使われているのか
記事で載せようということになった。
日本全国のPTA組織の義援金は、各自治体のPTAで集められ
新潟県のPTA連合会へ、おくられている。
電話してきいてみて、初めて知った。

義援金は、現金のまま
家屋損壊などの認定を受けた子どもの家庭の口座に
振り込まれるのである。
現在、被災した家庭の子どもは、約3000人。
日本全国のPTA組織からの義援金の総額は、2億円ほど。
そのほかの教育関係からの義援金をあわせて
一人の子どもに、10万円ぐらいは渡されるのだろうか。
被災したご家庭では、焼け石に水な、微々たる額かもしれない。
それでも、たくさんの人々の善意の贈り物だ。

現金のまま渡されるということを聞いて、その場にいた誰もが納得した。
寄付したお金が何にどう使われているのか、行く先を案じている方がいたら
ご安心を。
あなたの温かいこころは、きちんと伝わっておりますよ。

00:52 | いろいろと | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑

ガラカメ




部活、何やってました?
私は高校・大学と、演劇部でした。
なぜに演劇部かというと
マンガ「ガラスの仮面」を読んで、影響を受けてしまったのです。
あぁ、、なんて単純

「ガラスの仮面」は、なかなか完結しないので有名な
少女マンガの名作ですが
昨年、単行本の新刊が数年ぶりに出たんです!
だけど、こんなことになってたなんて、、、知らなかった・・・

詳しくはこちら

それにしても、本編が終わらないうちに
どんどん周囲があらすじを考え出してしまって
作者にしてみたら、やりにくいだろうなぁ・・と思います。
誰も考え出さなかった結末を作り上げるのって、難しいですよね。
TBボケでおしまいのほうになるとネタが枯渇していくのに似てます・・
って、比較になりませんけどね^^



21:33 | お気に入り | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

疲れたべ



だんなは、北海道へスキーに

わたしは、PTAで学校に

・・・・今に見ておれ・・・
18:03 | いろいろと | comments (24) | trackbacks (0) | page top↑

保健の先生の講演




寒い日が続いてますね
今日は、PTAの研究会がありました。
式典のあと、分科会にわかれて研究会を行いました。
私が参加したのは、保健室の先生の講演会。

保健室は、ケガや病気の手当ての場所というだけではなく、
子供の心の手当ての場所へと、その役割を広げつつあります。
保健室の先生がカウンセラーになって、心の問題の支援をする数は
小中高と年齢が高いほど、増えていっています。
心の問題には色々な要因があるのですが
今回の講演では、身体と心が密接な関係にあるとして
「正しい生活習慣を身に付けることが、心の健康を保つ」
ということを強調されていました。

最近の子供では、睡眠不足が目立つということです。
「学力低下の原因は、子供の睡眠不足」と主張している先生もおられるとか
充分な睡眠は、心にも、身体にも、学力にも、関係しているわけです。
うちの子供たちも、どちらかというと就寝は遅いですね・・・
いかん、いかん。



<保健の先生おすすめの癒し系絵本>

今日からはじめる自分づくり―なりたい自分になれる52の簡単な方法
宝彩 有菜 / 大和書房


あなたのママになれたこと―Thank you forever…
わだ ことみ 荒井 佐和子 / 小学館


今のままでいいんだよ
小木 晴代 遠間 美保子 高橋 みどり / 春萠社





続きを読む
19:20 | 子育て自分育て | comments (22) | trackbacks (0) | page top↑

思わず指でさわりたい


第6回恋愛トラバ♪
colortail さんのところから、trackback
テーマは 「思わずドキッとした瞬間・グッとくる仕草」

色気のない私ですが、ま・・たまにはこんな話題も^^
男性のどんなところにグッとくるか、それはいろいろありますですね
腕枕の腕のちからこぶとか
散髪したての香りがする太い首筋だとか
心臓の音が聞こえる厚い胸板とか
どちらかというと、たくましい系がぐぐっときます。

でも、一番ドキっとするのは
無防備な姿を見た瞬間ですね。
心を開いてるんだか、空気みたいな存在なんだか
そこらへんは微妙ですが
後ろを見せた瞬間に気がつく
あなたの、その髪の毛の寝グセ。
グっとくるというより、
子供みたいで
カワイイのです。
・・・・・・やっぱり、しっかりオバサンなんですかねぇ (^^ゞ


☆★**☆★**☆★**<<テンプレ>>☆★**☆★**☆★**☆★**

恋愛トラバ♪「恋のカラー騒ぎ」  トラックバックで参加。。
第6回お題「思わずドキッとした瞬間・グッとくる仕草」 締め切りは1/25(火)
こんな仕草にときめいた!等オシエテ下さい♪
付き合ってる相手じゃなくても、思わずドキッとした事でも♪

http://yokatta.exblog.jp/tb/1537417

***恋愛に関するお題になってます。皆様ふるってご参加ください^^
トラバはちょっと…という方もコメントを残して下さると嬉しいです。***


※どなたでも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい^^

企画元:よかった探し。 http://yokatta.exblog.jp/
☆★**☆★**☆★**<<テンプレ>>☆★**☆★**☆★**☆★**









18:48 | トラバはぁる | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

ダイエットしたかのような




うん、軽い。
忘れかけてたけど、こんなに早かったのか
幾つもあるマイブログに、びゅんびゅん飛んでいく。
目がまわるような速さ。

実は他のブログのサイトでも試しに作っていたのだよ
そこは急激に増えたユーザーに対応できなくなって
売りものの機能を、2月まで凍結している。
エキサイトは好きだし、ここで知り合った方たちとは
ずっと交流していたいけれど
ブログの使い勝手は、それとは別。
いつまでも改善できないブログだったら
離れていくしか、ないんだよね。

「こうしてほしい」と声をあげてくれるユーザーは大事にしてほしい。
その声の後ろには、何も言わずに離れていくユーザーがたくさん隠れている
無料だから、我慢していることもある。
だけど、無料だから、簡単に離れていく事もできる。
何よりも、ユーザーを大事にするブログの代表であってほしいな。
これからも、よろしく♪






21:45 | いろいろと | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑

緊急メンテナンスによるサービス停止のおしらせ



障害のお詫び
緊急メンテナンスによるサービス停止のおしらせ

平素よりエキサイトブログをご利用頂き、誠にありがとうございます。

下記日時においてサービスを一時停止させていただきます。

ご理解の程よろしくお願いいたします。

期日:2005年1月21日(金曜日)

時間:午前4:00~午前8:00

内容:アクセス増加によるパフォーマンス低下解消のため

ご了承をお願いいたします。



いよいよ、やるのね♪

00:48 | いろいろと | comments (20) | trackbacks (0) | page top↑

姫ちゃん




今日は機嫌よく学校から帰ってきた末っ子

末っ子   「たっだいまぁ~~~~~!」

私      「おかえりー」

末っ子   「さて、帰ってきたのは誰でしょう! 1番、姫ちゃん!」

私      「はいはい」 (自分のこと、姫ちゃんっていうなって^^)

末っ子   「2番、姫ちゃん!」

私      「はいはい」

末っ子   「3番、姫ちゃん!」

私      「はいはい」 (しつこいかも・・)

末っ子   「4番、・・・・山犬の姫!」

私      「・・・・・もののけか?」


                もののけ姫を裏声で歌いながら部屋に入る姫ちゃんであった。


11:00 | 親子の会話 | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑

携帯電話が必携なところ




   PTA会議室に置いてあるPCの調子が悪くなった。
   ネットワークの管理をしている先生をたずねると
   学校内のPCを、情報管理のため登録することになって
   パスワードがなければ起動できないようになっているとか。
   「そのパスワードは、設定した方が知っていますよね?」
   と訊くと、PC設定をした研究所の方が、メモを教頭先生に渡していた、という。
   教頭先生にたずねると、「え!そうだったっけ!」・・・・・おいおい・・・
   パスワードがわからなかったら、PC動きませんのだよ?
   あわてて、引き出しを捜す先生。
   すると、・・・あった!確かにパスワードが書かれてある。
   「良かった~~、捨ててなかった」
   「これで、起動させてみますね」
   「不具合があったら、電話してください。」
   
   ・・・そう、職員室は1階、PTA会議室は4階にあるのだ。
   このメモを手に入れるまでに、何回往復したことか・・・・・

   「電話って・・・携帯電話持っていないんですよ、私」
   「あらぁ~~~~」
   「また来ますから!」
   「インターホンが必要ですねぇ」
   印刷室が1階にあるので、書記さんは、携帯電話でやりとりしている。
   う~~~~む・・・・
   こんなところで、携帯電話の必要性を感じるとは・・・
   いいんだ、1階~4階を何度も往復して、運動不足解消してやるもんね♪




   
10:45 | いろいろと | comments (12) | trackbacks (0) | page top↑

・・・・をさがして




今日はPTA会議室にいるからね、と末っ子に鍵を渡した。
思ったより帰りが遅くなってしまった。
「ただいま~」
薄暗い部屋で末っ子が泣いている。

私    「どうしたの~?」

末っ子 「えーんえーん」

私    「泣いてちゃわかんないよ?」

末っ子 「・・・・いないんだもん」

私    「え?」

末っ子 「さがしても、いないんだもーん」

私    (ギュっと末っ子を抱きしめる)「今日はPTA会議室にいるって言ったじゃない」

末っ子 「さがしても、、、馬がいないんだもーん」


                                    

                                         ドラクエかよっ!





21:37 | 親子の会話 | comments (20) | trackbacks (0) | page top↑

1月17日という日




10年前の1月17日
私は末っ子を妊娠中だった。
関西のほうで大きな地震があったと知ったのは
朝のニュースだったけど
母親から電話があり、神戸の東灘区に住んでいるいとこから
無事だと一報があったと聞いた。
最初はただの地震だと思っていたが
ニュースが続くにつれ、ただ事ではないとわかってきた。
燃え続ける街、倒れたビル、ひしゃげた道路
歴史の教科書で見た、戦後の焼け野原のような光景。

大学の先輩が故郷の淡路島に戻っていた。
お子さんが、まだ小さかった。
どうしていいかわからず、手紙を出した。
「 大丈夫ですか? お子さんが小さいので、他人事とは思えません。
  必要なものがありましたら、教えてください」
文面はこれだけ。返信用のハガキを同封して
無事に届きますように、と祈った。
先輩は、避難所から電話をくれた。家族皆さん無事だった。
同封した返信用ハガキは、落ち着いたあと、近況報告で戻ってきた。

5歳と2歳の子供を抱え、妊娠5ヶ月の身体で
もしもあの地震にあったら・・・・
自分を振り返って怖ろしさに震えた。
災害はいつ起きるかわからない。
そのとき、運にまかせるしか無いのだろうか。
ヒトのチカラはその後で発揮されるものなんだろうか。

昨年は災害がたくさん起きた年だった。
災害が起きたその瞬間から
被災した人たちの戦いが始まるのだな。
それは年を越してももちろん、これからもずっと続くのか。
10年たって、それでもまだまだ立ち直りの途中なんだろうか。
私ができることはなんなのだろう。

犠牲になった方々のご冥福を祈りつつ
この日は
これからも考え続けていくであろう日。




18:47 | 伝えたいな | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

娘も年頃




若い頃、「そういう人とは付き合わないほうが良い」と
ハッキリと言ってくれたのは、母親だけだったような気がする。
自分の交友関係に干渉されたと、その頃は腹が立ったものだ。
今、この年齢になると、もう忠告してくれる人はいない。
自分でヒトを見極め、間合いを計り、バランスをとる。
子供にはできないワザだ。
大人になった今でも、ときおり騙されたり、裏切られたりする。
だが、傷ついても自分で何とか治していける
ゆっくりと、時間をかけながらも、傷が癒えるのを待つことができる。
子供のときとは、そこが違う。

自分の子供を見ながら思う。
彼らが確かに誤った選択をするのであれば
おそらく自分も、「そういう人とは付き合わないほうがいい」と言うだろう。
それが本人のためにならなくても
傷つく事が目に見えているのなら、そう忠告する。

人間関係で悩まなかったことなんて、一度も無い。
ひとりで生きていくことができない以上
避けることはできない大きな課題だ。
私は、遠く故郷にいる母親にいつも心の中で問う。
「このままでいい?お母さんなら、どう考える?」

「そういう人とは、距離をあけたほうがいい」
「つかず離れずいきなさい」
「心のある人には尽くしても喜びがある」
「無視してけっこう」
・・・・・そのときそのときの声を思い出しながら
自分もいつかは子供に同じ知恵を伝えたい、と思う
今日この頃なのである。







18:00 | いろいろと | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

天気荒れそうでも




明日はセンター試験。
私が受験したときは、共通一次試験と言っていました。
受験生の方々にとって、今夜は決戦前夜。
そのとき、私は何を考えていたか
その頃の日記を読み返してみます。

<1981年1月9日(金)>
いよいよ明日だ。
今までの怠慢がたたるか、気力だけの勝負となるか・・・。
やってみなければわからない。でも、精一杯やる。
勝算はほとんどない。しかし、最初から投げていこうとは思っていない。
正面からぶつかって行く気持ちがあるだけだ。
明日はただ、持てるだけのチカラをすべて出し尽くすだけ。

今日、下見に行った。
友人が私を見て、「自信満々ね」と言ったが、ハッタリだけだ・・・(わはは)
ギャースカ騒ぐ気力などありませんのだ。
その分、今、内に充電している。
こうしていると、身体の内側から何か震えらしいものが
徐々に大きくなっていくのがわかる。
とにかく今は表面はゆったりとしているが、内面ではピインと
糸が張りつめたようになっている。

明日・・・か。
とうとう明日だ。
明日の夜、私は笑っているだろうか
激しく打ちのめされて泣いているのだろうか。
とにかく、捨ててはいけない。
最後の最後まで、粘っていくしか、ない。
そのときそのときで、私のチカラを(弱小だけど)すべて、出すのである!

今は ただ静かにしていたい。



受験生の皆さん、見守るすべての方たちへ
ベストがつくせるような日であることを祈ります。


23:14 | 伝えたいな | comments (24) | trackbacks (0) | page top↑

情報の価値




午前中、サークルの集まりがあった。
子育て講習会を終えた後、せっかく知り合えた仲間が
バラバラになるのは惜しいね、ということで始まったサークル。
だが、子供が大きくなり、皆それぞれに勤め出したり、PTA活動したりと
月に一回集まるのも難しくなってきた。
退会者も増えだして、企画をたてるにもアイデアが乏しくなってきている。
加えて、2年間私がリーダーをつとめてきたが、引き継いでくれそうな方も
見当たらない。今年は私も忙しくなりそうなので、今の形のままで
サークル活動を続けていくことが困難になってきた。
今日は、そのことについて、話し合いをした。

結果としては、取りまとめとしてリーダーは引き続き私が行うことになった。
サークル運営の形は、今までの「企画イベント型」から、「情報発信型」に
変える事で、なんとか会の解散をせずに続けていくことができそうだ。
いろんな学校の方が参加しているサークルのネットワークが失われるのは
残念なことであり、もったいないのである。
これからは、会費を徴収して運営するのではなく、企画ごとに参加者募集の案内を
発信し、参加者が実費を負担する。
また、ネットワークをもっと利用し、各学校や各地域でのイベントや
「こういう問題にはどうしてる?」という情報交換もしていきたいと思っている。

午後は、市町村PTAの運営委員会があった。
ここでも興味深い防犯活動の情報交換が行われた。
ひとつの地域、ひとつの学校では、考え方や知恵も限られてくる。
さまざまな地域や学校の情報が、お互いに貴重なものになっているのだ。
こういった会合に出席するのは面倒なことだが、確実に何かを得る事ができる。

一日中、会合ばかりだったけど、とても有意義な時間だった。
情報の価値について、実感できた一日であった。
あなたにとっては、何の価値もない情報でも
わたしにとっては、お金で買えないほどの価値がある。
取捨選択の眼力が、これからますます求められるのだろうな。







20:51 | いろいろと | comments (10) | trackbacks (0) | page top↑

さすが息子




ドッグフードの話になったとき

息子  「今っていろんな犬用の缶詰め、売ってるんだね」

私    「犬の種類によるの?」

息子  「そそ。乳輪用とかね」

私    「・・・・・・?ちちわ?」

息子  「そう。ちちわ」

娘    「・・・チワワじゃん?」

          
          その後、息子は「ちちわってなんだよ?おっぱいの輪か?」と叫んでいた




20:14 | 親子の会話 | comments (18) | trackbacks (0) | page top↑

ドラクエ雑感



ドラクエ8を、家族でやりながら、ふと思った数々

・ 相変わらずの泥棒行為は勇者にふさわしくない
  袋の中に、手を入れなさんな!

・ 戦闘シーンで「ぼうぎょ」していないときに無防備すぎる!
  せめて形だけでも身構えていてほしい・・・
  ぼけーっと突っ立っているのを見ていると、なんだか腹が立つ

・ ゼシカのコスプレが絶対流行る





08:28 | いろいろと | comments (16) | trackbacks (0) | page top↑

金の皿




ガラス製品のお店でしたが、陶器の食器も扱っておりました。
ときどき、結婚のお祝いに贈りたいというお客様が
ディナーセットなどを一揃いお求めになることがありました。
そのとき、必ずといっていいほど、選ぶのに悩まれます。
「こちらのデザインはシンプルでいいわねぇ・・・」
「でも、こっちのも華やかな感じでいいわ」
どちらがよろしいかしら?とこちらに意見を求められるのですが
「お好みですから・・」とお答えするのが精一杯です。

こんなときは、デザインから離れて 違う事で選んでいただくようにします。
たとえば、食器の縁に、金の飾りの有るものと無いもので悩まれている時には

「普段お使いになられるのでしたら、こちらをおすすめいたします」
と言って、縁に金の無いものを推します。
「どうしてですか?」
「金のあるものは、電子レンジに使えないので、温めなおしができないのです」

電子レンジに金属をいれると、火花が散って危険です。
綺麗な金の飾りも、焦げてしまうのです。
デザインで悩んでいたお客様も、実用的かそうでないかを考慮して
品物を選ぶようになります。
普段から使って欲しいものを贈るか、自分では手が出ないようなよそゆきを贈るか
それは、贈る方の考え次第なのです。

食器を贈るときには、セットのみ販売というのは避けたほうが
先様への思いやりだと考えます。
セット販売だけのときは、その旨を必ず申し上げて
「割れた場合の補充はできないことをお伝えください」と付け加えます。
ばら売りもしていて、なおかつロングセラーでデザインが変わらないものを
結婚祝いのときには、お奨めしていました。
それが正しかった、と改めて思ったのは、
自分が結婚して、いくつもの食器を割ってしまった後でしたけれど・・・




某所から、いただいてきた食器。新しい食器に入れ替えると言う事で
お下がりになりました。肉じゃが入れても、豪華に見えそうです^^




16:45 | 仕事の記憶 | comments (22) | trackbacks (0) | page top↑

なぎなたの記事




なぎなたの取材で、記事になったはずだった。
なのに、うちの新聞にフリーペーパーが入ってなかった・・・
地域によって、折込が違うのか~~
サークルの友人から、「見たよーっ」とメールが。
次の会合で、見せてもらおう・・・

子供は意外にケロっとしている。
私のほうが、ショックだったり・・・

「お母さん、ブログのネタが減ってショックなんでしょ」
うっ・・・・。
相変わらず、痛いとこをつく真ん中の娘だわぃ




16:11 | いろいろと | comments (14) | trackbacks (0) | page top↑

初ナントカ




<初稽古>

 なぎなたの初稽古。
 みっちりやりました・・
 久々なので、型も忘れているし
 身体がばらばら。
 先輩たちの調和のとれた美しい型を見て
 いつになったらできることやら、と嘆息。
 剣道はどうかわからないのですが
 なぎなたは、防御が主なのかな、と思います。
 長い柄の部分で、自分の身体を囲うように
 防御しながら 振り回すのです。
 狭い屋内でもスムーズに動かせるように
 廊下でも振り回せるように。
 頭では理解しているつもりなのですが
 身体に反映できない・・・
 鍛錬ですなぁ。


<初ステーキ>

 なぎなたの後、家族でステーキ屋に行って
 ステーキを食べました。
 子供は肉食べますネェ
 230gのステーキだけでは足りなくて
 ジャンボハンバーグを追加して、分けて食べました。
 そこはパンとスープが食べ放題で
 おなかいっぱいになりました。
 「贅沢はこれでおわりだよ」
 「え!」
 「まだ一年始まったばかりじゃん」
 ・・・確かに、先は長いなぁ。


 で、今夜はPTAの本部の会議を兼ねた新年会です。
 3学期も行事あるし、これからの方針も話し合わねばならないし
 ま、お酒を飲みながら和気藹々と♪
 明日も、子供はお休みです・・・
 
 
 
 
 
 

12:58 | いろいろと | comments (23) | trackbacks (0) | page top↑

過去との決別



新春!男女対抗TBボケ駅伝開幕!に参加します。
第28走者の raphie さんのモノクロームの思い出から
に続いて、第29走者になります。


お題は、「3日間並んでゲットした福袋に入っていた驚くべき目玉商品とは?!」




その福袋を買うために3日間並ぶ。
なぜ、3日間なのか。

1日目
静かに人が集まり始めた。
店の前で整理券を受け取る。
3日前に並んだという証明書だ。
これが無いと、福袋を買う権利はない。
証明書には、3つの欄が印刷されている。
その初日の欄に、店のスタンプが押されている。
これから3日間、店のスタンプが証明書に押されていく。
3つの欄すべてにスタンプがあれば、3日間並んだという証だ。
何時に店員がスタンプを押しに来るのか、それは秘密のままだった。
並ぶ者は気の抜けないまま、長時間列を離れることもできずにそこに佇む。

2日目
ろくに眠りもしないで夜を明かす。
ある者は空を仰ぎ、ある者は足元を見つめ、ある者は目を開こうとしない。
皆、一つのコトを思いつめている。
その日が来るまで、同じ事を考え、思い出し、自分に問いかける。
いいのか?ここに並んでいていいのか?
拘束されるのは、結論を出すまでに悩みぬけということなのだろうか。
その福袋を買うために、3日間並び、3日間悩む。
それが果たして長い時間なのか、短い時間なのか、誰にもわからない。
眠れないのか、あちらこちらでガサゴソ音がする。
携帯電話でヒソヒソと話していた男が、ゆっくりと、列から離れていった。

3日目
あれほどに長かった人の列が、いつの間にか人数をすぐに数えられるほど短くなっていた。
皆、青白く疲れきった表情なのは、長時間並び続けたという理由だけではない。
最後のスタンプが押され、安堵の吐息と、ますます追い詰められた瞳と。
じっと証明書を見つめたまま、最後の最後まで思い悩む者もいる。
すでに心を決めている者は、ゆっくりと深呼吸を繰り返す。
店のシャッターが、ぎぃぎぃと音をたて、上がり始めた。
誰も何も言わず、静かに引き換えが進んでいく。
3日間並んだ後の数分で、福袋は完売した。

それは、過去と決別できる福袋。
袋の中には 数枚の書類とともに、一枚の往復はがき。

「 このハガキは切り離さずにお出しください
  あなたの氏名・生年月日・現在の住所・電話番号
  記載漏れのないように記入してください 
  すべての手続きが完了した際のご連絡のため
  返信ハガキを新しいご住所に送付させていただきます 」

このハガキを出せば、すべて変わるのだ。
名前も、生年月日も、住所も、学歴も、
すべての記録が別人のものにすりかえられ、
過去の自分とは全く違う人間として、この世に生きることができる。
以前の自分の記録は、永遠に破棄されるのだ。
3日間並びながら、過去と決別できるのかどうか
自分自身が考え、決める。
だが、今こうして福袋を手にしても猶、迷う。

かすかに震える手の中で、たった一枚のハガキが揺れている。
・・・・・? 
下の方に、赤い字で注意書きがされてあるのに、気がついた。

※ 記録の手続き完了の後に
  記憶の消去を開始いたします
  お知り合いの方との接触は  
  お控えになってください   ※


何度も、読み返していた。






■□■□■□■□■【新春!男女対抗TBボケ駅伝!】■□■□■□■□
【ルール】
 お題(共通お題)の記事にトラバしてボケて下さい。
 今回は駅伝なので男女対抗の団体戦です。
 たすきとして、前走者のネタの中から単語を1つチョイスして
 自分のネタに組み込んで下さい。
 そして、記事の最後にチョイスした単語を発表してください。

 開催は1/1共通お題発表、往路1/1~4、復路1/5~8の1週間です。
 往路復路で1人1TBずつ参加可能です。(同一路に1人2TBは不可)
 お題記事と前走者の記事の2つにTBしてください。
 お題記事は男女別なので注意して下さい。
 男性チームTB記事 http://earll73.exblog.jp/1498480
 女性チームTB記事 http://earll73.exblog.jp/1498483

 より多くのTBがついたチームが優勝です。
 優勝チームの中からMVPを発表します。
 MVPには「TBボケ2ndステージ第1回のお題出題権」が贈られます。

 参加条件は特にないのでどんどんトラバをしてボケまくって下さい。
 お祭りなので初参加歓迎です。

 ※誰でも参加出来るようにテンプレを記事の最後にコピペお願いします

 企画元 TBボケ駅伝実行委員会
     毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


たすきの言葉は「下の方」です。
説明書きは、下の方まできっちり読みましょうね♪


12:05 | トラバはぁる | comments (40) | trackbacks (0) | page top↑

男の人は見ちゃダメよ


新しいって気持ちいい♪

gie_bog さんのところから、trackback

昨年の記事で年を越してしまったのですが^^
綺麗なパウダーの写真が忘れられなくて。
で、自分はどんなの使ってたっけ、、と改めて見てみました。

これが、私の七つ道具です



奥の方から
香水、下地、チーク、ファンデーション、口紅、リップブラシ、ブロウライナー
と、ならんでおります。
下地はさかさまに置いてあります・・・色気ないですねぇ
普段はこれで済ませていて、チカラを入れるときは
さらに、アイシャドウを指で(!)塗りたくっています。

お化粧すると、気合が入ります。
私がまめに化粧をするようになったのは
幼稚園のPTA会長になったときからです。
人前に出ることが多くなってからですね
鏡の前で回し蹴り・・・はしていませんが
気合入れております。
今日も、元気にいきましょう!



続きを読む
10:44 | トラバはぁる | comments (26) | trackbacks (0) | page top↑

マンガ愛読書




お年玉で本を買いに行く道すがら

娘   「 うちのクラスで、りぼん読んでる人は少ないんだよ」
私   「 他のひとは?」
娘   「 ちゃおとか、なかよしとか」
私   「 ふむふむ。付録つきが人気あるんだね」
娘   「 お母さんが子供の頃は、別冊マーガリンだよね」
私   「 ・・・別冊マーガレットだよ」


                           途中まで文字はあってるんだけどね。惜しい^^


08:42 | 親子の会話 | comments (48) | trackbacks (0) | page top↑

書初め




ようやく、子供たちの書初めを終えた。
普段してないことするのって、大騒ぎ。
左利きの末っ子も、右手で書いてましたよ^^

で、私もついでに、新春の書初めを一発
続きを読む
08:15 | いろいろと | comments (38) | trackbacks (0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。