FC2ブログ

9月の定期便

IMG_0936.jpg

北海道の地震は大きかったけど
北海道は広い。
地震より停電の方が深刻だった地域も多い。
函館の夜景がフッっと消えた画像、ショックだったな。

弟は昔から何かしら「感じる」らしく
今回の地震の数日前に、自宅の懐中電灯事情がお粗末だな、と
ふと思ったらしくデカイ電灯をポチっとしたとのこと。GJ。

IMG_0938.jpg IMG_0939.jpg

この日は天気もよく、青空が綺麗。
3連休で、観光客もぼちぼち戻ってきている。
娘たちが遊びに来たので、車椅子で散歩に出た。
ラキピでソフトクリーム。すごく混んでたわ。


IMG_0944.jpg

娘たちが来ているので、生け簀のあるお店へ。
朝市の近くにある「海光房」。

IMG_0946.jpg IMG_0948.jpg



今年は烏賊が戻っているそうだけど
年々少なくなってきてるみたい。
新鮮なのを刺身で食べて美味しいのは烏賊。
他の魚はとりたてだと身がコチコチしてるだけで旨みがない。
でも烏賊は新鮮なバキバキなのが美味しい。

IMG_0947.jpg

活きが良くて私の前歯の仮歯がパッツン!と折れてしまった・・・。

函館では必ずソフトクリームを食べる事にしている。
今回の〆は函館空港の「美鈴」で。
美鈴のコーヒー美味しい。ソフトクリーム堪能。

IMG_0949_20180924191842188.jpg IMG_0950.jpg

飛行機は初めて乗ったエアバス。
座面にディスプレイついてて、ebook読めるの。便利~~

IMG_0951.jpg

定期便は来月もありますが、9月は臨時便も。
それはまた別なお話。



19:10 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

8月の定期便

例年より暑いとはいっても、流石の北海道。
さらに函館は内陸の街より涼しくすごしやすい。
海は青く、風は爽やか。
夏は函館に限る~~

8月にGLAYのコンサートが行われる「緑の島」。
昔は何もなかったところに埋め立てでできた人口の島。
新島襄の石碑は変わりなく建っており。
ここからアメリカに密航したわけね。
石碑の説明書きで、彼の本名が七五三太(しめた)というのは
随分子供のころから知っていた。
名前がどうのと言うより、七五三って書いてしめ、って読むんだ。ってことが鮮烈な記憶。


IMG_0871.jpg IMG_0872.jpg IMG_0873.jpg

ぶらぶら散歩で新島襄の石碑から、弥生小学校へと続く東坂。
この坂の中腹に、小林写真館が建っている。
ここは私が子供の頃は小林文具店といって、ごく普通の学校の近くにある文房具店だった。
こんなに由緒ある建物とは知らなかった。
実家の近所には、子供の頃フツーに皆暮らしてた建物が
実は歴史ある建物で・・ってのが多い。

IMG_0874.jpg


その中でも綺麗になったとき一番驚いたのが、旧英国領事館。
基坂の途中にあって、昔はボロボロな建物だった。
向かいには函館市立病院が建っており、旧英国領事館の建物は
看護婦さんの寮に使われていた。
よくぞ使用に耐えたものだ。
敷地内のイチョウの木は私が小学生の頃から既に大木だったから
樹齢は随分なんだろうと思う。
その頃本好きでよく読んでいたのがドリトル先生の物語。
英国風とかそんなこと知らなかった子供が、旧英国領事館を
「ドリトル先生の家」と呼んでいたんだから、すごいね私。


IMG_0881.jpg IMG_0882.jpg
IMG_0884.jpg IMG_0885.jpg IMG_0886.jpg

中は展示と喫茶室になっていて、喫茶室ではアフタヌーンティーを楽しめます。

IMG_0887.jpg IMG_0888.jpg
IMG_0889.jpg IMG_0890.jpg

中庭はローズガーデン。こじんまりとした庭だけど、薔薇の香りがして落ち着ける。
ここも昔はテニスコートだったような記憶がある。
ボロボロな建物が綺麗になってまた使われていくのは嬉しい。

IMG_0891.jpg IMG_0892.jpg
IMG_0893.jpg

IMG_0894.jpg IMG_0895.jpg

旧英国領事館を出て坂を少し下ると、喫茶店グリーンゲイブルズ。
赤毛のアンのファンな私は、ここができたときは「夢が壊れる・・」と
嘆いたのだけど、40年以上になるのかしら。
今はすっかりツタが覆って味のある建物になっておる。
YUKIが通ったお店ってことでも有名。
この日は休みだったけど、パイとか美味しいよ。

IMG_0878.jpg IMG_0879.jpg



短い夏を惜しむように、花に潜り込む蜂。ちょっと大きな蜂でビビってピンボケ。
函館の夏はそろそろ終わりです。

IMG_0896.jpg




01:24 | いろいろと | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

7月の定期便

飛行機の外に出ると、もう涼しい。
空気が違う。引き締まるような風と、青い空。
別世界だわ~~
最終の飛行機でいつものように着いて
ホテルは食事なしにしているので、近所で晩御飯。

この夜は、2回目の訪問になる「すず音ドリーム」。

IMG_0821_20180728000453f2d.jpg

中華のお店でカジュアルで美味しい。
壁一面にランタンが飾られていてアウトドア好きなのかなとか思いつつ・・
店内にバイクも置いてある。鉄馬好きならお話が合うかも。

IMG_0817.jpg IMG_0818.jpg
IMG_0819.jpg IMG_0820.jpg

チャーハンがふんわりとしてて好きなんだよね。
杏仁豆腐はダルスの塩を使っていて、
ちょっと、いやかなり変わってる。
少ししょっぱくて、クリームチーズみたいな感じ。
これ東京で販売したら絶対売れる。
一日に作れる数が少なくて・・ってお話だったけど
それ故に売れる。まずは交通会館で!

家事手伝いの合間に、ちょこちょこ近所を散歩。
通っていた弥生小学校の斜め向かいにある
中華会館はもう公開してないみたい。
私が子供の頃は、結婚式とかあると賑やかで
外からチラっと覗くと中がとても豪華だった。
その後観光客にも公開してて、じっくりゆっくり見学したっけな。
こんな感じでしたよ。https://www.hakobura.jp/walk/post-134.html

IMG_0831.jpg

これは旧日本銀行の建物。
子供の頃、この裏手で、近所の子たちとままごと遊びしてました。
昔は鷹揚というか寛容だったのね。

IMG_0832.jpg IMG_0833.jpg

ちょうど函館はお盆。
函館は東京と同じ新暦なのだ。
「函館の7月はお供えできるものがまだない」と
いつも親戚から言われてた。
今はハウスものとかあるけど、昔は本当に何もなく。
はったんきょ、って呼ぶスモモが並ぶくらいでした。
で、お供えにするどら焼きを買いに、千秋庵総本家へ。

IMG_0845.jpg

趣のある建物ですよ。いつまでこのままで在るか・・。
もちろん、どら焼き美味しい。
母のおすすめは、栗が丸ごと入っている「本栗」。
ふんわり、しっとり、栗~ って感じです。

7月15日には、函館新聞社の花火大会があり、
家の目の前の港で打ち上げ。

IMG_0852.jpg 
IMG_0857.jpg

8月には、函館港まつりの花火大会もある。
これはもうずっと昔から。
尺玉の花火の開く音がズドン、バスン、とお腹に響く。
懐かしいなあ

IMG_0860.jpg

今回はお寿司食べなかったので、帰りの空港で海鮮丼。
美味しかった。
また来月涼しくなりに行きますわ。

01:07 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

1年に1度の行事

梅雨が6月に明けるのは観測史上初らしい。
夏始まりとともに切ったぜ。
ボッサボサの長い髪をサッパリ~~

IMG_0755.jpg


IMG_0802.jpg

また来年よろしくです。
17:44 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

6月の定期便

以前母の日に贈った紫陽花が咲いていた。
花の色が変わったよ、今年はピンクになった。と母。
花が終わって、切ればまた咲く。
母は花を育てるのが上手で、今は父を操っているらしい。

IMG_0708.jpg

爽やかだけど、風が強い海岸。
今日も散歩に行くど!と父。
車椅子は電動で、坂になると自動でギュイーンと上がってくれる。
便利になったものだ。

IMG_0721.jpg

北海道第一歩の地の記念碑を通過。

IMG_0724.jpg IMG_0735.jpg

IMG_0727.jpg

金森倉庫のスタバ横にある、ラッキーピエロでお茶をする。
ソフトクリームとフレンチフライポテトを堪能。
ほどよく疲れたのか、家に帰った後両親は昼寝。

私は少し散歩。日和坂を久しぶりに上ってみた。
石畳みの素敵な坂になっているなあ。

IMG_0709.jpg

子供の頃から参っている船魂さん。
北海道最古だったん??
車が少なかった頃、初詣の時はソリを持って行き
一気に坂を滑ったものだ。
今は危なくてできないけど。

IMG_0710_20180628004416592.jpg IMG_0712.jpg
IMG_0714.jpg IMG_0713.jpg

船魂さんを下ると、ラブライブでおなじみの菊泉。
その前を歩いて八幡坂。
観光客がたくさん集まっているところ。
坂を下りて、旧白百合高校の建物の前でパチリ。
奥のカトリック教会と向かい合っているのは
私が通った白百合幼稚園。懐かしい。

IMG_0716.jpg

IMG_0717.jpg

映画「PとJK」にも使われた旧岡本邸。
今は「パターテ」というニョッキのお店になってるみたい。
もっと前は八花倶楽部という中華のお店だったな。

IMG_0718.jpg

日下部邸。
私が子供のころから変わらない、重厚な日本家屋。

函館の七夕は、子供たちがハロウインのように家々をまわり
歌ってろうそくやお菓子をいただく風習がある。
日下部さんのお宅へも、町内会の子供皆でワイワイと伺って、「竹に短冊七夕まつり~♪」と
歌ったものです。立派で広い玄関だったな。


IMG_0746.jpg

帰りの飛行機ではヨーダ師とまた一緒でした。
バッテンにシートベルトされて座ってたよ。ヨーダ。
7月にまたね。


17:01 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

5月の定期便

ということで、月に1度の函館へ。
桜は終り、ツツジがそろそろ・・という頃合いである。
天気が良くて、空が青い。勝手にハコダテブルーと呼んでいます私。

IMG_0637.jpg

実家近くを散歩しながら撮ってみる。
私の好きな旧桟橋。
老朽化で危ないためか、立ち入り禁止になっている。
ぜひ!綺麗にしてほしい。財源無いなら、ふるさと納税で。
寄付しますよ。

IMG_0643.jpg  IMG_0644.jpg

向かって右、旧西警察署。趣あるよね。
その近くの朽ち果てた建物。これはかなりキテます。

散歩にちょっと疲れたら、「しろくま」でお茶。


IMG_0676.jpg

海の上に建っております。
私が小さな子供の頃は、定食屋さんだった記憶が。
何度か改築や閉店とかあって、今のしろくまに。
隣には、今は閉まってしまった喫茶店「シーサイド」。
高校~大学とよく通ってたな。

眺めは最高。海!そのまんま~

IMG_0646.jpg  IMG_0648.jpg

店内には大きな白熊のはく製が。

IMG_0649.jpg  IMG_0650.jpg

私が函館で必ず食べるもの。
それはソフトクリーム。
函館空港で〆に食べてることが多い。
今回は、山川牧場の美味しいソフトクリームを求めて
Cafeマリオドール」へ。
以前は金森洋物館にあったのが、移転してこちらのお店に。
見て、このボリューム。
真ん中にミックスソフト、両脇にバニラソフト。
そして季節の果物。このときはメロンがデデーン!と。

IMG_0672.jpg  IMG_0673.jpg

1人で完食しましたよ。函館に来ると太る。絶対太る。(幸せ~)



IMG_0690.jpg

帰りの飛行機にはヨーダが乗っていました。
がっちりシートベルトされてましたな。

お天気に恵まれた函館滞在でした。

続きを読む
17:23 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

4月の定期便

転職して休みが確保できて 毎月一度、一週間ほど実家に行っている。
3月にはまだ雪が残っていたけど、
あっという間に融けてしまった。

最終の飛行機で函館に着く。
函館空港は街の中にあるので、便利。
だけどかなりの低空で街を横切り、昔の香港みたい。
裏夜景というか、函館山を観る体で着陸す。

IMG_0574.jpg

往復の飛行機に一泊のホテル付パックの方が
断然料金が安い(片道の航空運賃並み)ので、
最終で行ってホテルに泊まり、少しゆっくりする。
実家では自分の思うままに時間をすごすわけにはいかないので。
実家は観光地のど真ん中にあって、近くのホテルには事欠かない。

IMG_0576.jpg

今回は宝来町のホテルをとった。素泊まりなので、食事は近所ですます。
青柳町まで足をのばして、「桜路」に。
古い民家をリノベーションした建物で、懐かしい感じ。
板前さんと函館公園の桜の話などする。
お寿司と卵焼き、北寄貝をいただく。
ウイスキーの水割り美味し。函館の水美味し。

私の役目は、家事を少し担う事、
何よりも老夫婦の間に入って空気をちょっと入れ替える事。
耳の遠い父に話しかけることを諦めている母の話相手になる。
最初は言葉が出てこない母が、話し始めると
徐々に言葉がつながってゆく。
私が今できることはその程度。微力だけど、無力ではない。
と思うことにする。



22:10 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

はとバスで桜

3月末。都内の桜は見納めかと
はとバスで桜めぐり。
東京駅はとても久しぶり。
ここから黄色いバスで出発なり。

thumbnail_180331_083239.jpg

IMG_0533.jpg IMG_0535.jpg

千鳥ヶ淵のボート乗り場は長蛇の列で約2時間待ち。
桜の花びらが散って、ボートが気持ちよさそうだもんね。
近くの靖国神社の桜もチラ見。

今回はコンラッドホテル東京でのランチがツアーに含まれてまして
なかなかにお洒落で美味しかったです。
私にはちょうどいい量だけど、たぶん男性には足りないね。
でも自由時間がたっぷりあるので、
各所で好きなものを食べるのもアリです。


IMG_0537.jpgIMG_0538.jpg
IMG_0539.jpgIMG_0542.jpg

ホテルを後にして、水上バスで浅草へ。
ここも長蛇の列。ツアーの方が楽に乗れるかも。
↓この船はアニメに出てきそうな感じ。
宴会や食事ができる船なんだって。
今回はこれじゃなくてリバータウン。

IMG_0545.jpg

IMG_0547.jpg IMG_0551.jpg

アサヒビールのビルに映るスカイツリー。

IMG_0553.jpg IMG_0554.jpg
IMG_0555.jpg

隅田川沿いにテクテク歩く。
暑い~~
人がたくさん、焼き鳥とか焼きそばとか屋台もたくさん。
お花見を訳して「festival」って言った外国人もいたけど
ホント、ただ「花を見る」んじゃなくて「お祭り」だね。
私達も花より団子。

IMG_0558.jpg

言問団子。
向かいにある長命寺の桜餅には怖ろしく長い行列ができてたけど
こちらはすんなりと席に座れて団子をパクっとお茶をズズっと。
柔らかくて美味しい。歩き疲れてたけど少し回復。

ちょっと歩いて浅草寺。
仲見世はおそらく凄い人出だと思ったので、言問橋から裏手に回る。

IMG_0564.jpg

最終目的地は上野。

IMG_0565.jpg thumbnail_180331_161311.jpg

実ははとバスのツアーは初めて。
都内のちょっとした薀蓄もバスガイドさんから教えていただき
予想以上に楽しかった。
車の無い我が家には良いかもしれないな~



18:59 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

IMG_0498.jpg

大堀川沿いの桜。地元の皆さんが植樹したり掃除したりで
綺麗に咲きそろっています。

小学校⇒近隣センター⇒中学校⇒高校 と川沿いに
学校やら施設があるのだけど、校庭の桜とともに
見応えある桜の散策路です。
吹く風も気持ち良い。

IMG_0499.jpg

ところどころに椅子もあって。

IMG_0493.jpg

IMG_0491.jpg

IMG_0486.jpg

IMG_0485.jpg

川には野鳥も。カワセミも観られるみたいです。

IMG_0483.jpg

遠出せず近場でお花見。
これで満足しちゃう私は安上がり。

IMG_0481.jpg

手をのばせばすぐに桜に触れることができる。
贅沢かも。

IMG_0507.jpg




続きを読む
20:51 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

3月の定期便

函館市地域交流まちづくりセンター

実家近く十字街にある懐かしい建物。
私が子供の頃は丸井今井デパートでした。
屋上には遊園地の乗り物があって、食堂の入り口には
噴水のようなジュースの自動販売機。
階段には大理石、エレベーターは蛇腹の扉。

デパートが五稜郭に移り、この建物は市役所の水道局になってたような。
確か当時付き合ってた彼氏が水道料金未払いで水道止められて
私が近所だからと払いに行ってあげた記憶が・・。
どんだけ滞納。

その後、改築して地域交流まちづくりセンターになったようです。

IMG_0446.jpg IMG_0447.jpg

玄関の灯り。大理石の階段。

IMG_0448.jpg IMG_0449.jpg

東北以北最古の手動式エレベーター。
今は通常扉が閉まってるようですが
2007年にセンターとしてオープンした頃は
扉を開けててくれました。

IMG_0450.jpg 

これはその時の写真。11年前の息子が写っておる。

DSCN4104-2s.jpg

ここの1階には喫茶コーナーがあり、珈琲美味しいんです。
散策中の休憩におすすめ。

この建物の脇の坂が南部坂。
この坂を上りきると函館山ロープウエーの乗り場があります。
01:42 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

2月の定期便

IMG_0381.jpg


冬に実家には行かないことにしていたのです。
飛行機が欠航になりがちなので。
だけどこのたび転職をして、フルタイムからパートになり。
時間を仕事以外にだいぶ使えるようになったので
この冬に9日間ほど実家に行ってまいりました。

新幹線で4時間ほど。飛行機に比べたら長い時間だけど
欠航するかどうかでハラハラすることもなく。
(当日案の定欠航になってた)
駅弁も楽しみ。駅のホームで深川めしを購入。
朝御飯は食べてきたけど、なんとなくお腹が空いてきたので
サンドイッチも追加で購入。
社内販売の珈琲が好きなので一緒に・・と軽く思ってたんだけど
このサンドイッチすごくおいしかった。
神戸屋 ロースハムと菜の花エッグ
上野駅で販売してたのは黒米パンを使ってました。
菜の花の胡麻和えがイケる。
今月15日までの販売みたいです。

サンドイッチと深川めしとアイスクリーム食べたら、函館に到着。

IMG_0379.jpg

今年は雪が多いのですよ。駅のホームの柱に雪かきされた雪が。
町の中でも、あちこちに雪山がこんもりと。
私が小さい頃はこのぐらいの雪山でソリすべりとかやっちゃってましたが
さすがに今は交通量多いので無理。

IMG_0380.jpg

IMG_0408.jpg

急な坂はcloseされてます。人は上れるけど。
じゃ坂の上の人はどうすんの?って話ですが
坂は他にもたくんあり、いくつかはロードヒーティングされてます。

IMG_0419.jpg

通行止めの坂は「日和坂」、この写真の坂は「八幡坂」。
どちらも坂下に港が綺麗に見える坂です。

函館に着いた初日は旦那が一緒で、一度は食べたい「阿佐利」のすき焼き。
と言うので、函館に行く前にランチを予約。

IMG_0382.jpg

IMG_0390.jpg IMG_0387.jpg


とにかく老舗なのです。建物からして古い。
創業は1901年です。そしてリーズナブル。ランチ1400円~ですよ。

IMG_0386.jpg

IMG_0384.jpg

コロッケが付いてるのが1600円。このコロッケがまた美味しいのです。
ご飯はおかわりOK、ゆずシャーベットのデザートまで付いて
この値段の牛すきランチはお得です。
夜のすき焼きコースでも4000円ぐらいなのです。

旦那は仕事があるので次の日飛行機で出立。
その前に甘いものを食べようということで、「ペシェ・ミニヨン」。

IMG_0394.jpg IMG_0393.jpg
IMG_0391.jpg

店内も落ち着くし、ケーキはもちろん美味しい。
函館にペシェ・ミニヨンができたときは夢かと思いましたもん。
私が上京した頃は新橋にあったお店でした。

今回の函館は、今までより長い時間両親と一緒にいようと思ってのことで
雪も深いし、あまり外出はしなかったのだけど
一軒新しいお店に出かけてみました。
大三坂にある古い建物をリノベーションした「She told me」。

IMG_0410.jpg

白くきれいな建物に生まれ変わってました。
IMG_0416.jpg IMG_0418.jpg IMG_0415.jpg

中には暖かな薪のストーブ。
ハンバーガーが美味しいとのことですが、お茶だけでもOKということで
キャラメルチーズケーキと珈琲。
ほろ苦くて大人の味でした。

IMG_0414.jpg IMG_0412.jpg

函館を発つ最後の日には、恩師の定年退職の集いがあって
30数年ぶりに同級生に会ったり、いろいろ有意義な時間でした。
函館ではずっと「そだね~」みたいな口調だったけど、
新幹線で仙台をすぎた頃から標準語になっていくんだよね。
(と自分では感じている)

これからも毎月、月に一度一週間ほど函館には行く予定。
また良いお店とかに行けたらブログします。

18:16 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

いざ伊豆へ

お勤めご苦労さんでしたってことなのか
先日旦那に誘われて小旅行。
久しぶりに踊り子に乗って伊豆まで行ってきました。
平日なのに満席。
リーズナブルに旅行できる時期なのかしら。

IMG_0338.jpg

リゾート21とすれ違い。これは黒船電車。
キンメ電車も満員で、立ってる人多かった。
宿は全室海が見える部屋で、晴れ晴れ。
遠くに島も見える。
砂浜に寄せる波の音が風にのって聞こえてきます。

IMG_0346.jpg

温泉もご飯も良かった。
街の中は温泉塔から湯気が立ち上っていて
温泉街にきたんだな~って雰囲気。


  IMG_0340.jpg IMG_0351.jpg

急な坂を上り下りしてカフェでひと息。
河津桜と梅が咲いていました。
それと、どこの家の庭にも、蜜柑がたわわに。

我が家の旅行と言えば、とにかく「食べる」がメイン。
休みなく食べ続けるのです。
帰り道にフレンチ「ラ・マティエール・エフ」。
ここ目当てで小田原で途中下車しました。

こじんまりしたお店です。皿数が多くてゆっくりすごせました。
予約したのは、4500円のランチコース。
アミューズ 人参のムースに甘エビ。
シェフは北海道出身とのことで、甘エビも北海道産。
人参のムースが甘くて美味しい。

IMG_0353.jpg

この後、前菜が2皿続きます。
写真撮らなかったけど、オニオンのキッシュ。
オニオンスープの美味しさをギュっとキッシュに詰めたような美味しさ。
そしてこちら。
炙りシメサバにわさびのムース。
これ、とても美味しかったのよ。

IMG_0354.jpg

スープは、さつまいものポタージュ。
さっと横切ってるのは、なんとコーヒーです。
甘い甘いさつまいものポタージュに、コーヒーがとても合う。
舐めるように食べちゃった。

IMG_0355.jpg

メインは魚と肉。
私が一番気に入ったのは、この魚の一皿。

IMG_0356.jpg

鱈のソテーに、ウイキョウ入りのリゾット。
ブイヤベースにも似て、鱈のふっくらとした味わい。
肉は産地忘れちゃったけど、豚肉。

IMG_0357.jpg

もうここまでで6皿。既にお腹いっぱいなんですけど・・
だがしかし!デザートは別腹。

IMG_0359.jpg

さらにこのあとプティフールも。コーヒーでゆっくり楽しみました。
この値段でこの皿数と美味しさは小田原に行かねば。でしょ
お出かけの際にはぜひ。おすすめです。

最後は小田原城で〆。
温泉とグルメの旅でした。

IMG_0362.jpg

17:56 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

明けまして

hujisan.jpg

今年もよろしくお願いします
2018年


18:59 | いろいろと | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑

写真

IMG_0248.jpg

美味しい近海マグロと北寄貝にツブ貝。
不漁と聞いてたイカの刺身も。
ありがたや。宝来町の和田鮮魚店最高です。

今回実家に行って昔の写真を掘り出してみた。
父の60年前の写真。
イケメンだわ。
母は郷ひろみとポール・ニューマンのファン。
面食いだということがよーくわかる。

IMG_0250.jpg

IMG_0249.jpg

親子であっても、夫婦の秘密というのは明かされないものである。
いや寧ろ親子だからこそ、真実は明かさない・・ということが
あるのかもしれぬ。
ふたりだけの秘密は、永遠に秘密のまま。なのだ。

両親の20代の話はおそらく
私達の20代の頃よりも、もっと大人で複雑な事情があったかもしれない。
時代だよね。

21:38 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑

爪を切りに

IMG_0209.jpg

北海道も今年はおかしな天候。
この日もめちゃ暑かった。
北海道で30度って耐えられませんよ。冷房があるわけでなし。
さすがに夜になると涼しくはなるけど。

IMG_0208.jpg

「北海道第一歩の地」のシロクマ型の石碑は
旧桟橋のすぐ近く。実家のすぐそば。
旧桟橋が古くなって危ないので立ち入り禁止になってるみたいだけど
ぜひ直してほしい。素敵な場所です。

IMG_0207.jpg

IMG_0212.jpg

旧桟橋から歩いて直ぐに倉庫群があって
この写真は、現役で使われている部分。
ほとんど商店やレストランに改装されているけど
私が子供の頃はこういう感じの扉がズラリと並んでいたっけ。

IMG_0219.jpg

町のあちこちに花が飾ってあって
なかなかにSNS映えします。

IMG_0218.jpg

これは閉店した「ホテルニューハコダテ」をリノベーションした
ホテル「HakoBA」。
元々は富士銀行の建物だったのを改装してホテルにしたので
あちこちに銀行の名残があって人気があったのよ。
今回のリノベーションもそこは大事に残してあるみたい。
そのうち泊まるつもり。いつかそのうち。

で、今回はここじゃなくて違うホテルだったんだけど
直前まで予約ビッシリで、部屋がとれないかも。
と旅行会社から言われてたのが
急遽「予約OK」になって行ってみたらランク上の部屋でした。
稼働していない部屋はどんなに高級な部屋でも儲けはゼロ。
という言葉を思い出した。ラッキーでした。

170708_162344.jpg

どこかの芸能人の方が
高齢な女性の爪を切ってる様子をブログに載せてましたが
私も最近は母親の爪を切るのが役目になっている。
硬くて難儀。爪切りをいくつか駆使しているけど
指まで切りそうで怖い。
母は父よりも私に切って欲しいと言ってるようなので
それはやらねばなるまい。
また行く時には爪を切りますぞ。

00:03 | いろいろと | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑